あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
skateboard

パワースライドの特徴や種類とうまく決めるコツとは?【動画付き!】

スポシル編集部

公開日 :2019/08/19

更新日 :2020/05/11

ここでは、パワースライドについて紹介しています。
パワースライドをスケボーで行うことができればカッコ良いです。
パワースライドを華麗に決めたいと考えている人は参考にしてください。

パワースライドは初心者の方でもコツを掴めば行うことができるため、
スケボーになれたら挑戦してみてはいかがでしょうか。

しかし、慣れないうちは転倒してしまう危険性もあるため、ヘルメットなどの防具をしっかり装着することをおすすめします。

目次

スポンサードサーチ

パワースライドとは

パワースライドとは、後輪だけをスライドさせる技であり、
さまざまなトリックの基礎となる技でもあります。

そのため、習得しておけばさまざまなトリックを効率よく習得できるようになります。
また、ブレーキの方法として取り入れられることもあります。

四つのタイヤの内、後輪だけをスライドさせる技であり、約45°回転させることが一般的です。
パワースライドは上記でも紹介したようにブレーキとしての役割もあるため、
スケボーを乗ることができれば早期に身につけておきましょう。

パワースライドの種類

パワースライドには主に2種類あり、やり方や見た目が変わってきます。
どちらのパワースライドも身につけることができていればさまざまな状況で活用することができます。
2種類のパワースライドを身につけて、安全にスケボーを行いましょう。
パワースライドの主な2つの種類を解説します。


  • F/S(フロントサイド)パワースライド

  • B/S(バックサイド)パワースライド

F/S(フロントサイド)パワースライドはボードの後方に置いてある軸足を前方にスライドさせるようにして、もう片方の足に重心を掛けます。
そうすることで重心を掛けている部分を軸に回転します。

また、腰は軸足をスライドさせる方向と同じように捻り、両腕や肩などは逆方向に捻ることで綺麗に決まりやすくなります。
重心が前にかかってしまいすぎると前のめりに倒れてしまう危険性もあるため、注意するようにしましょう。

思い切りが大切であるため、中途半端にしてしまうと失敗してしまいやすいです。

B/S(バックサイド)パワースライドはF/S(フロントサイド)パワースライドが身につけれた挑戦するようにしましょう。
やり方は非常に似ており、後ろの足を後方にスライドさせ、前の足を軸に回転させます。

回転している時に後方に倒れかかるようになってしまうとバランスを崩しやすくなってしまい、転倒するリスクが高まります。

そのため、上半身を捻るようにして後方に重心がいかないようにしましょう。
頭の重心がデッキの真上にくるように意識すれば重心が後方にずれにくく、綺麗にバックサイドを決めることができます。

スポンサードサーチ

まとめ

パワースライドは、ブレーキとしての役割もありますが、さまざまなトリックの基礎にもなる技術です。
パワースライド単体でも十分かっこよい技でもあるため、ボードに乗ることになれたら早期に身につけるようにしましょう。
パワースライドを完璧に身につけ、より高度なトリックに挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定