あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
volleyball

バレーボールのアタックとスパイクの違いは?打ち方のコツや練習方法も徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/08/20

更新日 :2019/08/20

一般的にバレーボールにおいて守備の用語として使われる言葉は主にブロックとレシーブの2つ、攻撃の用語として使われる言葉は主にサーブとスパイクの2つです。

ですが今挙げた中にアタックの言葉は出てきません。

なぜ出てこないのでしょうか。

それとも今は使われないだけで昔は使われていたのでしょうか。

もし昔は使われていたのならばなぜ使われなくなったのでしょうか。

今回は以上の疑問点と合わせてアタックとよく似た意味のスパイクとの違いについて考察していこうと思います。

目次

スポンサードサーチ

アタックとスパイクの違い

ではまずアタックとはどのような意味なのでしょうか。

アタックは英語ではattackと書き「攻撃」を意味し、バレーボールにおいては国際バレー連盟のルールブックで、サーブとブロックを除く、相手に対して直接ボールが向けられるすべてのプレーをアタックと定義しています。

つまりセッターがスパイカーにトスを上げず、自分の手で相手のコートに落とす「ツーアタック」やスパイクを打つ通称「スパイカー」も「アタッカー」に分類されます。

一方スパイクは英語でspikeと書き、動詞としては「打ちつける」という意味もあることから、バレーボールにおいては相手のコートに向けてボールを叩きつけるように打つことを指す用語です。

つまりスパイクはアタックの一種という位置づけとなっています。

アタックの打ち方とコツ

この項ではアタック、つまりスパイクの打ち方とコツについて書いていきます。

①助走(右利きの場合)からジャンプまで

1、左足を前にした状態からスタート

2、左、右、左の順にステップを踏む。右、左の時にバックスイングを開始する。

3、最後のステップは大きく踏み込み、両脚のつま先は右斜め前へ向けて軽くブレーキをかけて跳ぶ。跳ぶ際に両脚一緒に跳ぶのではなく「タタン」のリズムで跳ぶ。

②空中姿勢

1、跳ぶときに両手を万歳するようにほぼ真上に上げる。

2、左手を上げて弓を引くような形を作る。

3、その形で体を旋回させつつスイングする。また、強いスパイクを打つには助走が何よりも大事なので助走にしっかり意識を持っていくことが大切です。

スポンサードサーチ

アタックの練習方法

一人でできるスパイク練習で一番オーソドックスな練習法は壁打ちです。

壁打ちではボールの中心をミートする感覚を養います。

これは私がやっていたサッカーでも同じような事が言えます。

例えばサッカーでは地面を転がるパスやシュートを打ちたい場合、ボールの上の方を蹴ります。

それと同じようにバレーボールでも狙った場所に打つためにはそれに合ったボールの場所に手をミートさせる必要があります。

壁打ちでは狙った所にミートできていればボールは自分の所に帰ってくるので何度でも打ち返すことが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アタックとスパイクという言葉の関係性、アタック(スパイク)の練習法など、少しでもご理解いただき、実践していただけたら幸いです。

この機会に是非ともバレーボールの試合を観てみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定