あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
rugby

【ラグビー用語】コンバージョンゴールとは?キッカーのポジションは?

スポシル編集部

公開日 :2019/08/12

更新日 :2019/08/12

本記事では、試合の中でトライを決めた後に与えられるゴールキックによって得られる点数のことを示す「コンバージョンゴール」に関して解説していきます。

ラグビーはルールや反則が多く、迫力があって見ていて興奮するが、プレーが理解できないことがよくあります。

それだと、雰囲気は楽しめても、楽しみきれてないですよね?

そこで本記事では、ラグビーのプレーの1つである「コンバージョンゴール」について簡潔に紹介していきます。

初心者の方にもわかるように解説しておりますので、プレイヤーの方も観戦を楽しみたい方も参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

コンバージョンゴールとは?

コンバージョンゴールとは、試合の中でトライを決めた後に与えられるゴールキックによって得られる点数のことを言います

トライ後のゴールキックをコンバージョンキックと呼び、ラグビーの得点方法の一つとなります。

コンバージョンキックは、プレースキック、ドロップキックのどちらでもよいとされます
ドロップキックとは、地面にボールをバウンドさせて蹴るキックのことを言います。
プレースキックとは、キックティーにボールをセットして蹴るキックのことです。

五郎丸歩選手のルーティンが話題になりましたが、あのルーティンはプレースキック前に行っていました。

コンバージョンゴールが成功すると2点が与えられ、トライとコンバージョンゴールを合わせると7点が与えられます。

コンバージョンゴールの名前の意味

コンバージョンとは、英語で「conversion」と書き、和訳すると「変換、換算」などの意味になります
「変換、換算ゴール」と言っても少しイメージが難しいですね?

これは「トライの得点」を「ゴールキックの得点」に変換する、もしくは、換算するという意味があります。

現行ルールでは、トライが5得点、トライ後のゴールキックが2得点となっています
しかし、元々はトライが0点、キックを成功させて初めて得点になるルールだったそうです。

ですから当時は、トライは「得点するキックの機会を得られるもの」という扱いだったのです。

トライの5得点がキックの2得点に換算され7得点となるので、コンバージョンゴールと呼ばれるようになったそうです。

スポンサードサーチ

コンバージョンゴールのキック方法

コンバージョンゴールのキック方法は、地面にボールを落としてバウンドさせて蹴るドロップキックと、キックティーを使ってボールをセットして蹴る方法プレースキックの2種類があります。

多くの人は、落ち着いてじっくりと集中して蹴ることができるプレースキックを選択することの方が多いです。

ラグビーの試合では、コンバージョンキックが試合の結果を大きく左右します。
場合によっては、トライの数では勝っているのに、総得点数では負けてしまっているなんてこともあり得るのです。

そんな重要なコンバージョンキックですから、プレースキックを選択し集中することがほとんどですが、負けているチームが早く試合を再開させるために、ドロップキックで早く蹴ってしまうこともあります。

コンバージョンゴールのキック位置

コンバージョンゴールのキック位置については、トライした場所によって決まります。
トライをした場所(ボールを地面にタッチした場所)から、タッチラインと平行な延長線上の場所であれば、どこから蹴っても良いというルールになっています。

簡単に言えば、グラウンドの端にトライした場合は、端からのコンバージョンキック、真ん中ゴール下にトライすれば、ゴールの真正面からのコンバージョンキックとなります。

コンバージョンキックは、ゴールの真正面から蹴るのが成功する確率が一番高くなります
グラウンドの端、サイドライン際に近くなるほどコンバージョンキックの成功率は下がります。

ですから、トライするときに、選手はできるだけ、インゴールの真ん中付近を狙って駆け込みます。

スポンサードサーチ

コンバージョンゴールを蹴るポジション

コンバージョンキックを蹴る選手は、ラグビーのルールでは、どのポジションでも、だれが蹴っても良いことになっています
ですから、どのチームもゴールキックが得意な選手をキッカーに指名しています。

ルールでは、どのポジションの選手が蹴っても良いことになっていると説明しましたが、キックがうまい選手が務めるポジションが、「スタンドオフ(10番)」や「フルバック(15番)」になるので、キッカーを務めるチームが多いです。

ちなみに、スタンドオフはチームの司令塔と言えるポジションで、世界では「フライハーフ」や「ファーストファイブ」とも呼ばれます。

フルバックは、チームの最高峰で相手チームのパントキックの処理が求められるポジションで、キック処理能力、ランニングスキルが必要です。

まとめ

ここまで、コンバージョンゴールについて解説しました。
コンバージョンゴールは、トライの後で与えられるゴールキックを成功させることを言います。

コンバージョンゴールを成功させると2点を得られ、トライの5点と合わせて7点を得ることができます。

コンバージョンゴールは試合の結果を大きく左右するゴールなので緊張感のあるキックを見ることができます。

ぜひコンバージョンゴールに注目しながら試合観戦してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定