あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
bowling

ボウリングのカーブのやり方やコツを紹介!動画つきで解説

スポシル編集部

公開日 :2019/09/19

更新日 :2019/09/19

ここでは、ボウリングのカーブの投げ方やコツを紹介しています。

動画を交えて紹介しているため、わかりやすい内容になっています。

ボウリングのカーブはストライクを取るために必要なテクニックであり、上級者になれば当たり前のように行っています。

ボウリングのカーブは初心者にとって憧れのテクニックですが、コツさえ掴むことができればカーブをかけることも可能です。

ボウリングのカーブを投げたいと感じている人はコツを掴んで挑戦してみてはいかがでしょうか。

目次

スポンサードサーチ

ボウリングのカーブとは?


ここではボウリングのカーブについて、以下の項目に沿って解説していきます。


  • ボウリングのカーブって何?

  • カーブをかける理由とは?

  • カーブは初心者でも投げれる?

  • カーブはこんな方におすすめ!

ボウリングのカーブって何?


ボウリングのカーブとは、投げる際にボールに回転をかけることで直線ではなく、曲線を描きながらピンに向かっていくボールのことです。

うまくカーブをかけることができればピンを倒すことができますが、コツを掴まないと回転をかけれなかったり、ガーターに落ちてしまうこともあります。

カーブの種類は一種類ではなく、さまざまなカーブの投げ方があり、状況によって使い分ける必要があります。

カーブをかける理由とは?


ボウリングでカーブをかけながら投げている状況を見ることも多いですが、なぜカーブをかける必要があるのか知らない人もいるのではないでしょうか。

ボールにカーブをかけることでピンと接触した際により大きなアクションを発生させることができ、周りのピンに当たることも多くなり、ストライクが出やすいです。

また、カーブをかけることでピンが置いてある空間により長くボールを移動させることも理由の一つです。

カーブをかけることで斜めに侵入することで、直線的に投げた場合よりも距離が長くなります。

カーブを掛けることでストライクが出やすくなるため、スコアを狙う場合は必要不可欠なテクニックでもあります。

カーブは初心者でも投げれる?


ボウリングのカーブを投げることは難しいと感じている人も多いですが、コツさえ掴むことができれば簡単に行うことができます。

カーブをかけることは力技ではないため、初心者の方や女性の方でも行うことができます。

しかし、カーブを投げることは簡単ですが、カーブでストライクを取ることは難しいため、多くの練習を行い感覚を身につける必要があります。

カーブをかけれてもストライクを取ることができないと意味がないため、カーブをかけれるようになったら、多くのピンを倒せれるようになりましょう。

カーブはこんな方におすすめ!


ボウリングのカーブは、高スコアを狙いたい人におすすめであり、ボウリング中級者になると求められるテクニックでもあります。

カーブをかけることでストライクが取れる確率を高めることができ、カーブを使用しない場合より、スコアが良くなる傾向があります。

そのため、上級者やプロになるとカーブをかけることは当たり前のことであり、珍しいことではありません。

ボウリングをレジャー感覚で楽しんでいる人でもカーブを身につけることで周りを盛り上げられる存在になれます。

カーブの投げ方のコツを徹底解説!


ここではボウリングのカーブの投げ方のコツについて、以下の項目に沿って解説していきます。

ボウリングのカーブを習得しようとしている方はぜひ参考にしてみてください。


  • 助走はどのくらい必要?

  • ボールの持ち方は?指ぬきは必要?

  • カーブの投げ方!

  • カーブを投げる際のコツとは?

助走はどのくらい必要?


ボウリングのカーブを行う場合に助走は4歩が一般的であり、5歩よりもタイミングが掴みやすい特徴があります。

助走はカーブを行う場合だけではなく、さまざまなボールを投げる際にも重要なことであるため、身につけるようにしましょう。

助走のステップ方法を身につけるだけでもフォームがさまになり、自然とストライクが出やすくなるメリットもあります。

ボールの持ち方は?指ぬきは必要?


ボウリングでカーブをかける場合は持ち方に注目することが大切です。

持ち方を変えるだけでカーブをかけやすくなり、初心者の方でもカーブを投げれるようになります。

ボウリングのピンがある方を12時とすると親指を10時方向にすることで指抜きしやすくなり、自然とカーブをかけることができます。

リレーなどのスタートで行うクラウチングスタートの親指の方向をイメージするとわかりやすいです。

カーブの投げ方!


下記の動画では、カーブをかけるコツを詳しく紹介しています。

そのため、初心者の方でも効率よくカーブをかけることができ、高スコアを狙うことも夢ではありません。

言葉による説明とともにスロー再生を交えて説明してくれるため、イメージを掴みやすいです。

ボウリングのボールを離す際に握手をするようにすれば、回転がかけやすくなり、自然とボールはカーブしていきます。

実際のレーンで練習する方法以外の練習方法も紹介されているため、自身のレベルにあった練習方法でカーブの技術を身につけることができます。

カーブを投げる際のコツとは?


カーブを投げる際のコツは、イメージすることであり、上記でも紹介した10時の方向の持ち方や握手をするようにイメージで投げることでカーブをかけることができます。

カーブをかけることができれば、どのような場所に投げればストライクを出すことができるかいろいろ試してみましょう。

カーブの技術を身につけることができればあとは、練習を重ねてストライクが出るコツを掴むしかありません。

直線的に投げた場合では、ほぼすべてのピンを倒すことができなくてもカーブを使用することで倒すことができる可能性が高まりますが、適したカーブを行わないと倒すことができないため、分析力も身につけましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


まとめ


ボウリングでカーブをかけることは難しいと感じている人も多いですが、コツさえ掴むことができれば初心者の方でも簡単に行うことができます。

カーブをかけるコツを掴んで、高スコアを狙ったり、友達にアピールしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定