あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
skateboard

【初心者必見】スケボーの基本的な乗り方を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/09/12

更新日 :2019/09/12

東京オリンピックで正式種目に採用されていることもあり、昨今ではスケートボードを始める人が増えています。

冬季オリンピックのスノーボードのメダリストである平野歩選手もスケボーでのオリンピック挑戦を明言していますね。

そんなスケボーですが、正しい知識がないままに初めてしまうと怪我につながってしまう過酷な競技です。

この記事では、これからスケボーを始めたい人やスケボー初心者の人にわかりやすいように、スケボーの乗り方など基本的なことをまとめています。

ぜひ練習の参考にしてみてください。

目次

スポンサードサーチ

スケボーには二つのスタンスがある?

スケボーには「スタンス」という身体の向きがあります。

スタンスは、簡単にいうとボードに乗ったときの身体の向きのことで、基本的に2種類のスタンスがあります。

スタンスは、スケボーのほかにもスノーボードやサーフィンの横乗り系のスポーツで共通です。

ここからは2種類のスタンスについて紹介します。

・レギュラースタンス(左足が前に来るスタイル)

・グーフィースタンス(右足が前に来るスタイル)

2種類のスタンスがありますが、どちらの方が良いということはなく、やりやすい方のスタイルを選択して問題ありません。

一般的には右利きの人は、レギュラースタンスの方がやりやすいと言われます。

決まりはないので自分に合う方を選びましょう。

【初心者必見】スケボーの乗り方

ここからは、これからスケボーを始める人に向けてスケボーの乗り方をわかりやすく解説していきます。

まずは、スケボーの一番基本的な部分である、「ボードに乗る」「進む」「止まる」について勉強していきましょう。


  • まずはボードに乗る
  • 進む
  • 止まる

まずはボードに乗る

ボードへの基本的な乗り方ですが、前足が先で後から後ろ足を乗せます。

レギュラースタンスの場合は左足からグーフィースタンスの場合は右足から乗せます。

前足はトラックを固定しているビスより前に出さないようにするのがポイントです。

後ろ足はボードのテール(ボードの後端)のそり上がっている所へ乗せます。

トラックとは、板(デッキ)に固定してウィール(タイヤ)を取り付けるパーツのことを言います。

乗ったときに1番安定する場所を見つけることが大切です。

ボードに乗るだけなんて簡単そうに見えますが意外と転びやすいので初めは手すりなどに捕まって練習してみてください。

乗ることができたら、次は降り方を確認しましょう。

降りるときは、最初に後ろ足、次に前足の順に降ろしてください。

先に前足をボードから離すとノーズ(ボードの先端)が浮いて転倒につながるので注意です。

進む

ボードに乗ることができたら、次は進んでみましょう。

スケボーの進み方は、後ろ足で地面を蹴って進みます。

方法は2種類あり、「足を背中側に出す方法」「前側に出す方法」がありますので、両方をマスターできるように練習していきましょう。

進み方のコツとしては、後ろ足で地面を蹴るときに身体の重心を前足に乗せることです。

前足だけでスーッとボードの上に立つイメージをしながら後ろ足で地面を蹴りましょう。

このとき前足の向きは進行方向に向けておきましょう。

前足を浮かせて向きを変えるのはバランスを崩しやすく転倒につながります。

浮かせるのではなくすり足で向きを変えるのがコツです。

最初のうちはゆっくりで良いのでしっかりとポイントを抑えながら練習してみましょう。

後ろ足で地面を蹴ったらその力で重心を前足に移動させるイメージです。

止まる

スケボーで進むことができるようになったら、次は止まり方を覚えましょう。

上手に止まれるようになると、自身もつくのでスピードを出すことへの恐怖心も小さくなっていくものです。

スケボーで進んでいるとき、走行している状態から止まる方法で最も安全なのがフットブレーキと呼ばれる方法です。

走行中のボードの上で重心をボードの中心を保ったままの状態で後ろ足を地面に降ろしてブレーキをかけるようにして止まる方法です。

スケボーの勢いがなくなり完全に停止したら、後ろ足に体重をかけて前足をボードから降ろすことができます。

スポンサードサーチ

【応用編】スケボーのターン・曲がり方

ボードに乗る・進む・止まるという基本的な動作ができるようになったら、次は「ターン」を覚えていきましょう。

ターンとは、簡単に言うと「曲がる」ことです。

曲がることも基本動作といえますが難易度が少し上がってきます。

曲がり方には、2種類の方法があります。


  • バックサイドターン
  • フロントサイドターン

スケボーの曲がり方について詳しく解説している記事はこちら↓

スケボーの曲がり方について徹底解説! 【進み方や止まり方も解説】

バックサイドターン

ここでは2種類の曲がり方のうちのひとつ、「バックサイドターン」について解説していきます。

バックサイドターンとは、背中側に回るターンのこと言います。

レギュラースタンスの人の場合は右曲がりグフィースタンスの人の場合は左曲がりになります。

背中側に回るので、足のかかとに重心を乗せて曲がります。

後述するフロントサイドターンよりも難しいターンです。

なぜ難しいのかというと、背中側に回らなければならないので視界が確保できないので恐怖心があるのです。

ですからしっかりと顔をあげて目線を進行したい方向に持って行き視界を確保することが大切です。

ポイントは、上半身をうまく使うことです。

先ほども言いましたが、曲がりたい方向へ視線を持って行くことが大切なのでそのためには上半身を曲がりたい方向へ向けることで視線もついてくるイメージです。

フロントサイドターン

フロントサイドターンとは、おなか側に回るターンのこと言います。

レギュラースタンスの人の場合は左曲がりグフィースタンスの人の場合は右曲がりになります。

おなか側に回るので、足のつま先に重心を乗せて曲がります。

バックサイドターンと違って、フロントサイドターンは曲がりたい方向への視界の確保が難しくないので、やりやすく感じると思います。

ターンの練習をするときには、まずフロントサイドターンから練習することをおすすめします。

最初のうちはゆっくりとしたスピード良いので、重心の移動を意識しながら練習していきましょう。

慣れるまではバランスを崩してしまうこともあると思いますが、重心の位置をつかめるようになればスピードを出しても安定して曲がれるようになります。

まとめ

ここまで、スケボーの乗り方について解説してきました。

スケボー乗り方にはレギュラースタンスとグーフィースタンスの2種類のスタンスがあります。

正しい乗り方で進むことと止まることができるようになったら曲がり方を練習しましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike