あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
speed skating

マススタート(スピードスケート)の特徴やルールを徹底解説|動画でも解説

スポシル編集部

公開日 :2019/08/24

更新日 :2019/08/24

2018年の平昌オリンピックで初めて正式種目となったマススタート(スピードスケート)。
マススタートは、個人種目でありながら、チームで戦略を立てて戦うちょっと変わった競技です。
スピードスケートでは、各選手が自分のレーンを滑走するのですが、マススタートではマラソンのようにレーンを限定することなく大勢の選手が一斉にスタートします。
言ってしまえばスピードスケートとショートとタックの面白い所を合わせた競技なのです。
この記事ではマススタートについて解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

マススタート(スピードスケート)とは

スピードスケートマススタート(スピードスケート)とは、2015年にスピードスケート世界距離別選手権で採用されて、2018年の平昌オリンピックでは、初めて正式種目として採用された競技です。
マススタートは英語で「mass start」と書き、マス(mass)は「集団」などの意味があります。
マススタートの意味としては、「集団が同時にスタートする」ということを指します。

マススタートは、シングルトラックでマラソンのように一斉にスタートし滑走する競技です。

マススタート(スピードスケート)のルールと競技人数とは?

マススタート(スピードスケート)のルールですが、1周400mのシングルトラックを16周滑走して獲得したポイントの順位を争います。
スタート直後の1周目は加速禁止となり、2周目から加速が可能になります。

獲得するポイントについては、4周ごとの順位でポイントが加算されていきます。
・4、8、12周の1位5ポイント、2位3ポイント、3位1ポイントの中間ポイントが加算される。
・16周滑走したゴール順位、1位60ポイント、2位40ポイント、3位20ポイントの最終ポイントが加算され、中間、最終ポイントの合計で順位が決まります。

マススタートの出場人数については、大会ごとに異なりますが目安として20名前後の選手で行われます。
ワールドカップでは最大24名の選手で行われることになっています。

スポンサードサーチ

マススタート(スピードスケート)の日本代表選手は誰?

平昌オリンピックのマススタートでは、高木菜那選手と佐藤綾乃選手が出場しました。
佐藤選手は1回戦で転倒者に巻き込まれ転倒し、不運ながらレース続行不可能となりましたが、高木菜那選手は決勝へ進出し見事に金メダルを獲得しました。

マススタートの記念すべき初代オリンピックチャンピオンとなりました。
また、ワールドカップでは高木美帆選手、押切美紗紀選手、佐藤綾乃選手もメダル獲得経験があります。

動画でみる!マススタート

【NHK】2分でわかる「マススタート(スピードスケート)」<ピョンチャン>
この動画はマススタートについてとても分かりやすく解説してくれています。

マススタートが、どのような競技なのか、いまいちイメージがわかない人におすすめの動画です。
マススタートならではのスタートの仕方や1周目は加速禁止の様子、レース中の同国選手のチーム戦術や駆け引きなどが映像で見ることで理解しやすいと思います

スポンサードサーチ

まとめ

ここまでマススタート(スピードスケート)について解説してきました。
マススタートは2018年の平昌オリンピックで初めて正式種目に採用された新しい競技です。
マススタートの特徴はシングルトラックで一斉スタートするところです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定