あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
rugby

【ラグビー用語】セービングとは?コツや練習方法を紹介

スポシル編集部

公開日 :2019/08/12

更新日 :2020/05/11

本記事では、バウンドが不安定なラグビーボールをしっかりキャッチする方法を示す「セービング」に関して解説していきます。

ラグビーはルールや反則が多く、迫力があって見ていて興奮するが、プレーが理解できないことがよくあります。

それだと、雰囲気は楽しめても、楽しみきれてないですよね?

そこで本記事では、ラグビーのルールの1つである「セービング」について簡潔に紹介していきます。

初心者の方にもわかるように解説しておりますので、プレイヤーの方も観戦を楽しみたい方も参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

セービングとは?

セービングとは、バウンドが不安定なラグビーボールをしっかりキャッチする方法であり、地面を滑るようにしてボールをキャッチする方法です。

ラグビーのボールは楕円形の形をしているため、サッカーボールのように規則正しくバウンドしてくれません。
そのため、バウンドしたあとにキャッチしようとしてうまくキャッチできない可能性が出てきます。

せっかくのボールキャリアになれるをチャンスをなくしてしまうため、姿勢展開に大きく影響が出てしまいます。

セービングを行うことでキャッチバウンドする前に確実にキャッチすることができます。

セービングの種類

セービングは主に2種類に分けることができ、フロントセービングとバッグセービングがあります.

2種類とも行い方が異なるだけではなく、適している場面も違うため、それぞれのやり方とともに特徴を把握することをおすすめします。

フロントセービングとは、前方にあるボールに対して前のめりに滑りながらボールをキャッチする方法です。
野球で行われるヘッドスライディングを想像することでイメージしやすくなります。

できるだけ早くボールをキャッチをしなければならない場面で有効であり、ボールをキャッチできる確率が高いです。

しかし、前から滑りこむようにするため、立ち上がる前に相手選手が覆いかぶさってくる可能性も高く、味方にパスをすることが難しいです。

バッグセービングとは、後方にボールがある際に使用されることが多いセービングです
相手に背中を見せるように滑りこむプレーであり、ボールに対して横向きになりながら滑りこむ特徴があります。

横向きになりながら滑りこむため、相手選手が迫ってきていなければ体を反転させて素早く立ちあがることが可能です。

また、相手選手が迫っている場合でもラック状態に持ち込みやすくなり、味方もサポートに回りやすいです。

位置関係的に相手選手にボールが見えずらいメリットがあります。

スポンサードサーチ

セービングのコツ

セービングのコツは恐怖心を払しょくすることです。セービングは地面に向かって滑りこむ必要があるため、最悪体をすりむいてしまうこともあります。

そのため、自己防衛本能が働いてしまい躊躇してしまうことも多いです。

しかし、少しの躊躇や戸惑いがセービングにとって命取りになるため、思いっきり滑りこむことが大切です。
複数回滑りこみを行うことで体と頭も慣れてくるため、実際の試合でもセービングができるようになります。

また、セービング後に素早く立ち上がることも大切です。
セービングは滑りこむような体勢になっているため、立ち上がり、ランやパスをすることに時間がかかってしまいます。

セービングに成功してもその後にボールを奪われては意味がありません。

セービングの練習

セービングの練習を行うことでセービングの技術を高めることができ、試合でも行うことが可能になります。
セービングの練習方法はさまざまありますが、実際にボールを蹴ってもらい、セービングで取りに行くことが基本的な練習方法です。

ある程度確実にボールをキャッチできるようになったら、複数の人数で行い、セービング後にボールを奪いにくる選手も配置して練習するようにしましょう。

そうすることでセービングの技術だけではなく、その後の判断力も身につけることができます。

初めてセービングを行う選手に対しては雨の日に行うことをおすすめします。

雨が降っていれば自然と滑りやすくなり、セービングに対する恐怖心も抱きにくいです。しかし、服が汚れてしまうデメリットもあります。

スポンサードサーチ

セービングを動画で解説

下記に紹介している動画には実際にセービングが行われている場面を確認することができます。
動画の内容では、前からボールをセービングしているため、フロントセービングを行っていることになります

かなりオフェンスとディフェンスが入り乱れているため、セービングをしてもするに相手選手に倒されています。

しかし、この後にラックを組み、うまく味方にボールを渡すことができればセービングをした意味があります

逆にボールを奪われてしまった場合は、セービングを行った意味がほとんどなくなってしまいます。
パスを行った際に手前の選手がボールを取ろうとしましたが、確実にボールがとれるセービングに切り返しています。

一瞬の行動ですが、チームワークのあらわれでもあります。

まとめ

セービングはボールキャリアになるための手段の方法であり、優勢になる絶好のチャンスでもあります。

セービングがうまい選手であれば流動的に立ち回ることができ、相手が対処する前に攻撃に移ることができます。

セービングを身につけて確実にボールをつなげるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

もう足の臭いで悩まない!究極のハイスペックソックス登場!

ニオイの減少率最大99%以上を実現!高性能な消臭機能で、気になるニオイをブロック!

繊維自体が持つ消臭機能がニオイをブロックし、しかも長持ちします。

汗のニオイの元となるアンモニア、酢酸、イソ吉草酸、さらには加齢臭の原因物質とされるノネナールも吸収。高い割合でニオイを減少させ、爽やかなはき心地を実現します。さらに、繊維自体がニオイを吸収する機能をもつため、洗濯を繰り返しても長く性能を保ちます。

85%の浮き指、95%のO脚が改善! 指をしっかり使える5本指ソックス!

指を正しい位置に配置し、体にバランスをもたらす5本指構造。足の指を正しいポジションで使うことができ、足からの力が入りやすくなります。また、立位時の重心がしっかりと足指に乗ることでO脚の改善にも繋がります。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定