あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
handball

ハンドボールでロングシュートを投げるコツは?上達に繋がる筋トレ方法も紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/09/12

更新日 :2020/05/11

ここでは、ハンドボールのロングシュートの投げ方のコツを紹介しています。

そのため、ロングシュートを投げたい人やうまく投げることができない人は参考にしてください。

ロングシュートは上達すればするほど得点を獲得できるチャンスが広がりますが、上達することが難しい投げ方でもあります。

ロングシュートはただ単に速く投げればよいというわけではなく、奥深い投げ方でもあります。

ロングシュートのコツを掴んでさまざまな状況でもロングシュートが決めれるようになりましょう。

目次

スポンサードサーチ

ロングシュートのコツ

ハンドボールのシュートにロングシュートがありますが、上達することは難しくコツを掴むことが重要になります。

次に、ロングシュートのコツを紹介しているため、ロングシュートをうまく決めたいと考えている人は参考にしてください。

ロングシュートのコツを二つ視点から解説します。


  • シュートを打つタイミング
  • 腕の振り方

ロングシュートのコツは打つタイミングが重要になります。

高い技術力を持っていてもタイミングを掴むことができていないと得点につなげることができません。

ロングシュートを打つタイミングは、自身にディフェンスがついていない状況が理想的です。

近くにディフェンスがいても自身に向かってくるディフェンスがいないのであれば高くジャンプをしてディフェンスの頭上越しにシュートを打つことができます。

タイミングを掴むことは実践しかないため、練習試合を多く取り入れましょう。

一度ロングシュートを決めることができれば、ロングシュートを恐れてディフェンスはラインを上げてきますが、今度はそれを利用してポストにボールを当てて相手を翻弄することも可能です。

ロングシュートを決めるコツは速さと考えている人もいますが、いかにキーパーにシュートの軌道を予測されないかということが大切です。

シュートの速さがあればこしたことはありませんが、早くても軌道が読まれていればカットされやすいです。

キーパーはロングシュートを打つ選手のフォームや体の向きからシュートの軌道を予想しますが、腕の振り方を変えるだけでもボールの軌道を修正することができます。

ボールの軌道を変えるためには手首の力加減で行うことができ、コツを掴むことができれば右側にシュートを打つと見せかけれ左に打てるようになり、キーパーの逆を狙うことができます。

右利きで右に投げると見せかけて左に投げる場合は、左肩をしっかり右側に向けるようにしましょう。

ボールをリリースする際に手首を左に捻るようにすれば右に投げるフォームで左に投げれます。

ロングシュートを上達させるための筋トレ方法

ハンドボールのロングシュートを上達させるためには、コツを掴むと同時に筋肉を付ける必要があります。

筋肉を付けてコツを掴めば完成度の高いロングシュートを投げることも可能になります。

効率によい筋トレ方法を取り入れるましょう。

ロングシュートを上達させるための筋トレ方法を2つ紹介します。


  • コントロールを保つため
  • シュート体勢を崩さないため

ロングシュートのコントロールを保つためには、手首の筋肉を鍛える必要があります。

手首の筋力を鍛えることができればコントロールが安定しやすくなり、狙っている場所に投げれるようになります。

手首を鍛える筋トレ方法は片腕をしっかり固定した状態でタンベルを手首だけで上下させましょう。

また、最近ではパワーボールという筋トレアイテムが販売されており、使い方をマスターすればテレビを見ながらでも手首の筋トレができるようになります。

パワーボールに関する記事はこちら↓

効率よく鍛えよう!!パワーボールの選び方と人気おすすめ10選

ロングシュートをする際にディフェンスと接触してしまうことも少なくありません。

接触した際に体勢を崩してしまうとボールの威力やコントロールが失われてしまい、シュートが決まりにくくなってしまいます。

ディフェンスに接触されてもシュートの体勢を維持するためには体幹を鍛えることが効果的です。

体幹を鍛える方法はさまざまなありますが、バランスボールを使用したトレーニングを取り入れるようにしましょう。

バランスボールを使用したトレーニング方法はどれも体幹を鍛えることができます。

スポンサードサーチ

まとめ

ハンドボールの競技においてロングシュートの重要性は非常に高く、勝敗にも大きく影響します。

ロングシュートの完成度が高ければ高いほど得点を獲得できる可能性が高まり、試合に勝てるようにもなります。

試合でポイントを取ることができない人はロングシュートのコツや効果的な筋トレを取り入れ、ロングシュートが決められる選手になりましょう。

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定