あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
sumo wrestling

年間6回開催!大相撲の場所とは?開催地や場所名をわかりやすく解説

スポシル編集部

公開日 :2019/08/22

更新日 :2019/08/29

大相撲をそんなに見たことがない人でも「大相撲〇〇場所」というフレーズは聞いたことがあると思います。

NHKの相撲中継が放送されている時期に、スポーツニュースなどで使われる言葉なので、「なんとなく意味を知っている」という人が多いのではないでしょうか。

大相撲の「場所」は古くから続く相撲界の伝統的な興業で、力士の番付にも直結する重要な試合なのです。

この記事では、大相撲に興味がある人や大相撲初心者の人でもわかるように大相撲の「場所」について詳しく解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

大相撲の場所とは?

大相撲の場所とは、公式試合といえるもので、1年間で合計6回行われます。

場所は日曜日にスタートし、2週間後の日曜日までの15日間開催されます。

1日目を「初日(しょにち)」、8日目を「中日(なかび)」、最終日を「千秋楽(せんしゅうらく)」と呼び、場所の成績で力士たちの番付が決まりますので、力士たちは勝ち越し(8勝以上)を目指して戦います。

幕内と十両の力士は計15番を毎日、幕下以下の力士は15日間で計7番の取り組みを行います。

場所ごとの名称や会場、日程を紹介!

相撲の場所は年間で6場所あり、1月、3月、5月、7月、9月、11月の奇数月に開催され開催地は東京、大阪、愛知、福岡の4カ所となります。

2カ月おきに開催され、1場所おきに東京両国国技館で行われます。

開催地は、日本全国の中の主要都市が選ばれているのは戦後の日本で復興が進んでいたからだといわれています。
ここでは全6場所の名称や会場、日程を紹介していきます。

1月開催:一月場所
通称:初場所
会場:東京都墨田区 両国国技館
新しい年になり最初に開催される1月場所は「初場所」と呼ばれます。

3月開催:三月場所
通称:春場所(大阪場所)
会場:大阪市浪速区 大阪府立体育会館
三月場所は大阪開催なので「大阪場所」または「春場所」と呼ばれます。

5月開催:五月場所
通称:夏場所
会場:東京都墨田区 両国国技館
五月場所は東京開催となり両国国技館で行われます。
間違いやすいのですが、5月なのに「夏場所」と呼ばれます。

7月開催:七月場所
通称:名古屋場所
会場:名古屋市中区 愛知県体育館
七月場所は名古屋開催となり、「名古屋場所」と呼ばれます。
夏真っただ中ですが「夏場所」とは呼ばれません。

9月開催:九月場所
通称:秋場所
会場:東京都墨田区 両国国技館
九月場所は東京開催、両国国技館で行われ、「秋場所」と呼ばれます。

11月開催:十一月場所
通称:九州場所
会場:福岡市博多区 福岡国際センター
1年の最後の場所となる11月場所は九州の福岡で開催され「九州場所」と呼ばれます。

スポンサードサーチ

場所の1日の流れ

場所の1日の流れですが、NHK相撲中継が放送される時間帯よりも早くから取組が行われているのをご存知でしょうか?

朝早くから取組は開催され、番付上位の実力者ほど後に登場します。

ここでは場所のスケジュールを紹介していきます。

場所や千秋楽などで時間帯が異なることもあるのでご了承ください。

千秋楽以外は18時くらいにはすべてのスケジュールが終了します。

千秋楽については、優勝の表彰式があるので30分程度早くすべての取組が終わります。

8:00 開場

8:25 前相撲
序の口取組
序二段取組
三段目取組
幕下の取組

14:15 十両土俵入り

14:35 十両取組

15:40 幕内土俵入り

15:55 横綱土俵入り

中入り(休憩)

16:10 幕内取組

結びの一番

弓取り式

天覧相撲とは?

天覧相撲とは、天皇が大相撲を観戦することを言います。

おもに東京両国国技館で開催されるとき招待された天皇が観戦に訪れるのですが、頻度としては少なく遭遇できるのは稀です。

天覧相撲は、相撲協会から宮内庁に天皇を招待することから始まります。

招待を受けると宮内庁が観戦できるのかどうかを検討した上で決まります。

天覧相撲の際は、国技館に到着する天皇を相撲協会理事、役員、親方衆、横綱以下の役力士全員でお出迎えをします。

理事長は、観戦中の天皇のご説明役を務めます。

スポンサードサーチ

相撲列車とは?

3月、7月、11月の大阪、名古屋、九州(福岡)場所が行われるときには、力士たちは移動しなければいけません。

十両より上位の番付にいる関取は好きなときに好きな方法で移動します。

しかし幕下以下の力士、親方衆、行司、呼び出しなどの人たちは、約200名で同じ新幹線で一斉に移動するのです。

この新幹線は「相撲列車」と呼ばれ、ファンも見物に押し寄せます。

相撲列車は番付発表の前日に見られることが多く、東京駅をお昼過ぎに出発することが多いようです。

まとめ

ここまで大相撲の場所について解説してきました。

大相撲の場所は年間で6回あり、そのうち3回は東京両国国技館で行われ、あとの3回は大阪、名古屋、九州(福岡)で行われます。

天皇が観戦に訪れる天覧相撲は東京で、力士たちが一斉に同じ新幹線で移動する相撲列車は東京以外の場所で見ることができます。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定