あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

【厳選】サッカーの試合にも使えるリフティングの技6選!

スポシル編集部

公開日 :2019/09/23

更新日 :2019/09/23

リフティングが上手ければサッカーが上手いというわけではありませんが、リフティングが上手いに越したことはありません。

遊び心に溢れた数々の技は見る人をわくわくさせてくれます。

本記事では初心者向け〜上級者向けの様々なリフティングを紹介しています。技のやり方やそのコツなども解説しており、しっかり練習すれば習得することは可能です。

サッカーが上手くなるとともに、こうした足技を身につけ、周りのみんなを喜ばせる人気者になってはいかがですか?

目次

スポンサードサーチ

サッカーとリフティングの関係

リフティングがうまければサッカーが上手いとは限りません。
サッカーでは相手がいて、様々な状況を読み取る力がなければ活躍できないのです。

リフティングに関して言えば状況を読み取るといった要素が欠けているためリフティングの上手さがサッカーのパフォーマンスに直結するとは限らないのです。

しかし、局面局面のボールコントロールなどはリフティングで培ったボールフィーリングなどが大いに役立ちますし、リフティングがうまいに越したことはありません。

【技編】誰でも簡単にできるサッカーのリフティング3選

【リフティング技①】Xオーバー

リフティングの方法・やり方

リフティングしながら軽くジャンプをして、ジャンプのために踏み切った足のインステップにボールを当てる技です。

①ジャンプした際、踏み切り足の反対の足は踏み切り足前方でクロスさせ、Xのような形を作ります。
②そして先ほど説明したように踏み切り足でボールを触ります。 

リフティングの練習のコツ

まずはXの形は作らなくて良いので、けんけんジャンプでボールを蹴れるようにします。

できたら今度はより膝を高く上げてけんけんジャンプでボールを蹴ります。

そしてここまでできるようになれば足をクロスしてXオーバーに挑戦します。

試合に活きるスキル

試合中は軽くジャンプしならけんけんのような状態でボールをコントロールせざるをえない状況も決して少なくありません。特に全力疾走しながら浮き球のコントロールする時は必要となってくるスキルです。

このリフティングでけんけんのボールタッチでも思うようなコントロールができるようにしておけば、走りながらの浮き球のコントロールが容易になるでしょう。

【リフティング技②】エレベーター

リフティングの方法・やり方

①両足の内側でボールを挟み、片方の足にボールを押し付けながら擦り上げるようにもう片方の足でボールを上方に引き上げます。
②この時、上半身は引き上げと同時に引き上げる足とは反対の方向(右足で引き上げるなら左回転)に180°回転して、その後ボールを落とさないようにリフティングを継続します。

リフティングの練習のコツ

具体的にはくるぶしでボールを挟みます。あげる時は内側のふくらはぎにボールを沿わせます。ボールをあげる時にあげる足と逆方向にしっかりと体をひねります。

慣れないうちは体をひねらなくてもいいのでしっかりとボールをあげるようにしましょう。慣れてきたら体のひねりも加えてエレベーターを完成させます。

試合に活きるスキル

このリフティングでは身体操作の能力を高めることができます。

ボールをあげる時にひねる動作を行っていますが、サッカーではこうした不安定になりがちな動きの中でもバランスを崩さずプレーを続けなくてはいけません。

また、一瞬ボールから目を切りますが、その時ボールがどのような軌道を描いているのか頭の中でイメージしなくていけません。
そういった目に見えていないものをイメージする力もサッカーで生かせる場面があるはずです。

【リフティング技③】プラントリフティング

リフティングの方法・やり方

①通常のリフティングは蹴り足は地面から浮いていますが、プラントリフティングは蹴り足のかかとを地面につけたままリフティングを行います。

②ボールが足に当たる瞬間はつま先をタイミングよく立て、そこにボールを当ててリフティングを行います。

リフティングの練習のコツ

ポイントは膝を曲げて構えておき、ボールが足に当たる瞬間に膝を伸ばし、つま先も上げることです

最初は手から落として、曲げた膝を伸ばすタイミングとタッチするタイミングを合わせます。左右両足できるようになれば、リフティング同様、左右連続して行うことも可能です。

試合に活きるスキル

膝の柔軟性であったり、指先でコントロールすることは繊細なボールタッチには大切なポイントです。

リフティングに限らずサッカーでは膝の柔軟性や膝と足の連動性が不十分だといわゆる「硬い」と言われるプレーになってしまいます。

ボールコントロールも大雑把に「足」とくくるのではなく「指先」というようにより細かく部位を使えるとボールコントロールの幅も広がるため、指先も十分に使えるようになるべきなのです。

スポンサードサーチ

【上げ技編】誰でも簡単にできるサッカーのリフティング3選

【上げ技編①】軸足上げ

リフティングの方法・やり方

①片方の足の裏側でボールを引き、軸足に向かってボールを転がします。
②軸足にボールが当たる直前につま先を上げながら軽くジャンプをします。
③つま先にボールを乗せてすくい上げ、その後のリフティングへとつなげていきます。

リフティングの練習のコツ

まずはゆっくりでいいので転がして軸足に当てることができるようにします。慣れてきたら転がすスピードを上げていきましょう。

さらに慣れてきたらつま先にボールが乗ったタイミングでジャンプします。それもできるようになればジャンプと同時につま先をクッと上げ、より高くボールが上がるようにします。
 

試合に活きるスキル

体のどこにボールが当たればどのような動きになるのかというボールフィーリングを磨くことができます。

また、ボールを引きつつ、軽くジャンプする動作などはたとえば右足→左足のスムーズな体重移動が必要です。
そういった身のこなしは、試合での「右足で止めた瞬間に軽くジャンプしながら左足でパス」という動作につなげることも可能です。

【上げ技編②】ヒール上げ

リフティングの方法・やり方

①片方の足でボールを踏んだ状態から、ボールを足の裏で前方に転がすようにしながら、地面に足を強く着きます。

②するとついた足に向かってボールが鋭く転がってくるので、そのボールを強くついた足のかかとにぶつけてボールを上げる技です。

リフティングの練習のコツ

強くついた方の足は地面からは浮かせません。

かかとの若干外側に当たるとボールは浮くので、最初にボールの上に足を置くときは少し足を開いた状態でおくと良いでしょう。 
まずは当てる場所を確認するように弱く行って構いません。

慣れてきたらボールのスピードを上げ、それに伴い高さも上げていきます。

試合に活きるスキル

足の裏で前後左右に素早くボールを動かすプレーは試合中にはわりと多くあり、相手からボールを奪われないようにしたり、かわすシーンでは有効です。

どのように転がせばボールより先に足がいくようなタッチができるのかを知ることで、ドリブルにも様々なバリエーションを持つことができます。

【上げ技編③】引きアッカ

リフティングの方法・やり方

原理はエラシコとよく似ています。

①引いてきたボールに対して、ボールの下を内側に蹴ります。(止まったボールだと勢いがつかず難易度が上がってしまいます。)
②その蹴った足がボールを越えて、越えた足のつま先あたりに遅れてきたボールが当たって浮くという技です。

リフティングの練習のコツ

引いたボールを蹴る時はできるだけ真横に、つま先の内側で蹴ります。その時の力加減はそれほど強くなくて大丈夫です。慣れてくれば徐々に強くしていって高さを出していきます。

蹴った後は蹴り返すのではなく、足を止めておきます。足の動きがかなり速くなくてはできない技です。

試合に活きるスキル

スピーディーに足を動かすことは、フェイントなどのキレに直結していきます。

実戦でも使えるフェイント、「エラシコ」のトレーニングにもなりますし、あらゆるフェインにおいて鋭く足を動かすためのベース作りにもなります。

合わせて読みたい

スポンサードサーチ

まとめ

「リフティングはサッカーのパフォーマンスには関係ないから」と言って、リフティングで華やかな技をすることに興味がない選手もいるでしょうし、そのような考えもその通りだと思います。

しかし、全く関係ないということではありませんし、こうしたリフティングができればより多様な形でサッカーを楽しむことができるはずです。

幅広くサッカーを楽しむという意味でも、様々なリフティングの技に挑戦することはとても有意義なことだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定