あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
road bike

バイクトライアルと普通のバイクとの違いは?おすすめメーカーや商品も徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/08/22

更新日 :2019/08/22

皆さんは「バイクトライアル」という競技をご存じですか?

ぱっと競技名だけを聞くとバイクの競技に思う方もいるかもしれませんが、今回はマウンテンバイクでのバイクトライアルについてお話ししていきます。

実は、モトトライアルの入門として初心者から参加することも多い競技です。

普通のマウンテンバイクとトライアル用のマウンテンバイクの違いや、マウンテンバイクの選び方、おすすめのメーカーなどを細かくご紹介していきますので、これから始めたいと思っている方や初心者の方は参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

マウンテンバイクのトライアル競技とは?


出典:amazon.co.jp

トライアル競技とは、岩場など障害物があるところをバイク(自転車)に乗ったまま、乗り越えていく競技です。

足は地面につけません。

冒頭でもお話したようにモトトライアルの入門としても行われている競技でもあり、多く選手が参加してきた競技でもあります。

先程お話したように、片足地面につけてしまうと減点してしまう競技でもあり、設けられている各コースで1人ずつ行っていく競技です。

時間は、2分以内にゴールすることが決められており、5点減点されるとそのコースは終了になります。

両足を着く、転倒、コースを外れてしまった場合はその時点で5点減点の終了になり、全てのコースが終了した時点で減点が少なさで勝敗が決められる競技です。

普通のマウンテンバイクとトライアル仕様の違いとは?


出典:amazon.co.jp

まずは、マウンテンバイクとの違いについて解説していきます。

違いをはっきり理解することによって、競技をやりたい方も応援したい方も本格的に、バイクトライアルに熱中できます。

特徴を一緒にみていきましょう!

何ができるの?


普通のマウンテンバイクは、走ることを目的として作られているのに対して、トライアル仕様のバイクは前輪を上げたまま跳ねて進む動作など、トライアル独自の動きがしやすいように作られています。

マウンテンバイクでも中には、競技に使用できるものもあるかもしれませんが、トライアル仕様のものは街乗りなど走ることには向いていません。

先程お話したように、跳び跳ねながら進むことができたり、障害物を越えていくような動作がしやすいですが、スピードは出にくく、商品によってはトライアルでは座る必要がないため、サドルがついていないものもあります。

値段の違いは?


安いものを基準に見ていくと、マウンテンバイクの場合は平均20,000円以下でも購入することが可能ですが、トライアル仕様のものは平均35,000円~のバイクが多いです。

やはり通常のマウンテンバイクでも高価なものもあるので値段は商品によって異なってしまいますが、トライアル仕様の方が平均的な値段は高くなっています。

トライアルバイクは決して安くはありません。

マウンテンバイクでも小さめのフレームで、安定するものだと競技に使用している方もいますが、初心者の方はできるだけトライアル仕様のバイクを購入した方がいいかと思います。

バイクの操作やバランス感覚に慣れていないととても難しい動きになるので、耐久性や軽量さ、動きやすいさや精度も考えながら購入しましょう。

特徴は?


普通のバイクに比べて、耐久性と軽量性はどのバイクもこだわって作られています。

特に軽量性に関しては、先程お話した座る必要がないためサドルを取り除いたり、必要のない部分を極力無くしていくことでより、軽量性を追求されたバイクも存在します。

タイヤは、安定性を高めるために接地面を広くする必要があるので、空気圧が下げられていることも特徴です。

瞬発力やブレーキの力も重視される競技なので、ディスクブレーキを使用しており、スプロケットは1対1が主流です。

スポンサードサーチ

普通のマウンテンバイクをトライアル仕様に加増することも可能?


出典:amazon.co.jp

普通のマウンテンバイクを今現在持っている方は、仕様をトライアルに加増することができるのか、疑問に思っていることを解説していきます。

実際は改造可能なのか。どうしたらいいのか。費用などやり方も参考にしてみてください。

改造は可能なの?


改造することは可能です。

部品を買い揃えたり、工具の準備なども必要になりますが、トライアル仕様にすることができます。

基本的には、座る必要がないのでサドルを一番下まで下げ、競技中に邪魔になりそうな泥よけやボトルゲージなどは全て撤去します。

あとは、ブレーキやハンドルなどの部品をトライアル仕様のものに変えたり、軽量にするために工夫をすることも大切です。

よりトライアル仕様に近づけるために調べながら改造していくのも楽しいですよ。

費用はどのくらいかかるの?


大まかな費用としては、マウンテンバイクの購入金額も入れて最低でも20万円以上はかかってしまうのではないでしょうか。

自転車の購入金額を抑えたとしても、部品を買う費用がどうしても高くなってしまうため、かなりの出費になります。

マウンテンバイクとトライアルバイクはかなり大きな違いがあるため、部品を全てトライアルに変えたいと思っている方は、最初からトライアル仕様のバイクを購入した方がいいかもしれません。

より真剣にやりたい方は、トライアル仕様のものを購入して、その部品のメンテナンスやセッティングにお金をかけた方が利口かもしれませんね。

初心者でも改造できる?


部品を変えたり、セッティングには専門的な知識や技術が必要な箇所が多いため、初心者には難しいかたもいるかもしれません。

どうしても自分の手で行いたい方は、改造を失敗しないように調べながら行うか知識のある方と一緒に行うことがおすすめです。

また、自信がない方や初心者の方で周りに知識がある方がいらっしゃらない場合は、自転車屋さんに改造してもらうのがおすすめです。

しっかりと不備がないようにセッティングしてくれますし、細かいところまでしっかりと精度が高いバイクに仕上がるのではないでしょうか。

トライアル式マウンテンバイクの選び方を解説!


出典:amazon.co.jp

ここからは、実際に商品を選ぶ際のポイントを3つに分けてご紹介していきます。

選ぶ際は、デザインなどの見た目も大切ですが、必ず機能性や今回ご紹介するポイントを踏まえて選んでみましょう。

より、長く大切に使いたいものだからこそ、慎重に選びましょう。

トライアル式マウンテンバイクの選び方を以下の3つのポイントごとに解説します。


  • ホイールの大きさ

  • 重量

  • 安定性

ホイールの大きさ


トライアル式マウンテンバイクは大きく❮20インチ、24インチ、26インチ❯の3つに分けられています。

この大きさはホイールの大きさの違いなのですが、初めてのバイクを購入する場合は大きなホイールのバイクに乗った方がおすすめのです。

しかし、見た目を重視したい方は、小さいホイールを好む方も多いので、初心者でも形から入りたい方は小さなバイクを購入する方も少なくありません。

小さなホイールのメリットは、狭い道でもスラスラとライディングでき、直接タイヤの感触を感じ取りやすいことです。

大きなホイールは、安定感が得られやすいことが特徴です。

濡れた足場や岩場でも細いタイヤのバイクに比べると、滑りにくいため初心者でも上達しやすく、楽しみながらトレーニングすることができます。

重量


ホイールの大きさにも関わってくる部分ですが、小さいホイールや華奢なバイクの本体のものだと、自然に全体の重量も軽くなります。

跳ねたりする動作などもある競技になるので、なるべくバイクは軽量なものを選ぶことをおすすめします。

バイクが小さいと軽量で、難しいコースになればなるほど増えてくる難しい動作や、バイク自体を回転させることもやりやすいです。

20インチのものは自然と軽く作られていますが、24インチや26インチのバイクが必ずしも重いわけでなく、24インチや26インチのバイクでも十分素晴らしいライディングをすることが可能です。

しかし、軽ければ良いというものではありません。

特に初心者の方には、軽すぎるバイクは乗りにくく、上達しにくい傾向もあります。

ちょうど良い扱いやすい重さのものを実際に乗ってみてから、購入することがおすすめです。

安定性


特に初心者には、大切にしていただきたいポイントの1つで、技の上達加減にも直接繋がってくる部分でもあります。

軽量なものを追求しすぎると、「安定性」の部分をないがしろにしてしまう傾向にあるので、注意しましょう。

ホイールが大きいと安定感も増しますし、細いタイヤよりは太めのタイヤの方が地面との設置面が増えるので安定します。

また、ホイールだけでなく、ブレーキによる安定性も確認しましょう。

しっかりと瞬発力のあるディスクブレーキが主流ではありますが、とても大切な部分になるので必ずブレーキの性能や精度も確認することをおすすめします。

安定性を求めるために、リアセンターを長くすることで重心が取りやすくなり安定しますが、長くすればするほど重量が増えてしまうので注意が必要です。

スポンサードサーチ

トライアル式マウンテンバイクのおすすめ人気メーカー


出典:amazon.co.jp

おすすめのメーカーを3つご紹介していきます。

バイクに限らず、メーカーごとに特徴がありますが、自分に合うバイクを見つけるためにも、気になるメーカーの特徴や機能はしっかりと理解しておくことがおすすめです。

トライアル仕様のマウンテンバイクのおすすめ人気メーカーは以下の3つです。


  • GT

  • monty

  • cannondale

GT


街中で乗れるバイクからオフロードで通用するバイクまで、幅広いバイクを取り扱っており、多くの選手も使用しているメーカーの1つです。

アグレッサーやアバランチェなどの人気なモデルを筆頭に、幅広い競技や世代に人気があります。

マウンテンバイクといえばGTと言われているほど、人気に高いメーカーですが、精度も高く乗り心地が良いことが大きな特徴で、独自の構造のフレームによってバランスよく安定感や精度の高さ、軽量性や高い耐久性や剛性を兼ね備えているメーカーでもあります。

初心者でも使いやすいバイクも取り扱っているので、まずはしっかりしたバイクで基礎を固めていきたい方にもおすすめのメーカーでもあります。

競技などで使用しても恥ずかしくない一流メーカーです。

monty


スペインの人気メーカーであり、初めてバイクをやってみようとしている方には知らない方も多いかもしれません。

強度や耐久性を重視したモデルを比較的多く取り扱っており、軽量なものを探している方よりは安定感やパワーのあるバイクを探している方におすすめです。

重量は、かなり軽量とは言えないものの、乗り心地や走り出しは軽く、すっきり乗ることが可能なバイクを多く開発しています。

初心者でバランス感覚を身に付けたい方や、重心が安定するバイクを探している方は、ぜひ試乗してみてください。

価格もそこまで高過ぎるわけではないので手が伸ばしやすく、おしゃれな見た目も人気の理由です。

初心者はもちろん、女性や男性、世代を問わず、いい意味で乗る人を選ばないメーカーです。

cannondale


こちらもマウンテンバイクの中では、とても有名なメーカーの1つで、ホイールなどの部品も幅広く取り扱っているメーカーです。

高品質で性能も高いことが特徴で、リアサスペンションマウンテンバイクを初めて生産した歴史あるメーカーでもあります。

アルミニウムのバイクを多く開発しており、軽量性にも特化しているバイクが多く、女性にも人気があります。

価格も高すぎるわけではないため、初期投資を少し抑えたい方や学生にも手が伸ばしやすいメーカーの1つです。

初心者でもメンテナンスに挑戦しやすいメーカーでもあり、好みに合わせてコーディネートしたり、改造したりできるのではないでしょうか。

トライアル式マウンテンバイク人気おすすめ10選!


では、実際にバイクを見ていきましょう。

先程の選び方やメーカーの特徴を意識しながら、ぜひ参考にしてみてください。

特に初心者の方は、どんなバイクが自分に合っているのかわからない方がほとんどだと思うので、気になった商品は口コミも見てみましょう。

GT マウンテンバイク MTB AGGRESSOR SPORT (27.5) レッド 2019 Mサイズ

GT マウンテンバイク MTB AGGRESSOR SPORT (27.5) レッド 2019 Mサイズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
価格 51,800円
カラー レッド
素材 アルミニウム
インチ 27,5インチ
生産国 記載なし

安い金額で手に入る有名なGTバイク


ロードバイク界では有名なメーカーである「GT」ですが、比較的安い金額で購入できるにも関わらず、製品の良さや扱いやすさなど、多方面から良い口コミや信頼の声が上がっているメーカーです。

インチは27,5インチと、今日ご紹介した3つのインチのなかに該当しないことも特徴ですが、安定感があり、初心者でも乗りやすいバイクになっています。

オフロードで使用できることはもちろん、街乗りもすることができるバイクで、トライアルだけでなく、サイクリングなども楽しみたい方にもおすすめです。

ハンドルも運転しやすく、耐久性や剛性を高める構造になってることも特徴です。

21Technology 【21テクノロジー】 マウンテンバイク 軽量アルミフレーム26x1.95 シマノ製21段変速 EZファイヤーシフト 前後ディスクブレーキ エルゴグリップ 前輪クイックレリース 軽量アルミ鍛造パーツ ZOOMフロントサスペンション シフトワイヤー内蔵フレーム 全3色 〔GT600〕

21Technology 【21テクノロジー】 マウンテンバイク 軽量アルミフレーム26x1.95 シマノ製21段変速 EZファイヤーシフト 前後ディスクブレーキ エルゴグリップ 前輪クイックレリース 軽量アルミ鍛造パーツ ZOOMフロントサスペンション シフトワイヤー内蔵フレーム 全3色 〔GT600〕

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
価格 29,800円
カラー ホワイトブルー、マットブラックオレンジ、マットブラックレッド
素材 アルミニウム
重さ 14,2kg
生産国 記載なし

とにかくコストを抑えたい方必見バイク


「21Technology」の自転車やマウンテンバイクは、比較的価格が安いものが多く販売されていますが、マウンテンバイクをこの価格で購入できることで、人気が集まっているメーカーでもあります。

低価格でも、軽量性を重視して軽やかに走り続けられるようなバイクになっており、付属品の多さも注目されている部分です。

ギアの変速も安くても問題なく使用できます。

26インチなので女性には重いと感じる方も多いかもしれませんが、比較的軽量なバイクです。

タイヤが大きいことで安定性の高さが特徴的なバイクなので、バランスを取りやすく上達しやすいバイクとも言えます。

RayChell(レイチェル) 20インチ BMX BM-20R ジャイロ機構ハンドル スチール製ペグ付属 ホワイト/オレンジ [メーカー保証1年]

RayChell(レイチェル) 20インチ BMX BM-20R ジャイロ機構ハンドル スチール製ペグ付属 ホワイト/オレンジ [メーカー保証1年]

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
価格 25,499円
カラー ホワイトオレンジ
素材 スチール
重さ 14,4kg
生産国 記載なし

20インチで自由自在に乗り回せるバイク


20インチなので小回りが効くだけでなく、跳ねることや様々な動作がしやすいこともメリットのバイクです。

競技のために再現されたバイクで、ジャイロ機能というハンドルを360度回転させても、ワイヤーが絡まない機能が搭載されていることによって、より自由に乗ることができるようになっています。

本当にアクロバティックで使用する目的として、販売されているバイクなので普通のマウンテンバイクでは体験できないような自由な乗り心地を体感することができるでしょう。

ハンドルも立った状態で扱いやすいものになっており、初心者にも使いやすいバイクの1つです。

自転車 bmx STOLEN ストーレン STEREO REDRUM 20インチ 完成車 完全組立 S066

自転車 bmx STOLEN ストーレン STEREO REDRUM 20インチ 完成車 完全組立 S066

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
価格 50,240円
カラー ブラック
素材 スチール
重さ 11,79kg
生産国 台湾

軽量さとおしゃれさを兼ね備えたバイク


車体が軽いことが特徴で、重量による安定感は期待できないものの、車体の扱いやすさやペダルを踏み込んだ時の軽さやスピード感は抜群なバイクです。

ハンドルも立った状態で扱いやすいものなので、初心者にもおすすめですし、完成した状態で届けてくれる部分も初心者にはありがたいメリットです。

全世界で沢山の方が愛用しているメーカーであるため、信頼感や安心感もあるメーカーです。

車体のバランスだけでなく、細かいのデザインもおしゃれで人気の理由です。

少し値段は張ってしまいますが、軽量さとおしゃれさを持っているバイクを探している方におすすめです。

2019モデル マリバイクトライアル 新車 20 INCH 赤

2019モデル マリバイクトライアル 新車 20 INCH 赤

Amazonで詳細を見る
価格 90,000円
カラー レッド
素材 アルミニウム
重さ 記載なし
生産国

トライアルのためのバイクを探している方必見


トライアルの自転車の特徴でもある、サドルがないバイクです。

サドルがないので、座ることができず普段の生活の中で使用することができませんが、トライアルではとても活躍してくれるバイクです。

記載されてはいませんが、20インチで素材はアルミニウムのため比較的軽い自転車になっています。

しかし、車体はしっかりと下に重心がおかれているので、安定感もあるバイクです。

初心者でもトライアル専用のバイクがほしい方でも乗りやすいのではないでしょうか。

タイヤやハンドルも自分好みに部品をコーディネートしていくのも楽しみですね。

(BMX ストリート フルクロモリ) COLONY Emerge (Gloss Black/Gold)

(BMX ストリート フルクロモリ) COLONY Emerge (Gloss Black/Gold)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
価格 69,800円
カラー グロスブラックゴールド
素材 フルクロモリ
重さ 11,5kg
生産国 記載なし

ハイスペックなバイクを求める方におすすめ


ハンドルやフレームに、強度が高いフルクロモリを使用していることで、耐久性や剛性が高くなっているバイクです。

初心者にもおすすめのバイクとして、人気があるモデルでもあります。

一度しっかりと組み立てられた後、ハンドルやサドルなどの部品をはずした状態で配送され、自分で好みに合わせて高さなどを調整するだけで、乗ることができますし、調整も初心者でも簡単にできるものになっています。

20インチで、重量が軽いことも特徴です。女性でも扱いやすいバイクです。

折りたたみ BMX X-206 20インチ 6段変速 自転車

折りたたみ BMX X-206 20インチ 6段変速 自転車

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
価格 24,299円
カラー ブラック
素材 スチール
重さ 14,8kg
生産国 記載なし

折り畳めるトライアル自転車


ノーブランドですが、折り畳んで収納することができるバイクです。

トライアルは激しい動作や衝撃も多いため、できれば折り畳み式でない方が耐久性や剛性の観点からはおすすめですが、収納スペースに限りがある方や、街乗りのバイクと併用して使いたい方におすすめのタイプです。

折り畳みでも、リアサスペンションがしっかり着いているので問題なく使用できます。

マウンテンバイクとしても使用できますし、機能性も剛性も一切の妥協なしで作られたモデルで、口コミも好評なものが多く人気があるバイクです。

KUWAHARA(クワハラ) BMX KZ-01 6th マットブラック

KUWAHARA(クワハラ) BMX KZ-01 6th マットブラック

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
価格 73,440円
カラー ブラック
素材 記載なし
重さ 記載なし
生産国 記載なし

スムーズな乗り心地の本格的バイク


本格的なバイクとして、人気があるモデルの1つです。

ブレーキには信頼性も高い定番のモデルを使用して、しっかりとブレーキを効かせてくれます。

そして、シールドベアリングをハブ部分に採用していることで、スムーズな回転を実現させ、乗りだしはもちろん、スピードの維持なども楽にすることができます。

重量や素材に明確な表記がないため、素材や軽さを重視したい方は、確認してから購入することをおすすめします。

ハンドルも立った状態で扱いやすいモデルになっており、自分の好みの高さに調節も簡単にできるモデルです。

ファットバイク FAT BIKE 24インチ 6段変速ギア付き

ファットバイク FAT BIKE 24インチ 6段変速ギア付き

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
価格 44,000円
カラー ブラックグレー、マットブラック、ブラックライム
素材 記載なし
重さ 記載なし
生産国 記載なし

24インチの安定感と初心者にも乗りやすいモデル


最近、話題になっているメーカーでもありますが、安定感抜群の車体と太いタイヤが特徴で、初心者でも乗りやすいバイクです。

その分、重量は重くなってしまう傾向にありますが、ある程度重量がほしい方にはおすすめです。

乗っているだけでおしゃれなデザインも人気で、年齢や性別問わず人気があるバイクでもあります。

メーカーのなかには10万円を超える高いバイクも多数販売されていますが、コストを抑えてもしっかりしたバイクに乗ることが可能です。

一勝堂(Isshoudou) 【BMX】20インチFREESTYLEジャイロセットでトリックにも最適な4本ペグ、Uブレーキ装備(リヤのみ)本格派で目だつCPメッキ塗装(競技専用モデル) B300 CPメッキ塗装 20インチ

一勝堂(Isshoudou) 【BMX】20インチFREESTYLEジャイロセットでトリックにも最適な4本ペグ、Uブレーキ装備(リヤのみ)本格派で目だつCPメッキ塗装(競技専用モデル) B300 CPメッキ塗装 20インチ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
価格 49,248円
カラー ブラック
素材 記載なし
重さ 9,9kg
生産国 記載なし

かなり軽量なジャイロバイク


他のバイクと比較して、飛び抜けて軽量なバイクです。

20インチながらもタイヤの太さで安定感をしっかりと体感できるモデルです。

金額も高過ぎないバイクですが、ジャイロの機能がハンドル部分に備わっているので、くるくると回すことができ競技用におすすめのバイクです。

リアブレーキのみのブレーキと4本のペグで、トリックにも最適なバイクに仕上がっています。耐久性も高いバイクです。

本格派なバイクで、本格的に競技を始めたい方におすすめです。

スポンサードサーチ

トライアル仕様のハンドル人気おすすめ5選!


次は、トライアル仕様のハンドルを見ていきましょう。

改造を考えている方もぜひ、参考にしてみてください。

ハンドルは自分自身が直接さわる部分でもあるため、とても重要なパーツでもあります。

特徴などを参考にしながら、見てみてください。

レア スペシャライズド( Specialized) アルミ フラットバー Φ25.4mm/600mm 6度 ブラック

レア スペシャライズド( Specialized) アルミ フラットバー Φ25.4mm/600mm 6度 ブラック

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
価格 2,380円
カラー ブラック
素材 アルミニウム
重さ 275g
生産国 記載なし

頑丈でトライアルにおすすめハンドル


アルミニウムでできていることで、剛性や耐久性が高いハンドルになっています。

軽量なことも特徴で、軽々ハンドルを切ったり操りやすいモデルになっています。

少し細身のデザインになっていて、スマートなハンドルですが、体重をしっかりかけることができます。

長さもあるモデルで、トライアルやダウンヒルにおすすめのハンドルとして作られているモデルなので、初心者にも使いやすいハンドルです。

値段も購入しやすい金額なので、お試しや初めての改造ハンドルとして購入してみてはいかがですか?

Bazooka(バズーカ) JUSTライザーバー 740mm ブラック

Bazooka(バズーカ) JUSTライザーバー 740mm ブラック

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
価格 6,298円
カラー ブラック、ピンク、オレンジ、グリーン
素材 アルミニウム
重さ 290g
生産国 記載なし

品質をこだわりたい方におすすめ


1990年に誕生したブランドで、低価格で高品質なものを販売していることが特徴のメーカーです。

品質にこだわって部品を購入したい方や、トライアル技術を向上させたくて部品を買い換えたい方におすすめです。

軽量で扱いやすいだけでなく、品質が良いので力がハンドルからタイヤに伝わりやすく、初心者でもどんどん技術が向上していくようなハンドルです。

技術のやりやすさは格段に上がります。

耐久性も高いので、値段も5,000円以上しますが、長く使えるようなハンドルです。

サンデーストリートスウィーパー ハンドルバー4個 9.5 ブラック

サンデーストリートスウィーパー ハンドルバー4個 9.5 ブラック

Amazonで詳細を見る
価格 24,932円
カラー ブラック
素材 記載なし
重さ 記載なし
生産国 記載なし

耐久性も高く、デザインもかっこいいハンドル


デザインがかっこいいハンドルで、人気があるメーカーでもあります。

立った状態でもハンドル操作がしやすいモデルなので、立った状態が多いトライアルにもおすすめのハンドルです。

耐久性が高いだけでなく、防錆仕上げされていることも特徴で、外の競技であるトライアルでも錆の心配なく使用することもできますし、メンテナンスのしやすいハンドルです。

4ピースバーで安定性も高いハンドルなので、どんな動作でも練習しやすく、本番でもやりやすいのではないでしょうか。

また、ジャイロ機能が着いているバイクにおすすめのハンドルの形でもあります。

Ciari Crossbow cm775 7.75ハンドルバーホワイト

Ciari Crossbow cm775 7.75ハンドルバーホワイト

Amazonで詳細を見る
価格 21,149円
カラー ホワイト、ブラック
素材 クロモリ、スチール
重さ 254g
生産国 記載なし

クロモリで耐久性の高いハンドル


値段も高めのハンドルですが、大きな特徴は素材です。

耐久性の高い素材であるクロモリを使っているため、軽量でもかなり耐久性や剛性が高いハンドルに仕上がっています。

最大強度重量比になっているので、軽さと強度をどちらも選びたい方におすすめのハンドルです。

ハンドルのフォルムも楕円形のような、丸みを帯びた形に設計することによって強度も上がりますし、乗っている時の衝撃などもなるべく減らしてくれるように作られています。

なかなかハンドル本体におしゃれという概念は少ないですが、ロゴなどのペイントも選ばれるポイントの1つです。

ODYSSEY 49er ハンドルバー

ODYSSEY 49er ハンドルバー

Amazonで詳細を見る
価格 17,130円
カラー ブラック
素材 記載なし
重さ 記載なし
生産国 記載なし

安定感もあるハンドルを探している方におすすめ


有名なメーカーでもある「ODYSSEY」から販売されているハンドルです。

伝統的な4ピースバーが特徴で、安定感も増しますし、自分の体もしっかりと支えてくれるようなハンドルです。

強度を高めることが目的で作られており、より大きな半径曲がりに作ることで従来のハンドルよりも耐久性を高く仕上がっています。

溶接後の熱処理でより耐久性を上げて、作られているので激しい動作が多いトライアルにもおすすめのハンドルですし、こちらのハンドルも立った状態でのハンドル操作がしやすいモデルになるので、初心者にもおすすめのハンドルです。

まとめ


今回は、トライアルとは何か、バイクの選び方などを人気のおすすめバイクと一緒にご紹介してきましたが、いかがでしたか?

実際、改造を考えている方は難しいかもしれませんが、自分のバイクがより一段と大切になりますよね。

ぜひ、バイクトライアルについての知識を増やして楽しみながら競技に参加したり、トライアル仕様にチャレンジしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定