あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
sumo wrestling

相撲の土俵のサイズは?土俵についての4つの疑問を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/09/10

更新日 :2019/09/10

日本の国技と言われる相撲は、最近では「スージョ」と呼ばれる若い女性ファンが増えるなど、人気が復活してきています。

力士の名前などは知っていても、土俵について知識を持っているファンは少数のコアな相撲ファン人くらいではないでしょうか。

例えば、土俵のサイズや土俵を誰が作っているのか知っていますか?

この記事では、相撲に絶対に欠かすことのできない土俵について解説していきます。

土俵についての知識を深めて相撲の歴史や伝統について学んでみてください。

目次

スポンサードサーチ

土俵の大きさや形

ここでは土俵の大きさや形について解説していきます。
力士の取組には欠かすことのできない土俵ですが、土俵は土で盛って作られています。

土俵の大きさは、一辺6.7mの正方形に作られています。
その正方形の真ん中に直径4.55mの円が作られ、ここで力士が取組を行うのです。
ちなみにこの円を作っている俵は全部で16俵と決まっていて、俵の中には土・砂・玉砂利などが混ぜたものが入っています。
直径4.55mというのは、俵の内側で計測したサイズになります。
土俵の高さは34~60cmで台形型に土台が作られます。

土俵の大きさが今のサイズになったのは1931年とわりと最近のことです。
現在でも力士の大型化が進んでいることを理由に「土俵を大きくするべき」といった声もあります。

相撲の土俵に関するギモンを徹底解説!

相撲には欠かすことのできない土俵ですが、土俵についての知識がある人は、決して多くありません。

土俵に関する知識を深めることで今までとは違った目線で相撲を観戦することができるかもしれません。

ここでは、意外と知られていない相撲の土俵に関する疑問を解説していきます。

土俵は誰が作るの?

土俵を作る作業を行う人は決まっています。
実は土俵づくりは「呼出し」の仕事として行われているのです。
本場所はもちろんのこと、地方巡業、海外公演場所などのすべての場所で、呼出しが土俵を作っています。

呼出しとは、大相撲の取組前に力士の名を呼上げている人のことです。
「に~しぃ~」という呼上げは、相撲中継で見たことがあると思います。
呼出しは、呼上げ、土俵整備、進行、太鼓叩きなどの仕事をしています。

土俵に女性は上がれますか?

大相撲では、歴史と伝統を重んじられていて土俵は神聖な場所であるという理由から女人禁制とされています。

過去には、女性大臣が賜杯の授与を行いたいと意思表示をしたところ、相撲協会が拒否したこともあります。

また、土俵上で挨拶していた男性が倒れた際に、会場内にいた女性の医療関係者が救命措置を土俵上で行っていたところ、「女性の方は土俵から降りてください。」と場内アナウンスをして問題となったこともありました。

徳俵だけが外側にずれているのはなぜ?

徳俵(とくだわら)とは、相撲の土俵上の円の部分で、東西南北の真ん中の部分の俵のことを言います。

この徳俵は、他の俵よりも俵1本分外側にずれているのですが、なぜずれているのかというと、かつての相撲は屋外で行われていたこともあり、雨が降ると土俵に雨水が溜ってしまうので、その雨水を履き出す必要があったからと言われています。

また徳俵の名前の由来が、他の俵よりも外側にずらしてある分、力士にとって徳だからと言うところからきているそうです。

スポンサードサーチ

土俵の方位は?

土俵の方位についてですが、実は実際の東西南北の方角とはイコールではありません。

なぜ実際の方角と同じではないのかというと、土俵の方位を決めるときの中心はどの方角を「正面」にするかで決定します。

ですから、まず最初に土俵の正面を決めてから、正面から土俵に向かって右が西、左が東となり、北が正面、南が向正面となります。

まとめ

ここまで、相撲の土俵について解説してきました。

土俵を作るのは呼出しの仕事です。

土俵の大きさは1辺6.7mの正方形で高さは34~60cmで台形型に土台が作られます。

その正方形の真ん中に直径4.55mの円を作り、ここで力士が勝負を行うのです。

伝統を重んじるため、土俵上は女人禁制などの古くからのしきたりがあり現在でも守られています。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike