あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
tennis

テニスのサーブの種類と打ち方やコツを徹底解説【動画付き】

スポシル編集部

公開日 :2019/08/29

更新日 :2019/08/29

テニスのサーブは、試合を行う上でスタートの意味を指しますが、このサーブだけでポイントが決まることもある程、重要なものです。

サーブを打つ人をサーバーと呼びサービスコートと呼ばれるエリア内にノーバウンドでいれなければいけません。

そのサーブには、一体どのような種類がありどうしたら上手くいくのか気になるところです。そのコツを是非見て行きましょう。上手く習得して是非実践しましょう!

目次

スポンサードサーチ

サーブとは

サーブとは、試合が始まる時に最初に打つショットのことを言います。また、サービスと言われることもあります。どちらが先にサーブを打つかは、いくつか決め方がありますが、多く用いられるのがコイントス、ラケットトスです。

順番が決まるとサービスコート内にノーバウンドでいれなければいけません。

サーブを打つ時は、空中にボールをトスしラケットで打ちます。トスをあげることをトスアップと呼びトスアップの時のポーズをトロフィーポーズと言います。1ポイントごとに左右入れ換えて打ち、4ポイントを先取した方がゲームを取れます。

基本的なサーブ3種類

サーブにもいくつか種類がありますが、こちらでは、基本的な3種類を見て行きます。全サーブを覚えられれば完璧ですが、まずは、基本的な3種類を会得することでテニスをより楽しめるようにしましょう。サーブができなければ試合が始められませんからルールを学ぶと共にサーブは、いちばんの基本です。

主な3つの種類を解説します。


  • ふらっとサーブ

  • スライスサーブ

  • スピンサーブ

フラットサーブ

フラットサーブとは、簡単に言うと回転量が極めて少ないサーブのことです。回転がほとんどかからないがゆえにスピードをだすことができます。
直線的な軌道を描くことができるのが特徴です。

打ち方としては、ラケット面をボールの真後ろからあててプロネーションを使って打ちたい方向にラケットを振り抜きます。

フラットサーブは、プロネーションを身に付けられるサーブなので、フラットサーブを身に付けてから他のサーブを学ぶと良いでしょう。

また、距離のコントロールが難しいため回転系のサーブを使える方が有効的に使えます。何よりスピードを出せますが距離のコントロールが難しいのが短所なので、コースによっては、ノータッチエースとなるでしょう。

スライスサーブ

スライスサーブは、進行方向に向かって横回転のボールとなります。横回転がかかっているゆえ接地後のバウンドが非常に低い球となります。

打ち方としては、ラケット面を真後ろにあてて打ちたい方向へラケットを直角に近い角度で振ると曲がりの大きいスライスサーブとなります。

速いスライスサーブとするには、ボールの真後ろと真横の中間をヒッティングポイントに定め打ちたい方向に振ります。高さを変えたりコースを狙いやすい上に回転のかけかた次第でスピード重視や回転重視にすることができるので戦略的にサーブを打てます。

威力の強いスライスサーブを打つには、地球儀を回すような強い打ち方でなければいけません。ファーストサーブ、セカンドサーブどちらにも有効なサーブとなります。

スピンサーブ

スピンサーブとは、進行方向に向けて順回転のかかるボールです。右利きですと高い弾道に落ちる共に右へ高くバウンドします。

打ち方は、二通りありますが基本的にスライスサーブと変わらず回転の多いスピンサーブを打つには、ラケット面をボールの真後ろにあてて打ちたい方向へラケットを直角にふります。

速いスピンサーブは、ボールの真後ろと真横の中間をヒッティングポイントに定め前に向かって振ります。ネットの高いところを通過するので、サービスボックスに入りやすいです。緩急をつければファーストサーブとして非常に有効です。また、スライスサーブ同様に回転のかけかた次第で変化して使えます。

スポンサードサーチ

サーブが入らない人必見!サーブの打ち方とポイント

サーブには、上手に打つためにポイントや打ち方がさまざまあります。
サーブは、テニスの基本ですからまず第一に習得しなければなりません。打ち方とポイントをおさえればより効果的に使えますしポイント先取に繋がります。

また、サーブは、唯一自分自身で球種、速度、コースを決めることができる技なので、サーブを上手く打てると言うことは、非常に強みになります。相手からのサーブに上手く対応できなければ、何より頼れるのは、自分のサーブだけしかありません。

それだけ重要な技なので練習を少しさぼるだけで響きます。打ち方を覚えることで回転や応用の技を覚えることができますし、テニスを学ぶ上で最も重要なポイントとなるのでしっかりと身に付けましょう。

グリップはコンチネンタルがおすすめ

テニスには、さまざまな持ち方があるので自分の持ちやすい持ち方を選ぶことが基本では、ありますが、初心者にすすめられるのがコンチネンタルになります。ラケット面を地面と垂直にして上から握ります。一般的には、包丁を持つような持ち方となります。

実は、上級者向けと思われる癖のある持ち方となりますが、サーブを安定して打つには、ボールに回転をかけなければいけません。コンチネンタルは、手首のスナップを使って回転がかけやすいのです。

ボールの端を切るイメージで打てば簡単に回転がかけられます。強く打てば打つ程回転が多くなるので、より安定したサーブを打つことができます。つまりサーブを打つには、コンチネンタルが適していると言うことですね。

綺麗なフォームはサーブが入る

なぜ綺麗なフォームだとなぜサーブが入るのか?
サーブは、試合の勝敗をかける重要なポイントですがそのサーブを多くいれるには、綺麗なフォームを身に付けることも大切です。

サーブは、基本のフォームを身に付けるだけで劇的にポイント率が変えられます。

サーブは、ゲーム時に絶対打たなければいけないショットですからそのサーブを上手にいれられると言うことは、テニスの基本の動きをマスターしたと言うことです。サーブは、短い時間の間に複雑な動きをしなければいけませんが、それに合う動き方をしなければそれだけでサーブの質が変わってしまいます。機能的な動きをマスターし、技に合う体の動かし方を身に付ければテニス上達の近道と言えるでしょう。

綺麗なフォームのための3つのポイント【動画でも解説】

綺麗なフォームを身に付けるためにまず基本の3つのポイントを学びましょう。

体の細かい動かし方を変えるだけで回転や速度は、変わります。

基本ポイントを身に付けることで自分のサーブ力をあげることができます。体の動かし方は、言葉で説明するよりも実際に見て練習した方が効果的です。

言葉だけだと上手く伝わらない部分もありますから動画と自分のフォームを見比べましょう。動画では、細かい動きまでチェックできるので間違ってる部分をはっきりさせることもできます。

トスの位置を気をつける

ボールは、三本指で持つことを基本としますが五本指でも可能です。肩に力が入らないように下から投げます。

体ごと投げないように気を付けましょう。ボールは、肩から上で離すようにして、ラケットを上に伸ばしきった時のちょい先の高さで打つようにすると良いでしょう。

トスを安定させるには、体幹の力でボールを上げることが重要です。肩に力を入れると指にも力がはいってしまうので、安定しません。

体の動かす一連の動作としてしなやかに打つようにすると良いです。また、ベースラインの横から打つことで肩が入って後ろを向いて打つことができるので適した体の動かし方ができます。

トロフィーポーズを綺麗にする

サーブが打てない一つの要因としてトスからの流れが悪くサーブに繋がらないこともあります。

サーブを打つ上では、トロフィーポーズと言うポーズを身に付けることで上手にサーブが打てます。

トロフィーポーズで重要なのは、体のひねりです。肘の曲げ伸ばしでトスアップする人が多いですが手のひらを外側からひねることで腕全体にはりを作ることができそれがばねとなります。

ひねって戻してのひねりもどしが基本となります。このひねり戻しは、サーブ、スマッシュともに使えます。
また、足のひねり戻しは、骨盤を動かす原動力ともなります。足、腰、腕と体全体がひねられるようになるとそれら全てがばねとなり、そのばねを持ち合わせた状態をトロフィーポーズと言います。

プロネーションを身に着ける

薄いグリップで打つ際には、絶対にプロネーションを身につけなければいけません。

プロネーションを上手く使うには、打つ時に腕を回しながらラケット面を真っ直ぐにしなければいけません。

ラケットの頭が前に出るようにしながら打つと打ちやすいです。上腕をグッと伸ばすことにより真っ直ぐにすることができます。

ラケットなしで練習する場合は、手のひらが最初は、頭の方を向いていて打つときに真っ直ぐにして少し右に向きます。
このプロネーションを上手く活用することでフラットサーブをうつことができます。

真っ直ぐにしないとスライスサーブになってしまいます。まずは、手のひらだけで練習し真っ直ぐ打てるようにすると良いでしょう。また、他の人に見てもらいながらの方が感覚を掴めるので、周りの人に確認してもらえるとより身に付くでしょう。

スポンサードサーチ

まとめ

テニスをする上では、サーブは、最も重要なポイントでありそのサーブを習得するには、グリップの持ち方をはじめ、ポーズやトスの位置に気を付けることが必須です。また、体の動かし方ひとつでサーブのボールの方向や速度は、変わります。しっかりとした体の動かした方を身に付け上達の近道にしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定