あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
rugby

【ラグビールール】ノットリリースザボールとは?動画付きで解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/08/12

更新日 :2019/08/12

本記事では、ボールキャリアがタックルされた後にいつまでもボールを保持し続けることで適応される反則を示す「ノットリリースザボール」に関して解説していきます。

ラグビーはルールや反則が多く、迫力があって見ていて興奮するが、プレーが理解できないことがよくあります。

それだと、雰囲気は楽しめても、楽しみきれてないですよね?

そこで本記事では、ラグビーのルールの1つである「ノットリリースザボール」について簡潔に紹介していきます。

初心者の方にもわかるように解説しておりますので、プレイヤーの方も観戦を楽しみたい方も参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

ノットリリースザボールとは?

ノットリリースザボールとは、ボールキャリアがタックルされた後にいつまでもボールを保持し続けることで適応される反則です。
ラグビーでは自立している選手しかプレーに参加することができず、倒されている時点ではプレーに参加できないことになります。

そのため、速やかにボールを味方に渡さなければなりませんが、渡す機会を見逃してしまうとノットリリースザボールが適応されてしまいます。

反則の中でも重い反則になるため、ノットリリースザボールが適応される前にボールを手放しましょう

しかし、ボールを手放してしまうことは相手チームのボールになってしまうため、手放したくない気持ちがどうしても働いてしまいがちです。

また、ジャッカルという技を仕掛けられた際にもノットリリースザボールが適応されやすいです。

反則を取られないためには?

ノットリリースザボールは上記でも紹介したように重い反則になるため、できる限り回避したい反則でもあります。
そのためにはいかにタックスされたあとにボールを手放すかが重要になります。

しかし、ただ単にボールを手放すことは容易であっても相手チームのボールを奪われてしまう可能性が非常に高く、好ましい解決方法とは言えません。

ノットリリースザボールを取られないようにするためには、味方選手の動きが重要になります。
いかにタックルされた選手の近くに行き、ボールを受け取れるかが大切になります

うまくボールをつなげることができれば、反則が取られないだけではなくボールを自陣チームが保持したままでいられます。

ジャッカルのような高等技術で攻められるとどうしても反則が適応されてしまいがちになるので注意しましょう。

スポンサードサーチ

ノットリリースザボールを動画で解説!

下記の動画を見ればわかるようにノットリリースザボールは素早く判定が下されてしまいます。
そのため、少しでもボールを奪われたくない気持ちがあるとすぐに適応されてしまいます

このような状況下ではいかに味方チームの選手が早くボールを受け取りにいけるかが重要になります。
しかし、動画ではすでに相手チームが奪いに行っているため、不利な状況であり、より強い力でボールを受け取る必要があります。

場合によっては相手に奪われる覚悟で手放す必要もあります。

まとめ

ノットリリースザボールは、数秒で判定が下される反則であるため、タックルで倒された選手はすぐにボールを手放すように習慣づけることが大切です。

また、いかにタックルで倒されてもボールを味方チームに渡すかが重要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定