あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
rugby

【ラグビー用語】グラウンディングとは?|ライン上は有効?

スポシル編集部

公開日 :2019/08/20

更新日 :2019/08/20

本記事では、ラグビーのおなじみの得点シーンである「トライ」のときにボールを地面につける行為のことを示す「グラウンディング」に関して解説していきます。

ラグビーはルールや反則が多く、迫力があって見ていて興奮するが、プレーが理解できないことがよくあります。

それだと、雰囲気は楽しめても、楽しみきれてないですよね?

そこで本記事では、ラグビーのルールの1つである「グラウンディング」について簡潔に紹介していきます。

初心者の方にもわかるように解説しておりますので、プレイヤーの方も観戦を楽しみたい方も参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

グラウンディングとは? 

グラウンディングとは、簡単に説明すると、ラグビーのおなじみの得点シーンである「トライ」のときにボールを地面につける行為のことを言います。

トライのときには、必ずグラウンディングしないと得点にはなりません。

また、トライのほかにもグラウンディングで成立するプレーがあるので、グラウンディングについてしっかりと学んでいきましょう。

グラウンディングは、ラグビーの競技規則に下記のように定義されています。

・ボールを持って地面につける
ボールを抱え、インゴール内で地面につける。
「ボールを抱える」とは、手または腕でボールを持っている状態のことである。
グラウンディングする際、下方に押しつける必要はない。

・ボールを押さえる
インゴール内で地上にボールがある時、そのボールを手、腕、あるいは前半身のうち首から腰の間を使って押さえる。

オフェンス側のグラウンディング

オフェンスのときに、相手チームのインゴール内で最初にボールをグラウンディングした場合は、トライが成立します。

このとき、ボールをインゴール内に持ち込んだのがオフェンス側、ディフェンス側のどちらのチームであってもトライは成立します。

インゴール内には、ゴールポストやポストに巻かれているカバーも含まれるので、ゴールポスト、カバーに触れてもトライは認められます。

ゴール前の攻防は特に激しいので、戦略としてポストにグラウンディングしにいくのも有効です。

気をつけたいのが、オフェンス側のボール保持者がインゴール内にグラウンディングと同時にタッチインゴールライン、またはデッドボールラインに触れてしまった場合、ディフェンス側に22mラインからのドロップアウトが与えられます。

スポンサードサーチ

ディフェンス側のグラウンディング

ディフェンス側のチームが自陣のインゴール内でグラウンディングをすることを「タッチダウン」と言います。

ディフェンス側のチームの選手が自陣のインゴール内で最初にグラウンディングをした場合は、ボールをインゴール内に持ち込んだのが「どちらのチームだったのか?」で、試合の再開方法が変わってきます。

・ディフェンス側のチームが持ち込んだ場合
ゴールラインから5mの場所でオフェンス側ボールでのスクラムで再開(キャリーバック)

・オフェンス側のチームが持ち込んだ場合
22mラインからディフェンス側ボールでのドロップキックで再開(ドロップアウト)

オフェンス側のグラウンディングと同じく、ゴールポスト、ゴールカバーに触れてもグラウンディングとなります。

どっちがグラウンディングしたかわからない場合

ゴール前の攻防がとても激しいのがラグビーです。
オフェンスとディフェンスが競り合いながらもつれてインゴール内でグラウンディングすることもよくあります

こういったときの、ジャッジはとても判断が難しくなりますが、どちらのチームがグラウンディングしたのかをレフェリーが判断できないときもあります。

そういったシチュエーションの場合は、レフェリーの判断でグラウンディングしたとされる地点の延長線上かつ、ゴールラインから5mの場所から、オフェンス側ボールのスクラムで試合再開となります。

結果的には、トライは認められていませんが、ゴールライン5mからオフェンス側ボールのスクラムで試合再開ですので、オフェンス側にとってはビックチャンスと言っていいでしょう。

スポンサードサーチ

ライン上にグラウンディングした場合

ライン上にグラウンディングした場合ですが、ゴールラインはインゴール内と認められるのでトライは成立します

インゴール内のサイド側、タッチライン上にグラウンディングした場合は、タッチと同じになり、相手チームのラインアウトでプレー再開となります。

ゴールラインのさらに奥、グラウンドの一番外側のラインであるデッドボールライン上にグラウンディングした場合はアウトオブバウンズ、ボールが外側に出たことになります。

簡潔に言うとオフェンス側がゴールライン上にグラウンディングした場合はトライ、インゴール内のタッチライン、デッドボールライン上だとトライは成立しません

コンバージョンキックのために、ゴールポスト付近でグラウンディングしようとしてデッドボールラインに触れてしまうこともあるので気をつけたいところです。

まとめ

ここまでラグビーのグラウンディングについて解説してきました。

ラグビーのグラウンディングは、選手がトライするときにボールを地面につける行為のことを言います。

グラウンディングがしっかりと行われないとトライは成立しないので、必ずボールを地面につける、または地上にあるボールを押さえてトライを成立させてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定