あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

練習後の自主練を禁止する監督もいる中でサッカーの自主練で絶対に意識すべき3つのこと

スポシル編集部

公開日 :2019/09/23

更新日 :2019/09/23

「自主練はすべきである」ということは以前からも言われてきました。

しかし、その量に対しては要求されても質に関してはあまり要求されていないことが多いのではないでしょうか?

ただダラダラと時間だけ浪費するような自主練にはデメリットもありますし、海外などを中心にデメリットを考慮して自主練を禁止しているチームもあるほどです。

本記事に解説してあるポイントなどを参考に自主練を整理して、「やるだけの自主練」ではなく「効果的な自主練」へのアップロードを目指しましょう。

目次

スポンサードサーチ

サッカー選手が自主練をするメリットとデメリット

【メリット】
メリットは何と言っても自分専用のメニューで練習ができるということです。チーム練習だけでは足りない部分を自主練習で補います。

チーム練習でももちろん様々な能力を向上させることはできますが、自分の思っている練習ができるとは限りません。
より選手として成長するために、ピンポイントで自分の長所・短所・課題と向き合えます。

自主練である1つの部分を改善・修正されることで劇的に全体が良くなる選手もいます。

また、自主練とは基本的には自分で考え自主的に行っていくものです。自主練をすることで自分の武器や課題、これから何をしていくべきかなど自分で考える機会が増えます。そのような試行錯誤によって自主性の向上も期待できます。

【デメリット】
チーム練習に加え、自主練をやるとなれば単純に練習時間は伸びるためその分、疲労は蓄積されます。

疲労が蓄積することにより怪我のリスクが高まりますし、疲労によってチーム練習で満足いくプレーができなくなるようではいけません。自主練をすることが目的となってしまい、常に疲労状態が抜けずに試合のパフォーマンスに悪影響を及ぼすといったことも決して珍しはありません。

また、学生などの場合は朝練として自主練を行うケースもあります。それにより授業の時間に寝てしまったりしてはせっかくの取り組みも評価されにくくなってしまいます。自主練の量などはしっかり考えなくてはいけません。

チーム練習後の自主練を禁止させる監督

日本人にとっては意外かもしれませんが、自主練を禁止することは海外では決して稀ではありません。
1回のチーム練習を全力でやればもう余力は残っていないはずで、必要以上に負荷をかけることによる過度な疲労や怪我を避けたいというのが大きな理由です。
「自主練ができないほどチーム練習で出し切れ!」というメッセージも含まれているのかもしれません。

また、「プラシーボ効果」という言葉をご存知でしょうか?
プラシーボ効果とはたとえば治療効果のない薬を薬だと偽って投与された場合、症状が改善してしまうという心理的な部分によってもたらされる治療効果のことです。

世界のトップクラブの監督であるグアルディオラ監督も以下のような考え方を持っています。

ある選手がグアルディオラに「少し居残り練習をさせて欲しい」といってきた時に、「それは、プラシーボ効果でしかない。選手は15分走って練習を終えたことにより、とても辛い練習をやり切ったと思い込みたいだけなのだ」 と告げたそうです。

もちろん、やることで本人が納得したり自信をつけるという心理的効果が期待できるのであれば決して無駄ではありませんが、疲労という点ではあまり自主練をさせたがらない監督がいるのも事実です。

スポンサードサーチ

自主練をするときに意識すべき3つのこと

自主練をやるときは以下の3つを意識して取り組むべきです。

以下の3つを意識することで、ただなんとなくダラダラとやってしまうような自主練を避けることができます。

ポイントをしっかりとおさえ、効果的な自主練を実践しましょう。

①短い時間で集中してやる
②試合を想定する
③目的を持つ

①短い時間で集中してやる

短い時間で集中してやることで、自主練の効果を高めます。

自主練では監視する人がいない為、だらだらやってしまう選手もいます。時間の長さだけが成果につながると思い込んでしまっているのです。

それでは臨んだ成果を得ることはできませんし、無駄に疲労がたまってしまうことになってしまいます。
惰性でやるような自主練は本当にもったいないのです。

しっかりと目標ややるべきことを設定し、短時間集中してやることが望ましいです。

②試合を想定する

試合を想定することも自主練では重要です。

試合で起こりうる状況を想定した練習だからこそ、実践でその成果が発揮されるのです。
例えばシュート練習をするときも、自分に起こるであろうシュートの状況を想定した練習である必要があります。

たまにシュート練習をする時もあまり自分には起こりえないしシチュエーションで自主練をしている選手を見かけます。(右サイドハーフの選手が、左サイドからのシュートを練習するなど)

もちろん無駄とは言いませんが、効率的ではありません。

時間は有限ですので、最大の効果を効率的に得ることができるように試合を想定して行いましょう。

③目的を持つ

目的を持たない自主練は、ただ「練習をした」という満足感を得るだけの練習になってしまいがちです。

そもそも明確な目的があるからこそ自主練をするのであって、目的がなければそれはただレクリエーションであり、練習とは言えません。

何のためにその練習を行うのか?その練習を行って最終的にどうなりたいのか?
そのような目的を持つことは自主練の絶対条件です。

自主練をしない息子さんを持つ親御さんへのアドバイス

自主練をしない息子さん対しては本人をその気にさせるようなアプローチ・問いかけが必要です。

無理やりやらせてもストレスになるだけですし、長続きしません。

自主練をしないのは本人がその必要性を感じていないからです。
「レギュラーになりたいから」「試合で活躍したいから」そのような気持ちがあれば子供は自分から動き出します。

そのような気持ちになるように、上手に質問して本人自ら動きだせるように導きましょう。

また、親の言うことはあまり気かないが指導者の話はよく聞くという例もとても多いです。
ですので、実際に指導している指導者の方とコンタクトをとって、そのようにアプローチしてもらうようにするのも1つの方法です。

スポンサードサーチ

【小学生-ドリブル編】一人でできる自主練

【方法】
5m〜10mの間をドリブルで往復します。
利き足の裏でボールを引き、その後利き足のインステップ(足の指)押すようにして前に進みます。
この動作を速く細かく行い、少しずつ前進していきます。

【ポイント】
・足の指の裏でボールを引く
・ボールを引くときに、軸足もしっかり引いて移動すること
・インステップというより指の足で押すようにする 

【身につくスキル】
ボールタッチの感覚を身につけることができます。
またこのドリルの内容自体が試合で活用できるため、試合で相手をかわすことができる実践的なボールタッチを身につけることができます。

【中学生-シュート編】一人でできる自主練

【方法】
ゴールの両側にコーンを置き、ポストとそのコーンの間を狙ってシュートを打ちます。可能であればGKもつけましょう。
シュートを打つまでの過程を「まっすぐドリブルしてシュート」「パスを受けてターンしてシュート」「ジグザグドリブルしてシュート」など様々なシチュエーションで行います。

【ポイント】
どのような形のシュートでも一連の流れをイメージして行います。
全てのプレースピードなどを実践に近づけ、その中で正確にできるようにしなければ試合で使えるテクニックにはなりません。

【身につくスキル】
シュートの精度、シュートまでのプロセスの速さ・正確さ・プレーイメージを養うことができます。

スポンサードサーチ

【高校生-1対1編】チームメイトとやる自主練

【方法】
マーカーで7m〜8m四方のグリッドを作り、その中で1v1 を行います。
向かい合わせのマーカーに立ちオフェンスとディフェンスが一度パス交換を行ってから1v1をスタートさせます。
左右どちらかの辺の突破を目指します。

【ポイント】
自分のポジションで起こりうる状況を想定して行います。
DFはボールを奪う守備を意識して行います。

【身につくスキル】
攻撃側は1v1の突破力(そのためのボールの置き所、フェイントなど)を身につけることができ、守備側はボールを奪う力(限定の仕方、寄せ方、ステップワークなど)を身につけることができます。

また、攻守ともに素早い切り替えを身につけることができます。

まとめ

自主練はやり方と間違えてしまうと、疲労だけが溜まってしまい悪影響を与えかねません。

メリットばかりが注目されがちな自主練ですが、デメリットもあることを理解することで自主練の取り組み方も変わってくるはずです。

「サッカーが上手くなりたい!」そうした気持ちがあるからこそ自主練をするわけですし、そうした気持ちを無下にしないためにも自主練について理解を深め、日々効果的に取り入れていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

もう足の臭いで悩まない!究極のハイスペックソックス登場!

ニオイの減少率最大99%以上を実現!高性能な消臭機能で、気になるニオイをブロック!

繊維自体が持つ消臭機能がニオイをブロックし、しかも長持ちします。

汗のニオイの元となるアンモニア、酢酸、イソ吉草酸、さらには加齢臭の原因物質とされるノネナールも吸収。高い割合でニオイを減少させ、爽やかなはき心地を実現します。さらに、繊維自体がニオイを吸収する機能をもつため、洗濯を繰り返しても長く性能を保ちます。

85%の浮き指、95%のO脚が改善! 指をしっかり使える5本指ソックス!

指を正しい位置に配置し、体にバランスをもたらす5本指構造。足の指を正しいポジションで使うことができ、足からの力が入りやすくなります。また、立位時の重心がしっかりと足指に乗ることでO脚の改善にも繋がります。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定