あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
athletics

競技者にも初心者にもおすすめできる陸上競技の本9選!

Sposhiru編集部

公開日 :2019/09/27

更新日 :2020/05/11

陸上競技を題材にした小説は多く書かれています。描かれ方は作者のキャラクターによりますが、
陸上競技に打ち込む主人公を中心にした人間関係、主人公の複雑な心理を描いた作品が多いです。

競技種目は長距離走を描いたものが多く、特に箱根駅伝は多くの作品で題材になっています。

長距離走はトレーニングの過程だけでなく、レースの展開もドラマになりやすいので小説の題材に適しています。

人間関係の心理描写を描いた小説は陸上競技をしたことが無い人にも楽しめる内容になっています。

目次

スポンサードサーチ

陸上競技の小説の選び方

陸上競技小説は、競技種目の特性、キャラクターの魅力、人間関係を含めたサブストーリーの展開が魅力です。
短距離走と長距離走では違う競技特性があり、それぞれ引き付けらるものがあります。
作風が好きな作家が陸上競技小説を書いていたら、とても興味ある作品になります。

陸上競技小説の選び方を以下の3つのポイントから解説します。


  • 短距離と長距離で選ぶ

  • 主人公のキャラクターで選ぶ

  • 作者で選ぶ

陸上競技の短距離と長距離では、競技性のイメージが違います。

短距離はウォーミングアップから集中力を高め、スタートの一瞬に集中力がピークになるようにもっていき、スタートしてからは一瞬で勝負が決まります。

長距離はウォーミングアップで段々と身体を温めていき、スタートしてからの駆け引き、ラストスパートの仕掛けどころ、ゴール前でのメンタルの強さなど、レース中にも山場がたくさんあります。

競技性の違いは競技者の性格にも表われ、小説の色彩も異なってきます。

競技性の違いで小説を選ぶのも選択肢の一つです

【2019年最新】陸上競技の小説の人気おすすめ9選

陸上競技の小説を9冊選びました。読者が期待するのは競技を通じて主人公が悩みながらも成長してゆく姿です。ライバルとの切磋琢磨し、競技で競い合う姿も陸上競技小説の見所の一つです。
チームメイト、家族などの人間関係が重要なサブストーリーになると内容に深みが出てきます。

著者 三浦 しをん
出版社 新潮社
競技種目 駅伝

強いランナーとはどんなランナー?箱根駅伝を題材にした大学生達の青春小説

直木賞作家・三浦しをんの小説。映画化もした青春ストーリー。箱根駅伝出場を目指す大学陸上競技部員10人の奮闘を描く。箱根駅伝を走りたい!そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ることに夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく

著者 アラン シリトー
出版社 新潮社
競技種目 長距離走

長距離走者の苦悩、若者の大人への怒りが表現された作品

1950年代のイギリスを舞台にした小説です。「長距離走者の孤独」は1959年に短編小説集の中の1作品として発表されました。

主人公のアランは待ちの不良少年で、パン屋を荒らしてお金を盗んだことで感化院に送られます。感化院で長距離ランナーとしての才能に目覚めたアランは感化院の院長により陸上競技の長距離大会に出場します。

長距離走者としての走ることと、院長など大人たちへの反発がアランの心の中で渦巻き、悩みます。

いつの時代も変わらない青年の葛藤が描かれています

著者 三浦 しをん, 近藤 史恵, あさの あつこ
出版社 文芸春秋社
競技種目 フルマラソン

大人になってから見つめ直す3つのフルマラソンストーリー

三浦 しをん, 近藤 史恵, あさの あつこ、三人の人気作家が三つのシティ・マラソンを舞台に物語を繰り広げます。

三人の作家に共通するのは、それぞれ代表的なスポーツ小説を書いていることです。

三浦しをんは箱根駅伝を描いた「風が強く吹いている」、近藤 史恵はロードバイクを題材にした「サクリファイス」, あさの あつこは少年野球の「バッテリー」です。

「シティ・マラソンズ」で描かれているのは、青春を通り過ぎて大人になった主人公のドラマです。大人になったからこそ気づけたもの感じ取れる短編です。

著者 川島 誠
出版社 角川書店
競技種目 中距離走

タイプが違う二人高校生、800m走を通じて交差するものとは?

「800」とは、陸上競技の中でも心肺機能の限界に近いといわれる800m走。トラックの格闘技とも言われ、熾烈なポジション取りは時には接触することもあります。

「800」はタイプの違う二人の天才中距離ランナーがトラックで、恋で交差する物語です。

優等生で綿密なレース戦略で勝負をする広瀬健治。野生的で感情のままにレースを展開する中沢龍二。性格の違う二人の800mランナーが対照的に描かれた点が興味深いです。

青春恋愛小説としても楽しめます。

著者 堂場 瞬一
出版社 実業之日本社文庫
競技種目 駅伝

タイプの違うランナーが集まった箱根駅伝の「学連選抜」チームで繰り広げられる人間模様

箱根駅伝の予選会で落選した大学から1名づつ、計10人のランナーが集められて作られる「学連選抜」チーム。

チームワークを大切に思う者。陸上競技は個人競技だと割り切る者。様々な考えを持つランナーが10人集まったチームが箱根駅伝に向けて何を考え何を変えてゆくのか。

箱根駅伝のレースシーンの描写もリアルに楽しめる作品です。この作品を読んでから箱根駅伝を見ると面白さが倍増します。

箱根駅伝ファンにも、駅伝を見たことが無い人でも楽しめる作品です。

著者 池井戸潤
出版社 集英社
競技種目 駅伝、フルマラソン

先行きが細ってゆく足袋業者が起死回生に向けて作った足袋シューズの「陸王」、シューズを作る者、履いて走る者、人間ドラマが交差します

足袋業界の老舗「こはぜや」が会社存続を賭けて開発した足袋シューズの「陸王」を巡る人間模様が描かれたヒューマンストーリーです。

人気作家の池井戸潤が陸上競技の世界を描き、テレビドラマにもなった話題作です。ドラマを見た方にも改めて読み直して欲しい作品です。

足袋シューズという製品に込められた人々の思いと、思いを感じながら走るランナー。応援するものと、応援されるもの。

いろいろな立場に自分を重ね合わせて読み進めていくことで、楽しめる作品です。

著者 桂 望実
出版社 文芸春秋社
競技種目 駅伝

「箱根駅伝は通過点」と豪語する天才ランナーに少しづつ姿を表す秘密とは?

子供の頃から父親の英才教育を受けて育った天才ランナーの岡崎優。大学に入学した優は、陸上部に入り箱根駅伝を目指すが、周りの部員やコーチに強調しない。

「箱根駅伝は通過点」と豪語し、根性や精神論を否定してトレーニングを続ける。

自分の約束された未来を疑わない優が、自分の中に隠された秘密に少しづつ近づいてゆく。

ミステリー要素が含まれた陸上小説なので、陸上競技ファンだけでなく、サスペンスやミステリーが好きな人でも楽しめる作品です。

著者 あさのあつこ
出版社 幻冬舎
競技種目 長距離走

一人の高校生ランナーを中心に繰り広げられる、家族、仲間の人間模様

長距離ランナーで高校一年生の加納碧李は家族の問題を理由に陸上部を退部することなる。碧李を取り巻く複雑な環境。碧李自身の心の奥に引っかかっている負けたレース。

碧李、母親、碧李とは血の繋がらない妹、三人の複雑な関係を中心に物語が展開されていきます。

本作品を青春陸上小説と思って読むとがっかりするかもしれません。一人の高校生が持つ悩み、家族関係、挫折と希望を描いたヒューマンストーリーとして読むのがおすすめです。

著者 百瀬 しのぶ、坂田 信弘
出版社 小学館
競技種目 駅伝

長崎を舞台にした高校駅伝に青春を賭ける物語

「奈緒子」の原作はビッグコミックスピリッツで連載をされた漫画です。この漫画が映画化され、映画のノベライズ版が、小説としての「奈緒子」です。

映画は漫画のストーリーが縮小されているため、複雑な心理を描くには時間が足りず残念な部分もありますが、高校駅伝を題材にした青春ストーリーとて楽しめる内容です。

映画では主人公の壱岐雄介を三浦春馬、ヒロインの奈緒子を上野樹里、壱岐雄介のライバルランナー黒田を綾野剛が好演しています。

スポンサードサーチ

陸上競技の本の売れ筋ランキング

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

合わせて読みたい

スポンサードサーチ

まとめ

陸上競技の小説の多くは、単にレースやトレーニングを描写するだけでなく、主人公の心理状態、周りの人達との関連が描かれています。

スポーツは競い合うだけでなく、競技の中で人間性が磨かれていくことが描かれた作品は深みがあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定