あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
cross bike

クロスバイクの平均スピードとスピードを出すコツ

スポシル編集部

公開日 :2019/08/13

更新日 :2019/08/13

この記事では、クロスバイクの平均スピードはいくらなのかを紹介しています。
また、スピードを出すコツも紹介しているため、クロスバイクに乗っているにも関わらず、スピードを思うように出せていない人は参考にしてください。

クロスバイクに乗ってスピードが出せないことは、
クロスバイクのメリットを体験できていない証拠でもあるため、
改善することをおすすめします。

クロスバイクの構造のことを理解して快適に走行できるように心がけましょう。

目次

スポンサードサーチ

クロスバイクの平均スピードとは

クロスバイクの平均スピードは時速20㎞前後です。
このスピードはあくまでも一般人や初心者の方の平均スピードであり、
上級者や頑張ってペダルを漕げばそれ以上のスピードを出すことも可能で、40㎞で走行することも可能です。

スピードを速めるためにはさまざまなコツを掴むとともに、
時にはクロスバイク自体を改造する必要も出てきます。

通勤やツーリングで利用する場合はそこまでスピードにこだわる必要もないため、
平均スピードが出ていれば問題ありません。

スピードが出ない人必見!クロスバイクのスピードの出し方

クロスバイクを利用しているにも関わらず、思うようなスピードが出ずに悩んでいる人も多くいるのではないでしょうか。
上記でも紹介したクロスバイクの平均スピードよりも劣っている場合は、何かしらの原因があります。
下記に、スピードを出すためのコツを紹介しているので、参考にしてください。


  • ギアの使い方

  • 乗車姿勢

  • ペダリングの仕方

ギアの使い方

クロスバイクには一般の自転車よりも多くのギアが取りつけられている場合が多く、
スピードにも大きく影響が出るパーツでもあります。
ギアを切り替えることでペダルが重くなったり、
軽くなったりしますが、正しい使い方ができていない人も多くいます。
一般的に走りだしは、軽めのギアにしてスピードが出れば重いペダルにすることが多いです。
しかし、この方法を行っても平均スピードを出すことができない場合がもあります。
そのような場合はギア自体に問題がある可能性があります。ギアには小さいギアと大きギアがあり、
それぞれのギアの歯数が違います。それぞれの歯数の差が違うほどスピードが出やすい特徴があります。
クロスバイクのギアは48個と11個であり、このギアを取り付ければスピードが自然と速くなります。

乗車姿勢

クロスバイクは一般の自転車と異なり、乗った際の姿勢にも注意する必要があります。
走行すれば自然と風の抵抗を受け、スピードが出る邪魔をしてしまいます。

クロスバイクを走行させている際に最も風の抵抗を受ける場所は乗り手自身です。
そのため、乗り手自身が受ける風の抵抗を少なくすれば、スピードも速くなります。
小さい誤差と考えてしまいますが、風の抵抗がなくなるだけでかなりスピードに差が出ます。

無風の状態と向かい風の状態で走行していることを想像すれば分かりやすいです。
風の抵抗を少なくするために乗車姿勢が重要になり、前傾姿勢を維持することが求められます。
慣れるまで手や肩が痛くなってしまう可能性も高く、止まっている状態で前傾姿勢の練習をするように心がけましょう。

ペダリングの仕方

クロスバイクのスピードを速めるためには、
ペダリングの仕方をマスターすることも大切です。

ペダリングとはペダルを踏むことであり、クロスバイクに力を伝えるパーツでもあります。
ペダリングの仕方ならだれでもできると考えてしまいますが、ほとんどの人は正しいペダリングができているとは限りません。
ペダリングはただ単に下に踏み込むようにするだけでは無駄な力を入れていることになり、疲れやすくなってしまいます。
ペダルは円を描くように駆動するため、真下ではではなく前に踏みこむようにすれば力が伝わりやすいです。
また、ペダルが真下にある場合も後ろに蹴りだすようにすることも大切です。
初心者の方には身につけることが難しいスキルであるため、普段ペダルを漕いでいる最中も意識することをおすすめします。

スポンサードサーチ

クロスバイクにスピードメーターを取り付けて速度を測る

クロスバイクのスピードを出すためには、現在の速度を知る必要があります。
感覚で速度を確認することは曖昧であり、思ったよりも速度が出ていないことも多いです。

クロスバイクのスピードを知りたい場合はスピードメーターを取り付けることで精度の高いスピードを知ることができます。
スピードメーターでスピードを把握することでさまざまな工夫したことで実際にスピードが速まったのかどうかを確認できます。

本格的にクロスバイクに挑戦する場合は必要不可欠のパーツでもあるため、
購入しておいて損をすることはありません。

まとめ

クロスバイクに乗るのならスピードをある程度出さないと乗っている意味がありません。

必要以上にスピードを出すことは危険を伴いますが、最低でも平均スピードぐらいは出せるようにしましょう。
交通のルールを守りながら、クロスバイクのスピード感を堪能してみてはいかがでしょうか。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike