あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

【サッカーのルール・反則解説】プロでもやってしまうファールスローとは?

スポシル編集部

公開日 :2019/09/12

更新日 :2019/09/12

サッカーで最も多いセットプレーはフリーキックでもなくコーナーキックでもなく、スローインなのです。

そのスローインでミスをしてしまうのはあまりにも勿体ないプレーであり、ゲームの流れに大きな影響を与えます。そのような事態を避けるために、ファールスローの反則に関して1つ1つ丁寧に見ていきます。

ファールスローしてしまう理由やファールスローをしないための投げ方の説明もあり、この記事を読むことでスローインに対する知見を深めることができるはずです。

目次

スポンサードサーチ

ファールスローとは?

サッカーのプレー中、コートの横からボールが出た時にはスローインが与えられますが、ファールスローとはスローイン時の反則のことを指します。

ファールスローとみなされてしまう項目は数個あり、一つでも該当すれば反則となります。ファールスローとみなされると、相手ボールのスローインとなり、プレーが再開されます。

サッカーでは非常にもったいないプレーと認知されています。

ファールスローは呼び名が若干長いため、反スローと呼ばれることも多くあります。

スローインのルール

①両足は地面から離れてはいけない
②両手で投げなければいけない
③頭の後方から頭上を通して投げなければいけない
④体の向きと同じ方向に投げなければいけない
⑤ピッチの外へ出た地点から投げなければいけない

スポンサードサーチ

【ファールスローの反則理由①】両足は地面から離れてはいけない

投げる際に両足を地面から離してはいけません。助走から勢いをつけて投げるために投げる瞬間に前後に足が開いた状態で投げることはできますが、その際も足は地面から離れてはいけません。
ただし、足の一部分が接地していれば反則にはならないためつま先立ちなどは反則になりません。

こうした制限がなければジャンプしてボールを投げることもできてしまうため、そうした状況を避けるためこのようなルールを定められたと思われます。

余談ですが、イタリアのセリエAなどは明らかにジャンプして投げてしまってもファールスローにならないことも多々あり、国民性の違い?が反映されているようで非常に面白いです。

【ファールスローの反則理由②】両手で投げなければいけない

スローインは必ず両手で投げなくてはいけません。両手でボールを挟み込むようにしっかりと持って投げます。

ファールスローの反則の中でも最もわかりやすいルールとなっています。このようなルールによって、片手投げでスローインすることを防ぐことができます。

このルールはファールスローの中でもほとんど見る機会はありません。小学生の低学年ならまだしも、それ以降の年代でよっぽどでない限りこの反則を犯す選手はいないでしょう。

スポンサードサーチ

【ファールスローの反則理由③】頭の後方から頭上を通して投げなければいけない

両手でボールを持って、その後は頭の後方から頭上を通して投げなければいけません。

こうしたルールがなければとても多様な投げ方ができてしまい、ルールを定めることが難しくなってしまいます。このルールのおかげで投げ方はほぼ統一することができています。

この反則はファールスローの中では比較的多く見られます。特に近くの選手に投げる時に頭の前で手首だけ使って投げてしまうようなシーンで起こり、大人でも見られるファールスローです。

【ファールスローの反則理由④】体の向きと同じ方向に投げなければいけない

スローインを投げる方向は体の向きと同じ方向でなくてはいけません。
腰をひねるようにして、急に投げる方向を変えることは禁止されています。


このルールによってひねって投げることや反動を使って遠くに投げることを防ぎます。

このルールは判断が非常に曖昧になりやすく、「ひねる」動作に関してはルール上では反則ですが、実際の現場ではあからさまでなければある程度許容されているのが現実です。

とはいえ体と同じ方向に投げることが定められているため、そのようなルールにのっとり無駄なファールスローは減らすべきです。

スポンサードサーチ

【ファールスローの反則理由⑤】ピッチの外へ出た地点から投げなければいけない

ピッチから外に出た地点から投げるというと当たり前に聞こえるかもしれませんが、スローインを投げようとするときにちょっとずつ前に進む選手もいます。

そのような行為を防ぐためのルールですし、審判もそういった行為を見逃してはいけません。

また、投げる地点があっていたとしても足がそのラインを超えていてはいけません。足の一部がラインにかかっていれば大丈夫ですが、超えてしまえばそれは反則になりますので、しっかりと確認しましょう。

ファールスローは副審がしっかりジャッジする

楽天売れ筋ランキング

ファールスローをジャッジするのは副審の大きな役割です。
主審はスローイン前の小競り合いやスローイン後のプレーをジャッジしなくてはいけないため、十分にスロワーを見ることができません。そうした時に、副審がスロワーをしっかりと観察しなくてはいけません。

審判によっては主審が手の反則を見て、副審が足の反則を見るというように分類する場合もあります。

特によく起こりがちな頭を通過しているか・足が浮いていないか・線を超えていないかという点を確認しなくてはいけません。

ファールスローがあった場合、副審は真上にフラッグアップをし、その後どちらボールになるのかフラッグで進行方向を指します。

スポンサードサーチ

ファールスローになると?

ファールスローになると同じ地点からの相手ボールのスローインに変わってしまいます。ファールスローをしてしまう場所によっては、それによってチャンスを潰してしまったり、ピンチになってしまう事もあります。

ファールスローになると選手たちは精神的に疲れるものです。

「そんなことでミスして相手ボールにするなよ」と言った雰囲気になり、プレーに良い影響は与えません。

場合によってはそのミスによって集中力を欠いた一瞬を突かれて失点することもあるめため、ファールスローというミスは軽視できないのです。

プロでもやってしまうファールスロー

プロであってもファールスローは起きます。

大きな理由はハイテンポでゲームが行われているため、焦ってしまうからです。焦ることによって手からボールがすっぽ抜けてしまったり、急ぐあまり足が上がってしまったりすることでファールスローになってしまいます。

また、近場に投げる際にフォームが小さくなりごまかしたような投げ方(頭の後ろを通さなかったり)になる時にファールスローはよく起きます。

技術的ということよりも、メンタル的な要因がファールスローにつながります。

そのようなミスを防ぐためにも丁寧に慌てずにやることが大切です。

スポンサードサーチ

【練習】ファールスローをしないための投げ方

スローインを上達させるためには練習が不可欠です。

以下のような点に気をつけて練習することで、スローインをレベルアップさせることができます。

①頭の後ろから頭の上を通してスローインをします。
②ボールを投げる時は絶対に足を上げてはいけません。
③お辞儀をするようなスローインはファールスローになるため注意しましょう。 
④正しい投げ方が身についたら今度は上半身を大きく反って投げるようにして、長い距離を投げれるようにします。
⑤さらにスローインを受ける人にどこのあたりに投げて欲しいか合図を出してもらい、そこに投げます。方向だけでなく、高さも変えて合図を出してもらいます。

まとめ

ファールスローとなる項目をまとめてきましたが、正直技術的な難易度は高くなく、気をつけてやれば誰でもファールスローは簡単に防ぐことができるはずです。

しかし、そうであってもプロでも起こしてしまうファールスローはメンタル面の影響が大きいのではないでしょうか。

サッカーで最も多く行われるセットプレーであるスローインは重要であるという認識を強く持つ事で、こうしたミスはなくなっていくはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定