あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

サッカーにおけるシャドーという選手とは?ボランチとの違いやシャドーの動き方を徹底解説

スポシル編集部

公開日 :2019/08/14

更新日 :2020/06/25

サッカーにおけるシャドーというポジションの選手は前線のFWの後ろ目に位置する選手です。

攻撃の起点となりチームを勝利に導くために、シャドーに必要な要素を解説していきます。

また、その中でも特に必要とされるテクニックに関して動画付きで解説しています。

さらに、それほど言われることのないシャドーの守備に関しても今回はフォーカスしています。シャドーが守備にもたらす影響も攻撃同様大きいのです。

この記事を読むことで、シャドーについてより理解を深めることができると思います。

目次

スポンサードサーチ

サッカーにおけるシャドーのポジションとは?

シャドーとはオフェンシブミッドフィルダーとフォワードの中間的なポジション(シャドーストライカー、セカンドトップ、1.5列目)に位置する選手のことを言います。

トップともトップ下とも形容し難いポジションで、相手にマークされにくいエリア(DFがマークするのかMFがマークするのか迷うポジションであるため)でプレーします。

そこで影のように隠れつつ急に顔を出しプレーに関わったりすることからシャドーと言われます。

攻撃に変化を加えて、フィニッシュの局面で違いを生み出すことが求められます。

サッカーで重要なシャドーの役割

ボールを受ける

シャドーは相手DFラインとMF間(バイタルエリアでボールを受けることが重要な役割となります。そのような場所でボールを受けると決定的な場面を作りやすくなります。

バイタルエリアでフリーで受けることができるだけでもスルーパスやシュートが可能となり大きなチャンスになります。

また、受けることで相手が守ろうとボールホルダーに集結するので、違う場所で大きなチャンスとなりうるスペースが生まれてきます。

そのような理由からもバイタルエリアを主戦場とするシャドーの選手は攻撃の起点になり易いですし、そうなるべき選手なのです。

攻撃に必要なアシスト

シャドーはセンターフォワードへのアシストが求められます。

ボールを受けるときはフォワードから少し下がった場所でボールを受けることが多いため、必然的に自分の前方にポジションを取るフォワードへのスルーパスする機会が多くなります。

そして、自分がボールを受けると、相手DFは多くの場合DFラインを崩して奪いに出てきます。

つまりそれは、DFラインに穴が開き、スルーパスのチャンスが生まれるということ。そこで決定的なスルーパスを通すことができれば、多くのゴールを量産することが可能となります。

ファーストディフェンス

ファーストディフェンスとはチームでボールを奪いに行く際に、最初にボールホルダーにプレッシャーに行く選手のことです。

ファーストディフェンスが激しくボールを奪いに行くことでボールを奪うチャンスが生まれるのはもちろんの事、奪えなくても相手の次のプレーを限定し、自分より後ろのDFが予測を利かせ守りやすくなります。

ポイントとしては相手にプレーを限定させれるように厳しくいことのほかに、チームの狙いをもとに追い込みたい方向に相手がボールを出させるような寄せ方をすることでチームのディフェンス力の向上に大きく貢献することができます。

素早い切り替え

シャドーの選手が素早く切り替えをすることでチームには大きなメリットが生まれます。

攻撃時に相手に捕まらない中途半端なポジションを取っているため、守備時に一番に素早くポジションを取りなおさなければ、守備の役割を果たすことがきません。

素早く切り替えることができると「攻撃時にはメリット/守備時にはデメリット」となるアンバランスさが解消され、しっかりとした守備組織を作り出すことができます。

また、攻撃時に影のようなポジションを取っている
シャドーの選手が、守備になった瞬間にその見えないポジションから奪いに飛びしに来られると、相手DFからすれば失うリスクも生じます
し、失わないまでも正しい判断をする時間を奪われミスを誘われます。

そのような理由からシャドーはとにかく早く切り替えるべきなのです。

スポンサードサーチ

【これは身に付けたい!】サッカーにおけるシャドーの選手の動き

シャドーの選手の動き①

シャドーは相手にとって危険なエリアでプレーするため、それだけ激しくプレッシャーも受けるポジションです。

なので、相手の厳しいプレッシャーを逆手に取り、背負いながら入れ替わることのできるターンは身につけておきたい技術です。

ポイントとして、このターンを成功させるためには受ける前に相手DFと駆け引きをしておくことです。

相手プレッシャーをもろに受けるのではなく、駆け引きを行い、少しでも優位な状況でボールを受けることが大切です。そして正確なボールタッチと体を相手に預けながら回るような、しなやかな身のこなしが大切です。

動画を見てもわかりますが、相手と駆け引きをしながら相手より一瞬早く降りて、わずかに遅れてボールを奪いに来る相手に対して体を早めに預け、相手の力を利用しターンをして入れ替わっています。

ターンの際のボールタッチも相手の届かないスペースへコントロールされている、素晴らしいターンです。

シャドーの選手の動き②

ゴール前では十分な時間とスペースを与えてもらえない現代サッカーにおいてライン間にすっとポジションを取り、そこでターンをして一気にゴールを目指すプレーもシャドーには求められます。

このプレーを成立させるためには相手にカットされないような鋭い縦パスが必須でその縦パスを完璧にコントロールできるテクニックが絶対条件となります。

コントロール後も相手に追いつかれないよう鋭い加速で前方に侵入していき、一気にゴールへ迫ります。

動画でも素晴らしいコントロールからの鋭い侵入、さらに一度は追いつかれつつも体をぶつけながらボールを守り、そのままシュートをゴールへ突き刺した非常にハイレベルなゴールです。

【サッカー日本代表の見習うべきシャドー】香川真司

香川選手が素晴らしいのは常にゴールを意識しているという点です。

シャドーの選手の中にはボールを受けることが目的化してしまい、相手に脅威を与えることのできないシャドーもいます。

しかし香川選手はゴールというサッカー最大の目的を常に持ちながらシャドーの役割を務めることができます。

動画でも相手DFがボールを前に奪いに行ったのを逆手に取り、その背後へとランニングをしてボールを引き出しています。

1.5列目から空いた背後へのランニングもシャドーの重要な役割です。

スポンサードサーチ

まとめ

シャドーの役割をまとめてみました。

攻撃的な選手はセンスと言われることも多いですが、このように役割や必要な技術など細かく噛み砕いて知識として入れることでパフォーマンスの向上は望めます。

サッカー理解を高めることで才能・センスにも太刀打ちできるはずです。

この記事をきっかけに、攻撃の起点となりうる重要なポジション「シャドー」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定