あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
canoeing

カヌーのスラロームの種類と競技の特徴を解説【オリンンピック種目!?】

スポシル編集部

公開日 :2019/08/14

更新日 :2020/05/11

ここでは、カヌーのスラロームについて紹介しています。
スラロームはオリンピック競技にも採用されていることもあり、
メディアに取り上げられることも多いです。スラロームとはどのような競技なのか知りたい人は参考にしてください。

スラロームは実際の川を使ってコース作りをされることもありますが、
人工の施設をつくることもあります。
一定区画内に二本のポールが立てられており、その間を通過しながらいかに早くゴールするかを競う競技です。

目次

スポンサードサーチ

カヌーのスラロームとは

カヌーのスラロームとは、ポールの間を通過しながらゴールを目指すカヌーの競技であり、
マリンスポーツとしては有名なスポーツでもあります。

急流下りを想像することで競技内容をイメージしやすいです。
上半身の筋力を必要とする競技でもあるため、重点的に上半身を鍛えることをおすすめします。

また、スラローム選手の特徴として利き腕だけの筋肉量が増加しているため、左右の腕が違います。
日本国内ではスラロームの練習ができる場所が少ない傾向があります。

カヌーのスラロームの種類

カヌーのスラロームには2種類に分けることができ、それぞれの種類には違いも存在しています。
カヌーの競技に参加する場合は自身がどちらの競技に適しているかを把握することをおすすめします。


  • カヌーカヤック

  • カナディアンカヌー

カヤックとは、長いボードであり、ボード内には乗り込むような形になります。
そのため、ボード内に水が侵入しにくいメリットがありますが、乗り込みにくいデメリットがあります。

また、ゆったり乗ることができず、下半身がほぼ固定されます。
細長い特徴があり、バランスが取りにくいデメリットがありますが、
その分スピードが出やすいです。

スラロームに挑戦する場合は素早く操作できますが、細長いため、
方向転換ができにくい特徴もあります。上級者用のボードとして利用されます。

カナディアンカヌーとは、一般的にカヌーのことを示しており、
スラロームでも使用されることもあります。

しかし、ボード内に水が侵入しやすいデメリットもあります。
カヤックよりも安定性にすぐれている特徴がありますが、スピードが出にくいデメリットもあります。

主に、水上のレジャーとして使用されることが多く、
ボードの上から釣りを楽しむことも可能です。

安定性に優れている特徴もあるため、初心者の方でも比較的簡単にボードに乗り込むことができます。

スポンサードサーチ

カヌー スラロームはオリンピック種目!?

カヌーのスラロームはオリンピック種目でもあり、
東京オリンピックでも採用されている競技でもあります。

そのため、最近注目されている種目でもあり、日本人選手も参加します。
特別な会場が併設されており、スクラローム選手としては念願の会場でもあります。

オリンピック種目に採用されていることもあり、多くの選手がスラロームを行っています。
オリンピックが開催される時にはスラロームの種目にも注目してみてはいかがでしょうか。

カヌースラロームの競技ルール

  • 競技エリア

  • カヌーの競技エリア内には約200m間隔で二本のポールが立てられています。

    二本のポールの間隔は2m前後であり、その間を通過する必要があります。

    基本的に上流から下流に下りますが、下流から上流に上るようなコースになっている場所もあります。

  • 勝敗

  • スラロームの勝敗は、いかに素早くゴールに達することができるかを競技します。

    しかし、早くゴールするだけではなく、全てのポールを通過することが求められます。

    途中で転覆したり、ポールを通過できないと減点対象にもなります。

    スポンサードサーチ

    カヌースラロームの有名選手は?

    羽根田卓也は愛知県出身のスラローム選手であり、
    日本国内で最も有力な選手の一人でもあります。
    小さいころからスラロームを行っており、スポーツ一家であったことから頭角を現しています。

    アジア大会では2度金メダルを取得しており、オリンピックでも銅メダルを取得している実績があります。
    実力があるだけではなく、外見がイケメンなこともあり、多くのメディアにも取り上げられています。
    そのため、女性からの人気も高い特徴があります。

    矢澤一輝選手は兄妹でスラロームを行っており、
    どちらも実力のある選手に成長しています。
    矢澤一輝選手は、坊主頭がトレードマークであり、目につきやすい特徴があります。

    スラロームの選手であり、僧侶でもあるかなり珍しい組み合わせの人物でもあり、
    日本選手の中でも上位の実績を残している有力な選手でもあります。小さいころからスパルタ教育を受けていた経歴の持ち主です。

    矢澤亜季は矢澤一輝選手の妹であり、女性選手の中でもかなり実績と実力がある選手でもあります。
    兄の影響でカヌーを始めており、ジュニア時代からメキメキと実力を高めていました。

    そのため、ジュニア選手権では4連覇しており、
    世界選手権にも選ばれている実績もあります。
    国体では兄妹で優勝した経歴がありますが、就職先がなかなか見つからなかったこともありました。
    しかし、現在では後援会が発足しており、安定して競技の練習が行えようになっています。

    ダニエレ モルメンティ選手はイタリア出身であり、
    11歳のころからスラロームを行っています。

    ジュニア時代からも活躍しており、成人してからも活躍しています。

    ロンドンオリンピックでは金メダルを獲得した実績もあり、有名な選手でもあります。
    他の海外選手から比べると小柄な選手ですが、
    小柄なことを活かしてた戦法を得意としています。
    これからも活躍が期待できる選手であり、今後のオリンピックでも注目されている選手でもあります。

    まとめ

    カヌーには、さまざまな競技があり、スラロームもその一つでもあります。
    カヌーの競技の中でスラロームが花形の競技でもあるため、
    メディアに取り上げられることが多いです。

    カヌーの競技を把握して楽しく観戦してみてはいかがでしょうか。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    SPOSHIRUおすすめ情報!

    こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

    ストレスフリーの超快適マスク!

    すぐ乾くからムレにくい

    スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

    何度も洗えるから臭わない

    毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

    購入はこちら!

    整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

    崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

    TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

    立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

    また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

    足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

    購入はこちら!

    監修アスリート

    アスリートをもっと見る
    スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定