あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
バレーボールvolleyball

バレーボールのブロックには種類がある?コツや練習方法も徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/09/02

更新日 :2019/09/02

ここでは、バレーボールのブロックの仕方や種類を紹介しています。

そのため、バレーボールでブロックのポジションについている人は参考にしてください。

ブロックは失点を防げれるだけでは、自身のチームの得点にすることもできます。

ブロックの技術を高めることで試合を有利にすることも可能であり、相手の戦意を喪失させる働きもあります。

ブロックにはさまざまな種類があるため、うまく使い分ける必要があり、使い分けができることで高確率でブロックが成功するようになります。

目次

スポンサードサーチ

ブロックの種類

バレーボールのブロックにはさまざまな種類があり、種類ごとに特徴が異なります。

ブロックの種類ごとに適した環境が決まっている場合が多いため、種類ごとの特徴ややり方を身につけるようにしましょう。

次に、バレーボールのブロックの種類を紹介します。


  • リードブロック
  • コミットブロック
  • ゲスブロック

リードブロック

リードブロックとは、トスを上げた際に方向を見極めてから素早く動く必要があるため、素早さを得意とする選手が行いやすいです。

高く飛ぶことはできませんが、相手にプレッシャーを与えることが可能になっています。

コミットブロック

コミットブロックは、アタッカーの行動を確認してブロックの位置に把握しブロックをすることです。

戦術的な場面でも使うことができ、確実にブロックできる可能性はありますが、高くジャンプできないデメリットがあります。

ゲスブロック

ゲスブロックは、トスが上がる前にブロックの軌道を見極める必要があるため、判断力が求められるブロックでもあります。

予想が外れてしまうリスクがありますが、速攻に対応することが可能になるメリットもあります。

ブロックのコツ

ブロックのコツを掴むことで成功確率を高めることができ、ブロッカーの役割を果たすこともできます。

コツを掴むことはブロッカーに求められることもでもあるため、次に紹介しているコツを掴むようにしましょう。

コツを掴むことでさまざまなブロックを行える可能性が高まります。

ブロックのコツを三つの面から解説します。


  • 手の形、出し方
  • ジャンプするタイミング
  • 相手のパワーに負けない方法

ブロックの手の形、出し方

ブロックをする際に手の形を身につけていないとブロックの成功率を下げてしまう原因になります。

そのため、手の形を身につけていないとスパイクを手に当てることができても完全に威力を奪うことができない可能性が高いです。

また、プロ選手のスパイクになるとかなりの速さになるため、突き指や骨折の原因にもなります。

手の形をマスターしておくことで突き指や骨折のリスクを下げる働きもあります。

ブロッカーがまず学ぶべきコツでもあるため、正しい手の形をマスターしましょう。

ジャンプのタイミング

ジャンプのタイミングを計らないとブロックの成功率が大幅に下がってしまいます。

ジャンプのタイミングがずれてしまうとスパイクが来た際にジャンプが遅れたり、速まってしまい、ブロックが成功しないです。

相手の動きを見極めることが大切ですが、スパイカーによって癖が異なるため、難しいです。

相手のパワーに負けない方法

ブロックはパワー負けしてしまうとブロックの役割を果たしていないため、パワー負けしない壁を作ることが大切です。

腕を垂直に上げるだけではパワー負けしてしまいやすいため、体をクの字に曲げるようにすることで強い壁を作ることができます。

ネットに近づきないことが大切であり、30㎝から40㎝離れた位置からジャンプするようにしましょう。

また、腕の力や握力を鍛えることも大切ですが、体幹も鍛えることでパワー負けしないような体を作ることができます。

スポンサードサーチ

ブロックの練習方法

下記のサイトにはバレーボールのブロックの仕方が細かく紹介されています。

バレーボールのブロックの練習方法とは?相手のスパイクをシャットする方法!

動画でもブロックの仕方が紹介されているため、わかりやすいです。

ブロックには攻撃型と守備型に分けることができ、どちらのブロックにするかを決めることが大切です。

攻撃型であれば得点を獲得することにもつながるため、有利になるブロックです。

しかし、それだけ高い技術力が求められます。

腕で両耳を挟み込むようにして、親指と小指に力を入れることで力強いブロックができるようになります。

まとめ

バレーボールはスパイカーが試合で目立つ場面が多いですが、ブロックを成功させないと試合が成り立たないです。

ブロックは相手のスパイクの威力を弱めたり、直接ポイントを取ることができるなど重要なプレイでもあります。

ブロッカーの人はブロックの基礎を学んでどのようなスパイクでも止められるようになりましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike