あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
baseball

野球の死球とは?被死球ランキングや歴史についても解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/09/08

更新日 :2019/09/08

日本で1番メジャーなプロスポーツといっても良い人気と歴史を誇るプロ野球。

野球ファンの中には、野球経験がある人も多くいると思いますが、女性ファンなど、全く経験のない人も決して少なくありません。

この記事では、「死球」について解説していきます。

デッドボールとも呼ばれる死球ですが、死球に関するルールは意外とややこしく、しっかりと理解できてない人もいると思います。

そんな野球未経験のファンの人はぜひこの記事を読んで知識を深めてみてください。

目次

スポンサードサーチ

死球とは?

死球とは、野球やソフトボールで使われる用語です。
和製英語で「デッドボール」とも言われます。

野球は試合の中でピッチャー(投手)とバッター(打者)が対戦するわけですが、ピッチャーが投じたボールがバッターに当たってしまった場合に「死球」となりバッターは1塁へと進塁することができます。

但し、バッターにボールが当たった場合でも、「投げたボールがストライクだった」「バッターがバットを振っていた」「故意にボールに当たりにいった」「故意にボールを避けなかった」場合は死球とはならず、打席は続行されます。

死球の歴史

野球では、ピッチャーがバッターの身体の近く(内角)に投げることが駆け引きであり戦術です。
良いバッターほど、内角を攻められるために死球のリスクが高まるといえます。

駆け引きの中で、ピッチャーがわざとバッター顔付近にボールを投げ身体をのけ反らせることがあります。
そうすることでバッターは恐怖心がわきバッティングの際に踏み込みが甘くなって打ち損じてしまうのです。

但し、こういった戦術は精巧なコントロールを持ち合わせているからこそできるもので、失投して頭部付近への死球になることも少なくはありません。
特に頭部への死球は命への危険もあり、トラウマから恐怖心が湧き選手生命を短くしてしまうことにもつながります。

そうした歴史を繰り返した中で、NPB(日本野球機構)では、1982年に「危険球」に対する規定が制定され、現在では頭部付近への投球や死球に対しては「危険球退場処分」のルールが適用されています。

スポンサードサーチ

被死球ランキング

ここではNPB(日本野球機構)における歴代の被死球通算記録、上位10名を紹介します。

堂々の1位は、引退後も世間を騒がせている清原和博選手です。

死球の多さは、「強打者の証」と言われますが、清原選手がよく言われるのは「避け方が上手くない」ということです。
そういったことも1位となった要因でしょう。

※2019年9月6日現在
NPB公式サイト

順位 選手 死球 実働期間 試合
1 清原 和博 196 (1986-2008) 2338
2 竹之内 雅史 166 (1968-1982) 1371
3 衣笠 祥雄 161 (1965-1987) 2677
4 阿部 慎之助 151 (2001-2019) 2268
5 村田 修一 150 (2003-2017) 1953

まとめ

ここまで、野球の死球について解説してきました。

死球は和製英語でデッドボールとも呼ばれます。

頭部付近への死球は命への危険もあるため、NPB(日本野球機構)では現在、危険球退場のルールが適用されています。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定