あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
basketball

【2020年最新版】トラベリングの回避方法とルール改定の特徴を徹底解説

スポシル編集部

公開日 :2019/08/15

更新日 :2020/01/29

バスケットボールにはいろいろな反則があります。
この記事では、バスケットボールの反則のひとつであるトラベリングについて解説していきます。

トラベリングをしない様にプレーするのはバスケットボールをプレーする上では最も基本的なことと言えます。

しかし、初心者の方にはトラベリングは少しわかりづらいルールかもしれません。
また頭でわかったつもりでも初心者の方は無意識にトラベリングをしてしまいがちです。

今回この記事では、トラベリングについて動画も使って分かり易く解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

バスケのトラベリングの基準と由来とは

トラベリングとは簡単にいうと「ボールを持って3歩以上歩いてはいけない」というバスケットボールのルールです。
違反すると相手ボールになります。

これぐらいであれば体育の授業でも習うレベルですが、実際には初心者にはわかりにくい基準もあります。
それは、ドリブルを止めた時、パスを受けた時などボールを持った場所で止まった時のトラベリングの基準です。

この場合は、ボールを持った時に最初に着いた足、いわゆる軸足が基準なります。
注意すべきはつま先で、軸足のつま先が着地点から動かなければトラベリングになりません。


軸足のつま先がずれたり、浮いてしまうと即トラベリングです。
ただし、軸足の反対の足は動いても構いません。

ちなみにトラベリングの由来は「巡回する」「移動する」という意味から、
一か所にとどまらず動いてしまうためトラベリングという反則の名前になっています。

動画で見る!バスケのトラベリングを回避する練習方法

実際に動画を見てみましょう。トラベリングになる人とそうでない人の違いがわかりますか?

トラベリングをしている人はドリブルするまでに軸足が動いていたり、
足の裏が滑って着地地点からずれて動いていますよね。軸足がほんのちょっとずれてもトラベリングです。

動画ではボールを保持している間はつま先が着地点から動いていませんよね。

動画でも言っていますが、トラベリングになってしまうのは、べた足になっていることが大きな要因の一つです。

トラベリングを回避するにはべた足を回避するためには体の重心が低くすることが重要です。

体の重心を低くするには膝をしっかり曲げる必要があります。
つまり膝をしっかり曲げ、つま先に体重をかけるように意識することがトラベリング回避の一番の対策になります。

初心者の方は重心を低く、膝を曲げることを意識して練習しましょう。

スポンサードサーチ

2019年最新版!トラベリングのルールが改定!?

実は2018年にトラベリングのルールの改定がありました。
端的にいうとトラベリングの判定が緩くなりました。

簡単に言えばドリブルを止めるときやパスを受ける時にトラベリングかどうか曖昧な場合は、
トラベリングでなかったことにしてしまうという改正です。

今まではルール上はボールを保持した時と同時に踏んだステップを1歩目としていたのを“0歩”と数え、
次のステップを1歩目とカウントするようになったということです。

今までも微妙な場合はプレーの流れでトラベリングを取らない場合がありました。
審判によるところもありましたが、これを正式なルールで許す方向で改正されました。

ただし、ジャンプしてボールを保持、
その後ステップと言うようにボールの保持とステップの動作がはっきり区別できる場合は今まで通りです。

まとめ

バスケットをプレーするにはトラベリングをしないということがまず基本中の基本です。

初心者の方はぜひこの記事を参考にトラベリングについてより理解を深め、
プレーのレベルアップを目指していただきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定