あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
skateboard

スケボーの止まり方を徹底解説!パワースライドのやり方も紹介

スポシル編集部

公開日 :2019/09/13

更新日 :2019/09/13

ここでは、スケボーの止まり方の種類について紹介しています。

そのため、スケボーの止まり方がわからない人やどのような止まり方があるのかを知りたい人は参考にしてください。

スケボーで滑ることは慣れれば簡単に行うことができますが、止まり方を身につけずに滑りだしてしまうと怪我をしてしまうリスクが高まります。

正しい止まり方を身につけてから本格的にスケボーで楽しむようにしましょう。

目次

スポンサードサーチ

止まり方の種類

スケボーの止まり方には種類があり、種類ごとに特徴ややり方が異なります。

止まり方の種類別で適している状況や難易度が異なるため、適した止まり方を行うようにしましょう。

2種類の止まり方どちらも身につけておくことをおすすめします。

スケボーの止まり方2種類について解説します。


  • 初心者向け!フットブレーキ
  • テールブレーキ

初心者向け!フットブレーキ

フットブレーキは初心者の方にまず身につけてほしい止まり方であり、うまく滑れるようになったら同時にフットブレーキの練習を始めましょう。

止まり方の中で基本中の基本であり、さまざまな状況でも止まることができるメリットがあります。

名称からわかるように足を使う止まり方であり、足を地面に擦らせて速度を落とすと止まります。

やり方はいたって簡単であり、片足を地面に擦らせるだけです。

しかし、足全体で擦ってしまうと足が取られてしまう危険性があります。

慣れるまでは指の根元か踵で擦らせるようにしましょう。

確実に速度を落とすことができますが、多用してしまうと靴を傷めてしまう原因にもなります。

フットブレーキを行う際に重心がずれてしまう可能性があり、転倒しないように気をつけましょう。

テールブレーキ

テールブレーキでの止まり方はカッコよく、テクニックの一部としても活用することができます。

スケボーに慣れた人が挑戦することで上達しやすいです。

テールブレーキは重心を後ろに傾け、ボートの先端を持ち上げるブレーキの仕方です。

テールを地面と接触させることで摩擦力を生み出し速度を落とすことができます。

しかし、重心を後ろに傾けるため、後輪だけでの走行になり、進行方向が定まらなくなる可能性があります。

慣れないうちは左右どちらかにぶれてしまう可能性が高いです。

テールだけを擦らせるのではなく、踵をボードより外に置いて踵も地面に擦らせるようにすると重心と方向性を保ちやすくなります。

フットブレーキはかっこよい止まり方ではありますが、多用してしまうとスケボーを痛めてしまう原因になります。

【番外編】パワースライド

スケボーの止まり方にパワースライドというテクニックがあり、上記で紹介した止まり方よりも難易度が高まっています。

しかし、綺麗に決めることができればよりカッコよく止まることができます。

また、靴やスケボーを傷めることがないメリットもあります。


  • スタンス
  • 重心、身体の位置

スタンス

パワースライドのスタンスは、前足をに重心を傾け、後ろ足を前に押しやるイメージで行うことが基本です。

重心は常にスケボーの中心にくるように心がけましょう。

軽く膝を曲げ伸ばす際に左右の足の重心のかけ方や動きが重要になります。

後ろ脚はスケボーの真ん中に置くのではなく、やや下げて乗ることで前に押し出す力が入れやすいです。

重心、体の位置

パワースライドを決めるために最も重要なことが重心の掛け方と体の位置です。

どちらの条件も満たすことで綺麗に決めることができますが、どちらかでも掛けていればうまく止まることができないだけではなく、スケボーの上から放り出されることもあります。

前足に重心をかけ、後ろ足で45°前に押すことでスケボーが垂直に向きを変えることができます。

しかし、これだけでは上半身が下半身の動きについてこれずバランスを失ってしまう可能性があります。

パワースライドを行う場合は膝を曲げ伸ばす際に両腕を上げるようにしましょう。

上半身は45°方向を変えた方に捻じり、両腕は逆方向に捻じることで上半身のバランスをとることが可能になります。

スポンサードサーチ

まとめ

スケボーはさまざまなアクションを行うことはもちろんですが、移動手段としても利用することができます。

しかし、止まり方を身につけておかないと事故にまで発展してしまう可能性があり、正しい止まり方を身につけるようにしましょう。

正しい止まり方を行うことができて初めて安全性を確保したことになります。

合わせて読みたい

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike