あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
バスケットボールbasketball

フリースロー成功率をあげるたった1つのコツとその練習方法を紹介

スポシル編集部

公開日 :2019/08/13

更新日 :2019/08/13

この記事では、バスケットボールのフリースローについて解説しています。
フリースローは、オフェンス側がシュート態勢に入っているときにファウルを受けたときに審判から与えられるルールです。

フリースローラインから、ディフェンスに邪魔されることなく
自分のルーティンでシュートが打てるのでしっかりと決めたいシュートです。

フリースローのポイントであるシュートの軌道やコツ、
効果的な練習方法などを紹介していますので、ぜひ参考にしていただき、
普段の練習の中に取入れてみてください。

目次

スポンサードサーチ

バスケのフリースローの距離と点数とは

バスケのフリースローとは、フリースローラインからディフェンスに邪魔されることなく、
シュートを打てるルールのことを言います。

フリースローは、オフェンス側がシュート態勢に入っているときに、
ディフェンス側がファウルをしてしまった場合に、オフェンス側に与えられます。

フリースローラインから、ゴールのバックボードまでの4.6m、
ゴールリムの中心までが4.225mの距離があります。
フリースロー1投につき1得点が与えられます。

バスケのフリースローが決まるフォームとコツとは

この動画ではフリースローのコツや練習法についてわかりやすく解説されています。
初心者の人でもわかりやすく紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.シュートのイメージが大切
シュートの軌道は山なりに打つことが重要です。

失敗する人のシュートの軌道は、
ゴールのリングに直線的な軌道になっていることが多いです。

2.フリースローラインからゴールボード左上4分の1にボールを当てる
シュートフォームは自分のフォームで構わないので、
シュートを打つ感覚で、ボードの左上4分の1に当てる練習を繰り返す。

そうすることで高くアーチを描く軌道を覚えましょう。

3.フリースローラインからゴールボード左上4分の1にボールが届かない場合
シュートがどうしても届かない場合は、
まずシュートの飛距離を伸ばす練習を行いましょう。

例えば、シュートのタイミングを掴む練習や手首を強化するトレーニングをして飛距離のアップを目指しましょう。

4.ゴールボードの上4分の1にシュートが届くようになったら
フリースローラインからシュートを打つ練習をしてみましょう。
コツは、4分の1に当てたときのように、シュートを上に打つことです。

繰り返し練習し、脳と身体にシュートの軌道を覚えさせましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

ここまで、バスケのフリースローについて解説してきました。
フリースローは、オフェンス側がシュート態勢に入っている状態で、
ファウルをされたときに適用されるルールです。

フリースロー1投につき1得点が与えられます。
フリースローのコツは高く、アーチを描く軌道でシュートを打つことです。
シュートの基礎ともいえるのでしっかりと決められるように練習しましょう。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike