あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
other

シーバー病に悩む人たちのためのストレッチ方法をご紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/08/13

更新日 :2019/08/13

突然ですが、皆さんは「シーバー病」という足のケガを耳にしたことはありますか?

シーバー病とは簡単に言えば「かかとに痛みが起こる足の病気」で、運動を頻繁にする方は注意が必要です。

日々、ストレッチなど足全体のケアをしなければ、知らぬ間に痛みが起こってしまうことにつながります。

今回はシーバー病の改善方法の中でも、誰でも簡単にできるストレッチを紹介していきます。

まずはシーバー病の基礎知識を理解し、後半からストレッチの方法を解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

スポンサードサーチ

シーバー病とは?

【シーバー病】とは、かかとの踵骨という部分に起こるケガのことです。

正式名称を「踵骨骨端症」といい、症状はかかとの痛みや歩行時の痛みが代表的です。

主に運動中の痛み、そして運動後の痛みがなかなか引かないこともシーバー病の特徴の一つです。

シーバー病の症状と原因

シーバー病になる原因としては、かかとを含めて足全体を激しく動かすサッカーや野球などのスポーツをやっていることが挙げられます。

足を動かした時にかかとの軟骨部がアキレス腱及び足底筋膜という部位に引っ張られることによって炎症が起こり、痛みが起こるというメカニズムのようです。

スポンサードサーチ

成長期の子供に多いシーバー病

上記のシーバー病が多いのは特に10歳ごろの成長期の子供とされています。

通常、成人になるとかかとの成長軟骨はなくなり、一つのしっかりとした骨だけで形成されるようになります。

しかし、成長期の子供はまだ柔らかい成長軟骨が残っていてかかとの発達の度合いが弱いため、運動によって引き起こされるアキレス腱や足底筋膜の力で炎症が発生しやすいのです。

シーバー病はどのようなスポーツにおいても可能性のある病気になります。

しかし、とりわけ激しい運動を必要とするサッカーや野球、バスケットボールなどで発症しやすいのが特徴です。

【シーバー病の痛みの改善方法①】アキレス腱のストレッチ

シーバー病はアキレス腱が付着しているかかとの骨に負荷がかかり、そこにアキレス腱の引っ張る力が加わることで起こります。

アキレスが硬いと、よりかかとの骨を引っ張る力が強くなってしまうので、ストレッチをする必要があります。

【方法】
①片方のひざを曲げて、片方は完全に地面につける
②曲げた膝の方は前方に向かってかかとをつけながら体重をかける
③②の状態を左右で20~30秒キープさせる

【ポイント】
かかとを浮かせてしまうとアキレス腱が伸びないので、絶対にかかとを浮かせないことです。

スポンサードサーチ

【シーバー病の痛みの改善方法②】足首のストレッチ

実はシーバー病は元々はかかとに原因があるわけではなく、他の部位の筋膜が炎症を起こしていることから発生します。

特にふくらはぎの筋肉はかかとから膝の裏までつながっていることからシーバー病と大いに関係があり、ふくらはぎが硬いとかかとをいくら治療しても治りません。

そこでこれから紹介するストレッチは足首を柔らかくすることを目的とします。足首をストレッチすることによって同時にふくらはぎをまんべんなく柔らかくできるので、ぜひ覚えておきましょう!

【方法】
①右足を左膝の上に乗せる
②右手でくるぶしの上を少しつかむ
③左手でつま先を持ち、足を大きく20回前に回す

【ポイント】
足首は捻挫しないよう無理やり回さず、回る範囲だけで行います。また、姿勢が良くないと効果が半減してしまうので、なるべく背筋を伸ばして前を見ます。

【シーバー病の痛みの改善方法③】青竹踏みを使ったストレッチ

シーバー病を改善するためのふくらはぎのストレッチとして、青竹踏みを使った方法も効果的です。同じくふくらはぎを柔らかくするので、シーバー病にも効果的です。

青竹踏みがない場合はハーフロールを使っても構いません。

【方法】
①右足を床につけ、体重を支える
②左足を青竹踏みの上に置く
③ゆっくりと左足に体重をかけ、深呼吸をしながら左のふくらはぎをストレッチする

【ポイント】
③を行った時にふくらはぎ全体の筋肉が張った感覚があれば上手くストレッチできています。

スポンサードサーチ

【シーバー病の痛みの改善方法④】ゴルフボールを使ったストレッチ

シーバー病を引き起こす根本的な原因として足の「アーチ」の崩れが関係していることが多いです。

そもそも足は通常、弧の形を描くように骨格が走っています。弧の形をキープすることで地面から足にかかる衝撃を抑えることができます。

しかし、激しい運動や変な歩き方により、足のアーチが崩れると次第に足は衝撃を受けやすくなり、何らかの脚の部位に炎症が起こります。

これから紹介するストレッチはゴルフボールを使って足のアーチを崩さないようにすることを目的としています。

【方法】
①イスに座り、ゴルフボールを足の真ん中より少し上に当てて握りこむ
②ボールを足ではさみ、足の裏の中心に向かって足全体を握りこむ
③足の甲にゲンコツができるように力を込め、30秒間握りっぱなしにする

【ポイント】
足関節をねじって負担をかけないよう、膝関節が90度に曲がった状態で行います。

まとめ

いかがでしたか?

シーバー病はふくらはぎや足首、かかと周りだけでない部位もストレッチすることで改善できることが分かりましたね。

今回紹介したストレッチは大変シンプルなので、ぜひお風呂上がりなどに試してみましょう!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike