あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

【攻撃のキープレー】サッカーにおけるフリックとは?

スポシル編集部

公開日 :2019/09/12

更新日 :2019/09/12

サッカーでフリックというプレーはご存知でしょうか?

フリックとは攻撃に変化をもたらし、相手守備陣を攻略するために非常に効果的なプレーなのです。

この記事ではそのフリックに関して分析をしています。フリックの説明に始まり、フリックを成功させるためのポイントを説明しています。

フリックは「アイデア」と感覚的なものと考えられることも少なくはありませんが、そのプレーにもコツがあり、それを理解することで効果的に試合中に発揮することができます。

攻撃のキープレーとなるフリックを身につけ、ゴール前で違いを作り出したい選手は是非、本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

目次

スポンサードサーチ

サッカーにおけるフリックとは?

サッカーにおけるフリックとは、自分に向かってきたボールに軽く触り、すらすような形でコースを変えるプレーのことです。

しっかりと蹴ってパスするということではなく、自分にきたパスの軌道を若干変えるだけで流すようなパスといったイメージです。

特にゴール前など相手の意表をつくプレーがもとめられるシーンに多く使われます。フリックは主にパスの一つとして考えられますが、抜き技として用いられることもあります。

なぜフリックと呼ばれるか?

フリック(flick)は英語で「軽く打つこと」「ポンと弾くこと」といった意味になります。

その意味の通り、サッカーにおけるフリックは軽くボールに触るプレーを指します。

その用語・意味をそのまま踏襲してフリックと呼ばれていると推測されます。

スポンサードサーチ

【パス編】フリックパス

動画は香川選手の見事なフリックパスです。

ゴール前でパスを味方から引き出す前にしっかりと状況を確認してフリック行っています。
ここで見るべきポイントはボール・敵・味方・スペースです。

ボールはもちろん見ますが、そのボールが自分に入るとしたら自分のマークはどのように動くかのかという予測を持ちながら相手のこと(目線・姿勢)を見なくてはいけません。

また、味方を見ることで状況を把握するだけではなく、味方にもちゃんと見ているからアクションを起こせよ」というメッセージを送ることもできます。

そのように相手の動きを予測した上で、出し手と受け手のイメージが共有できた時にこのような見事なフリックパスは成功します。

動画のように相手のプレッシャーが厳しいエリアで逆を取ることができれば、より効果的なプレーとなります。

フリックパスのメリットとリスク

フリックパスにも当然、メリット・リスクが存在します。

【メリット】
何と言っても相手の意表をつくことができることが最大のメリットです。また、来たボールをすらすというプレーになるため、止める・蹴るといった工程が省かれ、プレースピードを落とすことなくプレーすることができます。

【リスク】
確実性にかけるのがデメリットです。自分に来たボールに対して狙ったコースにすらすプレーは技術的に簡単ではありません。ですので、自陣深くなどで行うには非常にリスクが大きく、使いどころを間違ってはいけません。

スポンサードサーチ

サッカーにおけるフリックパスの3つのコツ

①出し先を見ておく

フリックをする時には出し先を見ておくことは重要です(相手DFの動きも合わせて観ることが大切)。自分自身が相手の状況など情報を入れることができますし、味方にも「そこを狙っているぞ」というメッセージを送ることができます。

そこで見る作業を怠ると、フリックをするというアイデアも出てきませんし、出し手がわかっていたとしても受け手がそのフリックに応じたアクションを起こすことができません。

フリック前に出し先を見ることで成功率を高めることができます。

②ボールに少し寄ってフリックする

フリックをする選手は少しボールによってフリックすることで、より成功率を高めることができます。

フリックをする瞬間、相手に距離を詰められすぎてしまうとフリックしたボールにDFの足を当てられてしまいます。読みの鋭いDFなどはフリックが来ると思った瞬間に一気に距離を詰めて、コースに足を出してきます。

そこで出し手がボールを蹴る直前、もしくはボールの移動中にボールに寄ることで、相手DFとの間にわずかの間を作ることができ、ボールを引っかけられることなくフリックを成功させることができます。

そのわずかな間がフリックを成功させる可能性を飛躍的に高めるのです。

③フリックパスしたら自分も関わりに行く

フリック後は自分も関わりに行くことでよりダイナミックな攻撃を仕掛けることができます。

フリックしようとするときは、基本的に相手DFは自分に向けてプレッシャーをかけている状況が多いです。そこでフリックをして自分も関わりに行くことでマーカーと入れ替わるようにマークを外すことができ、相手を置き去りにすることができます。

そして、次の選手のサポートに行くことで瞬間的に2vs1の局面を作り出すことができ、その2vs1の局面を使い切ることで大きなチャンスを生み出せます。

また、フリック先でボールを失ったとしても、サポートに寄っていった自分がそのままファーストディフェンスとなり、素早く相手にプレッシャーに行くことができます。

そのようなプレーをしなければ、攻撃に厚みができませんし、攻→守の切り替え時にも一瞬の遅れが生じてしまい、せっかくのフリックを生かしきれないという状況になってしまいます。

フリックパスのパターン

①インサイドフリック(ノーマル)

インサイドでボールを触りコースを変えるフリックです。厳密に言うとインサイドの中でもよりつま先に近い母子球辺りで行うと、フリックのコースの微調整がしやすく、次のプレー・動作によりスムーズに移行することができます。

例えば自分の右側からディフェンスが来ているなら、右足のインサイドフリックを行うことで、相手から体でボールを守りながらフリックができるため成功率は高まります。

②アウトサイドフリック

アウトサイドでのフリックはよりボールの当て方が重要です。

インサイドフリックより、さらに当てる・すらすといった感覚は強くなります。
ボールのどの部位をアウトサイドに当てるのか、その時の足首の角度がこのフリックを成功させるポイントです。

アウトサイドでボールを触る時はインサイドよりも走る動作に近いため、フリック後もより次の動作への移行がスムーズに行いやすいです。

そのような特性を活かすためにも、フリック後は連続してプレーする意識を持つことが大切です。

③ヒールフリック

縦パスに対してヒールキックで真後ろに流すヒールフリックです。

フリックは軽く触ってコースを変えるというのが基本となるため、読みの鋭いDFであればフリックを予測してフリックが行われるであろうコースに入ります(インサイドフリックかアウトサイドフリックを予測することがほとんど)。

そこでヒールキックで真後ろに流したりすることで相手の逆を取ることができます。

そのようなフリックをするためにはボールが来る前に相手のことしっかりと観察し、相手の意図を読むことが大切です。
特に、予測で勝負するDFは先に動くこともあるのでこのようなフリックは有効です。

④ヘディングフリック

味方が蹴ったロングボールに対して、ヘディングでのフリックは非常に有効です。

ロングボールが蹴られてから競るまでの間には時間があるため、どのDFが競りに来るのか、そしてそれに対してどこのスペースが空いて誰が走りこめば有効なのかというのがわかりやすいのです。

特にそれが相手最終ラインとの競り合いであればなおさらです。
味方が競り勝たなくても、ボールの勢いに負けてDFが後方にヘディングしてしまう可能性も十分あり、DFにとっては非常に嫌がるプレーです。
そこで入れ替わることができれば一気にゴール前です。

コツとしてはいち早く落下地点を予測し、競り合うDFより少し早くジャンプをして先に触ることを心がけます。
ヘディングで狙ってパスができれば理想ですが、先に触るだけでもこのプレーの有効性は十分発揮されやすいので、相手より先に頭に当てることを意識します。

スポンサードサーチ

【抜き技編】ソンブレロフリック

かなり難易度は高いですがソンブレロフリックといのもあります。

足でボールをすくい上げる技で、実際の試合では相手を背負ったままボールを浮かせてパスにしたり、相手を抜き去るシーンなどで使われます。

相手のプレッシャーが厳しく、インサイド・アウトサイドフリックや個人で打開することが難しいと思われる時でもこのフリックを用いて空中を利用すれば状況を打開できます。

ソンブレロフリックのメリットとリスク

【メリット】
難易度が高く、実戦で行える選手も少ないためソンブレロフリックが成功すれば多くの場合相手の逆を取ることができます。
また、このようなテクニックを見せることで相手DFは警戒をし始め、あらゆる場面で心理的に優位に立てるという心理的効果も相手によっては得ることができます。

【リスク】
リスクは何と言ってもその難易度から成功させるのが難しいということです。
相手がいない状況ならまだしも、相手のプレッシャーもある実戦の中でこのプレーを成功させるのは容易ではありません。
実際、このような難しいプレーをするのならもっと可能性の高いプレーを選ぶというのが一般的な考え方です。
失敗した時に周囲に与える印象もあまり良くないため(軽いプレーと思われるため)、場合によってはチーム士気に影響を及ぼすかもしれません。

スポンサードサーチ

ソンブレロフリックのコツ

膝を伸ばして立ち、伸ばした膝の方のつま先をボールの下に入れます。その時に上体をボールにかぶせるように少し前傾になります。

そして膝を引き上げながらボールを浮かせます(ひざ蹴りをするイメージ)。

その時浮き上がったボールに対して膝下を伸ばし指先で引っ掛けるように蹴り、ボールを浮かす・頭を越えさせて方向を変えるのがソンブレロフリックです。

どの角度に上げたいかによって、上体の反りと足首の角度を変えます。

まとめ

攻撃にアクセントをつけることができるフリックを身につけること、そしてその種類が多ければ相手にとって本当に脅威な存在になることができます。

現代サッカーでは「止めて・蹴る」といったことが特に重要視されますが、崩しの場面に関してはそれだけでは簡単には相手から得点を奪うことはできません。

崩しの場面で重要な役割を担っている選手やより得点力を上げたい選手には是非、本記事であげたようなフリックを身につけて活躍してもらいたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定