あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ラグビーrugby

【ラグビー用語】ハイパントとは?蹴るコツや有効な場面は?

スポシル編集部

公開日 :2019/08/12

更新日 :2019/08/12

本記事では、ラグビーの試合中に頻繁に使われるパントキックで、ボールを手に持ち、宙に浮かせて、地面に落ちる前に足の甲でキックする蹴り方キックを示す「ハイパント」に関して解説していきます。

ラグビーはルールや反則が多く、迫力があって見ていて興奮するが、プレーが理解できないことがよくあります。

それだと、雰囲気は楽しめても、楽しみきれてないですよね?

そこで本記事では、ラグビーのプレーの1つである「ハイパント」について簡潔に紹介していきます。

初心者の方にもわかるように解説しておりますので、プレイヤーの方も観戦を楽しみたい方も参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

ハイパントとは?

ハイパントとは、ラグビーの試合中に頻繁に使われるパントキックで、ボールを手に持ち、宙に浮かせて、地面に落ちる前に足の甲でキックする蹴り方です。

サッカーのゴールキーパーがボールをキャッチした後、前線に大きく蹴り出すキックを見たことがあると思いますが、それと同じ
蹴り方です。

敵陣内に空高くボールを蹴り上げ陣地を押し上げ、キャッチをした相手選手にタックル仕掛けたり、試合の状況を仕切り直したいときなどに使われるキックです。
略して、ハイパンとも呼ばれます。

多くの場合、モールなどの密集地帯からボールが出たときに使われることが多いです。

ハイパントの目的は、遠くに飛ばすことのほかに、高く上げて滞空時間を延ばすことで、時間を稼ぎ、自チームの態勢をと整える時間を作ります。

ハイパントが有効な場面

ラグビーには、手を使ったパスは前に出してはいけないルールがあります。手でパスを前に出してしまった場合、「スローフォワード」という反則を取られてしまいます。
そのため、必ず真横から後方にパスを出さないといけません。

しかし、キックの場合、手で出すパスと違って、前方へ出しても反則にはなりません
試合中、ハイパントが有効な場面は、前方へ一気にポジションを進めたいとき、ボールを大きく展開したいときです。

例えば、オフェンスのときには、相手陣内に大きくハイパントで蹴り出したボールを一斉に追いかけ、相手選手がキャッチしたと同時にタックルを仕掛け倒してターンオーバーを狙うというような使い方があります。

ディフェンスのときは、相手チームがハイパントで最後尾のまでボールを蹴り出してきた場合、キャッチした選手がパスを出せないときに、ハイパントで大きく前に蹴り返し陣地を回復するために使われます。

スポンサードサーチ

ハイパントのリスク

ハイパントは、ディフェンスラインの裏にボールを落として前進するためなどに使われるパントキックです。
相手チームの陣内へと前進することができるメリットはあるが、相手ボールになるリスクもあります。

そのため、相手選手がキャッチした瞬間にボールを取りにタックルを仕掛ける激しさとボールの落下点に走り込む走力とスタミナが必要になります。

上記のようなハイパントの性質上、リスクとして、ハイパントを相手陣内の深くに飛ばしすぎたり、味方選手が疲れから走れず、敵へのプレッシャーが遅れてしまった場合に相手ボールとなってしまいます。
ミスキックしたハイパントは、ただ単に相手にボールを与えただけになってしまいます。

また、試合の後半など選手の疲労がたまっている時間帯では、フォワード陣がついていけないこともあります。
ハイパントは相手ボールなってしまうリスク負いながら局面を打開するために使われるキックなのです。

ハイパントのスキルが求められるポジション

ラグビーの試合中、パントキックを蹴ることが多いポジションは、スクラムハーフ、スタンドオフ、フルバックです。
スクラムハーフ、スタンドオフがキックを蹴る状況で多いのは、モールなどの密集戦からボールを持ち出しキックするパターンです。

蹴り出したボールにウイングなどがスピードを活かして追いかけ、キャッチした相手選手にタックルを仕掛けるために、蹴り出す方向と位置も大切です。
相手選手がキャッチしたと同時にタックルを仕掛けて倒すのが理想的です。

フルバックの場合は、チームの最後尾を任されているので、相手のパントキックの処理をする役割があります
相手が自陣深くまでパントキックしてきて、キャッチした後、フルバックが一人だけという状況もありえます。

そういった状況のときに、ハイパントを蹴り出して陣形を立て直すことも多くあります。

スポンサードサーチ

ハイパントの蹴り方とコツ

ハイパントの蹴り方は、手に持ったボールをそのまま下に落とし地面に着くまでの間にインステップで蹴り上げます。

ハイパントは、高く飛ばすためのパントキックであり、足のボールへのミートポイントは高めになります。

胸の前あたりからボールを立てるようにして持ち、真っすぐに落としてボールの先端の少し後ろのポイントを蹴り上げるイメージです。
できるだけつま先から足の甲を伸ばして平らにし、広い面積でボールをミートします。

蹴り足は思い切りよく振り切ることを意識し、蹴る距離は蹴り足のフォロースルーで強弱を調節します。
ボールの落下地点として狙う位置は、ディフェンスの後方、フルバックが前でギリギリ取れるあたりを狙います。

ハイパントは、ボールの落とし方、軸足、蹴り足の使い方の3つのポイントを意識してキックすることが大切です。

まとめ

ここまでパントキック4種類の中のひとつで、試合中に最も使われるハイパントについて解説してきました。
ハイパントは空高く蹴り上げ、滞空時間を長くして時間を作るためのパントキックです。

オフェンス、ディフェンスともに戦略としてハイパントを使うシーンが度々あります。
この記事を参考にハイパントに注目して試合を観戦してみてください。

きっとラグビー観戦が面白くなるはずです。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
Cross country
volleyball
soccer
tennis
baseball
running
basketball
golf
badminton
rugby
road bike