あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
american football

アメフトのヘルメットの選び方と人気おすすめ3選!【2019年最新版】

スポシル編集部

公開日 :2019/09/04

更新日 :2019/09/05

ここでは、アメリカンフットボールのヘルメットの選び方やおすすめ3選をなどを紹介しています。

そのため、アメフトのヘルメットのことを知りたい人やヘルメットを購入しようと考えている人は参考にしてください。

ヘルメットは頭を守るための防具であり、さまざまな機能が備わっている場合が多いです。

ヘルメットを購入する際に注意しなければならないことも多くあり、選び方の注意事項を把握しておくことで購入後に後悔しないようにもなれます。

アメフトで使用するヘルメットを購入して安全かつ快適にアメフトを行うようにしましょう。

目次

スポンサードサーチ

アメフトのヘルメットについて

アメフトは激しいスポーツでもあるため、さまざまな防具を装着してほぼ全身を守るようにする必要があります。

なかでも頭の防具でもあるヘルメットは重要度が高く、ヘルメットなしでアメフトをすることは怪我をしてしまうリスクが高まります。

アメフトではヘルメット以外に体や脛などさまざまな部分を守る防具を装着する必要がありますが、ヘルメットは別途で販売されている場合が多く、セットで販売されていることは稀です。

頭と体のサイズが必ずしも一致するわけでもないことが別途で販売されている理由でもあります。

ヘルメットのフェイスガード

アメフトのヘルメットにはフェイスガードが取り付けられている場合もありますが、販売されているヘルメットの中にはフェイスガードが取り付けられていない場合もあります。

フェイスガードはヘルメットの顔部分に取り付けられている太い金網のようなパーツであり、顔面を守る働きがあります。

ヘルメットは頭全体を守ることはできますが、視界や呼吸を確保するために顔面部分は大きく開けています。

そのため、後頭部などは守ることはできますが、顔面を守ることはできず、怪我をしてしまうリスクがあります。

しかし、フェイスガードがあれば顔面も守ることができ、より安全性を高める働きがあります。

フェイスガードは顔面を守れるメリットはありますが、慣れるまで視界に違和感を感じてしまうデメリットも発生しやすいです。

スポンサードサーチ

ヘルメットのチンストラップ

出典:TWO MINUTES

ヘルメットにはチンストラップというパーツが取り付けられており、顎を守ることができる防具でもあります。

簡単に取り外すことができ、アレンジが手軽にできるパーツの1つです。チンストラップはヘルメットとのフィット感を高めるパーツと考えている人もいますが、正しくはあごの防具です。

チンストラップはあくまでも顎を守るための防具であり、フィット感を高めるベルトとして使用しないようにしましょう。

チンストラップを締めることで極端にフィット感を得ることができる場合は、ヘルメット自体のサイズがあっていない可能性があります。

アメフトヘルメットの豆知識

アメフトのヘルメットは自由に塗装することができることを知っているでしょうか。

塗装することでさまざまなデザインに仕上げることができ、オリジナリティを出すことができます。

チームカラーが決まっている場合はチームカラーを基調に塗装することをおすすめします。

また、ヘルメットのロゴなどがプリントされている場合もありますが、実はプリントや塗装されているわけではなく、シールを貼り付けているだけです。

そのため、剥がそうと思えば綺麗に剥がすことも可能になっています。

ヘルメットに塗装をする場合はマスキングテープを利用してスプレーで吹きかけるだけで誰でも簡単にデザインを変えることができます。

ヘルメットであるため、バイク用のヘルメットとして代用することも可能と考えている人もいますが、規格外であるため、アメフトのヘルメットを装着してもノーヘルと同じ扱いになります。

スポンサードサーチ

アメフトヘルメットの選び方

アメフトのヘルメットの選び方を間違ってしまうと本来の性能を発揮することができず、頭を守りきることがで着ない可能性があり、怪我をしてしまいます。

正しい選び方をするとともに自身にあっているヘルメットを選ぶように心がけましょう。

アメフトヘルメットの選び方を以下の4つのポイントから解説します。


  • 安全性能基準が認定されているかどうか

  • 実際にかぶってフィット感を試す

  • 空気の調節

  • チンストラップをつけて最終確認

安全性能基準が認定されているかどうか

アメフトは激しいスポーツとして有名であり、安全性能基準が認定されていないヘルメットをかぶってしまうと怪我をしてしまう可能性があります。

販売されているヘルメットの多くは、安全性能基準が守られている場合がほとんどですが、なかには安全性能基準に満たされていないヘルメットもあります。

安全性能基準に満たされていないヘルメットでは、競技中の衝撃に耐えられることができなかったり、頭の衝撃を吸収できない可能性があります。

人にとって頭は最も大切な部分であり、急所の一つでもあります。頭を守るためには必ず安全性能基準が満たされているヘルメットを購入するようにしましょう。

極端に値段が安いアメフト用のヘルメットは安全性能基準が満たされていない可能性が高く、購入する際にはよく確認をしましょう。

安全性能基準が満たされているヘルメットであればどこかしらに安全性能基準が認定されていることが記入されています。

実際にかぶってフィット感を試す

アメフトのヘルメットを選ぶ際に重要なポイントがサイズ感です。ヘルメットの性能を引き出すためには頭のサイズにフィットするサイズを選ぶ必要があります。

いくら上記でも紹介した安全性能基準が満たされているヘルメットでもサイズがあっていなければ衝撃を吸収しきれない可能性が出てきます。

ヘルメットはさまざまなサイズで販売されており、多少のサイズなら微調整することができます。

しかし、見るだけやサイズを確認するだけでは、フィット感を得ることができるヘルメットなのかを判断できません。

そのため、ヘルメットのフィット感を確かめる場合は実際に被ってみることをおすすめします。

自身の頭のサイズを把握していない人が多いため、実際に被ってフィット感を確かめる方が手っ取り早いです。

空気の調節

アメフトのヘルメットは普通のヘルメットと内部構造が違う特徴があります。

一般的なヘルメットの内部には硬い発泡スチロールのような緩衝材が取り付けられていますが、アメフトのヘルメットには空気を入れる袋が内蔵されています。

袋の中に空気を入れることで衝撃を吸収することができるようになり、ヘルメットとしての役割を果たせるようになります。

ショップで購入した場合は、店が空気を入れてくれるため、実際に被ってみて空気の量を調整するようにしましょう。

正しい量の空気ではないと衝撃を吸収できない可能性があるため、重要な作業でもあります。

ネットなどでヘルメットを購入する場合は、自身で空気を入れる必要があるため、所属チームに空気入れがあるのかを確認しておきましょう。

チンストラップをつけて最終確認

アメフトのヘルメットはチンストラップを付けて完了になるため、実際にチンストラップを付けてみることをおすすめします。

本来フィット感を高めるパーツではありませんが、実際に全て装着してみた方がフィット感の具合を確認することができます。

チンストラップを付けてもフィット感に違和感を感じる場合はヘルメット自体のサイズがあっていない可能性が高く、サイズ選びからやり直すようにしましょう。

チンストラップを付ける確認は最終確認であるため、満足いくかいないかを感じ取るようにしましょう。

この際に少しでも妥協してしまうと購入後に後悔してしまう可能性も高く、後悔しないためにも十分に確認をすることをおすすめします。

チンストラップを付けて違和感がないのであれば購入するようにしましょう。

アメフトヘルメットの人気おすすめメーカー

アメフトのヘルメットはさまざまなメーカーが販売しており、メーカーごとに特徴が異なります。

そのため、アメフトのヘルメットを購入する際にはメーカーごとの特徴を把握して、自身が求めている性能があるメーカーを選ぶことも大切になってきます。

アメフトのヘルメットのおすすめ人気メーカーは以下の4つです。


  • ゼニス

  • VICIS

  • リデル

  • シャット

ゼニス

ゼニスはさまざまな目的で使用するヘルメットを販売しているメーカーです。

そのため、ヘルメットの知識や技術力は高く、品質は高く安心して使用できるヘルメットに仕上がっている可能性が高いです。

品質を重視したヘルメットを購入したい人におすすめのメーカーです。

アメフト用のヘルメットも販売されており、さまざまな選手に愛用されているメーカーでもあります。

プロ選手が愛用している場合も高く、プロ選手に憧れて一般選手も購入することも多いです。

VICIS

VICISはシアトルに本拠地を置くアメフトのヘルメットメーカーであり、安全性を重視したヘルメットを開発いしています。

販売しているヘルメットの多くが安全性が高く仕上がっているため、安全性を確保したい人におすすめのメーカーです。

アメフトの競技中に発生しやすい事故がタックルによる脳しんとうです。脳しんとうは一時的に意識を失い、場合によっては大けがに発展することもあります。

VICISが開発したヘルメットは脳しんとうを予防できる性能に仕上がっていることもあり、注目を浴びたメーカーでもあります。

リデル

リデルはアメフトを行っている人であれば知らない人はいないほど有名なメーカーです。本拠地のあるアメリカでは知らない人はいないぐらいの知名度です。

創業してから100年程度経過している老舗のメーカーですが、創業当初は元高校教師が立ち上げた小さな会社です。

独創的な考えを元に商品開発が行われている特徴があり、ヘルメットの基盤となる構造を作成した実績もあります。

リデルといえばヘルメットを連想させるほどヘルメットの性能は高いです。

シャット

シャットはアメフトで使用する用具全ての開発や販売をしているメーカーであるため、アメフト競技者からするとなじみのあるメーカーでもあります。

ヘルメットはもちろんですが、それ以外の防具も取り扱っているため、全身をシャットのアイテムで統一させることも可能です。

品ぞろえが他のメーカーと違い豊富であり、ジュニアから大人までの用具を販売しています。

また、レベルごとに適したアイテムも販売されている特徴があり、初心者から上級者まで愛用することができます。

スポンサードサーチ

アメフトヘルメットの人気おすすめ3選

アメフトのヘルメットを購入する際に悩んだ経験がある人も多いのではないでしょうか。

アメフトのヘルメットはさまざまな種類が販売されています。

次に、アメフトで使用するおすすめのヘルメット3選を紹介するので、ヘルメットを購入しようと考えている人は参考にしてください。

Riddell(リデル) NFL マイアミ・ドルフィンズ Replica ヘルメット
カラー ホワイト
サイズ 高さ26cm×横幅33cm×奥行24cm

レプリカヘルメット

こちらのヘルメットはドルフィンズが使用しているヘルメットのレプリカで、ドルフィンズが好きな人におすすめのヘルメットです。

ドルフィンズの選手が使用しているヘルメットと遜色ない仕上がりになっているため、プロ選手になった気分を味わえます。

49ers Riddell ミニ ヘルメット フットボール クローム オルタネート

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ゴールド
サイズ

目立ちやすいヘルメット

こちらのヘルメットはゴールドのカラーリングされたヘルメットなので、おしゃれなだけではなく、大変目立つヘルメットになっています。
そのため、試合中に目立ちたいと考えている人におすすめです。

Riddell(リデル) クリーブランド・ブラウンズ ブレイズ レボリューション スピード ミニ フットボール ヘルメット -

Riddell クリーブランド・ブラウンズ ブレイズ レボリューション

Amazonで詳細を見る
カラー レッド
サイズ 全長約12.7cm

ジュニア用ヘルメット

こちらのヘルメットは光沢のあるヘルメットで、デザイン性に優れているヘルメットです。

ミニヘルメットであるため、ジュニア用として購入することをおすすめします。

光沢は使用し続けると失われてしまう可能性もあります。

このお店で買うこともおすすめ!

下記に紹介しているサイトはアメフト専門の用具を販売しているので、さまざまな用品を購入することができます。

ヘルメットはもちろんですが、ウェアや防具なども購入することができ、わざわざショップに買いに行く必要がありません。

専門店だけあって他のショップでは販売されていないアイテムを多く取り扱っている特徴があり、必要としているもの全てを購入することができます。

グループ店にはラクロスやバスケットボール専門店もあるため、ラクロスやバスケットを行っている人はそちらを利用してみてはいかがでしょうか。

https://www.qbclubstore.com/

スポンサードサーチ

まとめ

アメフトは激しいスポーツなので、ヘルメットの存在は欠かせません。

ヘルメットをかぶっていれば大丈夫と過信しすぎないようにするとともに、サイズがあっていることもしっかり確認するようにしましょう。

自身に適しているヘルメットを購入して安全かつ、快適にアメフトを行ってみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike