あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snorkeling

シュノーケルにおすすめのゴーグル人気10選!選び方も解説

スポシル編集部

公開日 :2019/09/23

更新日 :2019/09/23

ここでは、シュノーケルのゴーグルの選び方やおすすめのゴーグル10選を紹介しています。

そのため、これからシュノーケルを始めようと考えている人や新しいゴーグルを購入しようと検討している人は参考にしてください。

ゴーグルにはさまざまな種類があり、用途に適したゴーグルを購入するようにしましょう。

さまざまな機能が備わっているゴーグルも販売されているため、色々なシュノーケル用ゴーグルを見てみてはいかがでしょうか。

自身に適したゴーグルを購入して、快適にシュノーケルを楽しみましょう。

目次

スポンサードサーチ

シュノーケルにおすすめのゴーグルの選び方とは?



  • レンズのタイプで選ぶ!

  • パイプの長さをチェック!

  • 装着感もチェック!

レンズのタイプで選ぶ!


ここでは以下3つのレンズのタイプについて、それぞれの特徴を解説していきます。

そのため、それぞれの特徴を理解し、自分にあったタイプのゴーグルを選んでみてください。


  • ワンレンズタイプ

  • ツーレンズタイプ

  • マスクタイプ

ワンレンズタイプ


ワンレンズタイプのゴーグルは視界を広く確保できる特徴があります。

そのため、綺麗な海中を見たい場合におすすめのタイプでもあります。

下記に紹介するツーレンズタイプと比べるとレンズ交換ができにくいデメリットがあります。

ワンレンズタイプは度付きレンズではない場合が多いため、視力が低い人にはおすすめできません。

また、ゴーグル内に水が入ってきてしまうと、両目ともに水の中に入ってしまうデメリットもあるため、注意が必要です。

ツーレンズタイプ


ツーレンズタイプのゴーグルは、レンズが左右分かれているため、ワンレンズタイプと比べると視界が狭まってしまうデメリットがありますが、レンズ交換がしやすいメリットがあります。

そのため、気軽に度付きレンズに交換することもでき、視力が低い人におすすめのタイプのゴーグルです。

また、レンズ交換がしやすいことからアレンジもしやすくなり、好みのレンズと交換できるメリットもあります。

シュノーケルでさまざまなレンズに交換できるゴーグルを探している場合は、ツーレンズタイプを購入するようにしましょう。

マスクタイプ


マスクタイプのゴーグルは、ゴーグル内に水が侵入しにくい特徴があります。

さまざまな顔に対しても優れたフィット感を得ることができるため、激しいアクションを行っても水の侵入を食い止めることが可能です。

また、パイプも固定されているため、呼吸しやすい特徴があります。

しかし、上記のタイプと比べて値段が高く設定されていたり、日焼け跡が目立ちやすいデメリットもあります。

ゴーグル内に水を入れたくない人におすすめであり、子供でも安心してシュノーケルを楽しむことができます。

パイプの長さをチェック!


パイプの長さの違いによってシュノーケルを快適に楽しめるかに大きく影響が出てきます。

そのため、自身に適しているパイプの長さにする必要があります。

パイプが長ければ波かぶりにあいにくいですが、水を吐きだしにくい欠点があります。

一方、パイプが短ければ波かぶりに合いやすくなりますが、水を吐き出しやすくなります。

子供は肺活量が少ないこともあり、短いパイプの方が快適にシュノーケルを楽しむことができます。

また、パイプの太さによっても呼吸のしやすさが変わってきます。

装着感もチェック!


シュノーケルのゴーグルを選ぶ際に装着感をチェックすることも大切です。

装着感が悪いとゴーグル内に水が侵入しやすくなってしまい、ゴーグルの役割を果たしません。

また、ノズルを口に入れた際の装着感も確認することをおすすめします。

水中でも呼吸するためにはノズルを常に噛み続けていないといけないため、装着感が悪いと顎が疲れやすくなってしまいます。

小さな力でも噛むことができる装着感のノズルを選ぶようにしましょう。

シュノーケルにおすすめのゴーグル人気10選


シュノーケル用のゴーグルはさまざまな種類が販売されているため、購入する際に悩んでしまうことも多いです。

おすすめのゴーグルを購入することでシュノーケルを快適に楽しむことができます。

次に、シュノーケルにおすすめのゴーグル10選を紹介します。

PenTon シュノーケルセット ドライスノーケル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
カラー ブラック
タイプ ワンレンズ

セットで購入できる


PenTon シュノーケルセットはシュノーケルに必要な用具が全て揃っているため、後はウェットスーツなどを購入すれば行うことができます。

ゴーグルだけではなく、耳栓と鼻栓もセットとして購入することができ、お買い得です。

一回の買い物で済ませたい人におすすめです。

レンズには強化ガラスが使用されていることで、衝撃に強く、多少の衝撃で割れたりしません。

フィット感に優れている特徴もあり、水が入りにくく、シリコン素材特有の嫌なにおいもありません。

DIZA100 シュノーケリングマスク

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
カラー ブルー
タイプ マスク

広範囲の視界を確保できる


DIZA100 シュノーケリングマスクはマスクタイプのゴーグルであるため、装着感に優れており、違和感なくシュノーケルを楽しむことができます。

子供用に開発されていることもあり、子供にシュノーケルを体験させたい場合に購入してみてはいかがでしょうか。

視界が広く確保されていることもあり、広範囲で水中を見ることができます。

スポーツカメラを取り付けれるようになっているため、水中を撮影しながら楽しむことも可能です。

LYPULIGHTシュノーケルセット

Amazonで詳細を見る
カラー ブラック
タイプ ツーレンズ

飛散防止のレンズが使用されている


LYPULIGHTシュノーケルセットはパイプから水が侵入しないように弁が取り付けられており、完全に水中に潜っても水が入ってくることがありません。

万が一水が入ってきても少し息を吐くだけで水を排出することができます。

強化ガラスのレンズが使用されていることで壊れにくく、万が一割れてしまっても飛散しないようになっています。

そのため、目を傷つけてしまう可能性がなく、安心して使用することができます。

また、曇り止め加工もされており、視界は良好です。

Flycreatスイミングゴーグル 子ども

Amazonで詳細を見る
カラー ピンク
タイプ ワンレンズ

優しいシリコンが使用されている


Flycreatスイミングゴーグルには、優しいシリコン素材が使用されていることでフィット感に優れており、不快感がありません。

また、長時間装着していてもゴーグルが触れている部分が痛くなることもなく、長時間シュノーケルを行うことができます。

サイズを調整するベルトは耐久性に優れている素材が使用されていることで長年使用し続けても劣化しにくいです。

手軽に適したフィット感を得ることができ、水の侵入を最大限阻止することが可能です。

リーフツアラー(REEF TOURER) シュノーケリング

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
カラー ブルー
タイプ ワンレンズ

シンプルなデザイン


RC1107はシンプルなデザインに仕上げられていることもあり、大人から子供まで使用することができます。

レンズ部分には車のサイドウィンドウにも使われているガラスが使用されており、強度は申し分ありません。

取り付けバックルはワンタッチで使用することができ、簡単に装着することができます。

また、柔らかい素材のシリコンが使用されていることで、収納している時の型がつきにくく、フィット感が失われることもありません。

シンプルなゴーグルを探している人におすすめです。

Zenoplige 2019新型 シュノーケルマスク

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
カラー ブラック
タイプ マスク

折りたたむことができるゴーグル


Zenoplige 2019新型はフルフェイスマスク型であるため、ノズルを噛む必要がなく、より快適にシュノーケルを楽しむことができます。

噛む必要がなくなることで顎が疲れることがなく、あごの力が弱い子供や女性の方にもおすすめのゴーグルです。

呼吸用のパイプは折りたたむことが可能であり、使用しない時にはコンパクトにすることができます。

マスクタイプの欠点でもある収納のしにくさを克服したマスクでもあり、コンパクトに収納したい人におすすめです。

シュノーケルマスク ダイビング シュノーケリング MIABOO

Amazonで詳細を見る
カラー ブラック
タイプ ワンレンズ

人間工学を元に作られている


MIABOOは人間工学を元に開発されたゴーグルであるため、フィット感に優れています。

また、デザイン性にも優れている特徴があり、カッコよくシュノーケルやマリンスポーツをしたい人におすすめです。

鼻の部分もしっかり覆われているため、鼻からの水の侵入を防ぐことができます。

シリコンによる嫌な臭いが発生しないため、新品特有の臭いがなく、購入したその際から快適に装着することが可能です。

曇り防止加工も施されているため、レンズ部分が曇ることがなく、綺麗な水中を見ることが可能です。

Zenoplige シュノーケルセット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
カラー ブラック
タイプ レンズ

カラーバリエーションに豊富


Zenoplige シュノーケルセットはカラーバリエーションが豊富に用意されている特徴があるため、好みのカラーのゴーグルを選びやすくなっています。

そのため、水着のカラーに合わせることで統一感を出すことができ、おしゃれに決めることもできます。

マウスピースが柔らかい素材で作られていることもあり、弱い顎の力でも噛むことができ、顎がつかれてしまうことを予防できます。

おしゃれかつ顎が痛くなりたくない人におすすめです。

TYJ-JP ゴーグル、スノーケリング用具

Amazonで詳細を見る
カラー ブルー
タイプ ツーレンズ

パイプの耐久性に優れている


TYJ-JP ゴーグルは耐久性に優れているパイプが使用されているため、水中の複雑な環境や紫外線による劣化を抑えることができます。

そのため、パイプだけが壊れてしまうことがなく長年愛用し続けることが可能です。

また、パイプの先端が水の中に入ってしまっても自動に弁が閉じるように設計されているため、水や砂が逆流することがありません。

ゴーグルをフィットさせるゴムは幅広に設計されているため、後頭部が締めつけられることがなく、痛くなることを予防できています。

Greatever 2019最新型 シュノーケルマスク

Amazonで詳細を見る
カラー オレンジ
タイプ マスク

呼吸がしやすい


Greatever 2019最新型は呼吸する空気と排出される空気が別のルートを通るため、いつでも新鮮な空気を吸うことができます。

また、マスク内が曇ってしまうことも予防でき、視界をクリアな状態を維持することができます。

フルフェイスのマスクであるため、広範囲の視界を確保することができ、水中の景観を楽しむことができます。

シュノーケル初心者の方に適したゴーグルであり、子供にはうってつけのゴーグルでもあります。

amazon売れ筋ランキング

楽天市場売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


まとめ


シュノーケルを行う場合はゴーグルが必需品であり、さまざまな種類が販売されている特徴もあります。

自身にあったゴーグルを購入することでシュノーケルをより楽しむことができます。

自身にあったゴーグルを購入して シュノーケルを体験してみてはいかがでしょうか。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike