あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
rugby

【ラグビールール】ピックアップとは?ハンドとの違いも解説

スポシル編集部

公開日 :2019/08/12

更新日 :2019/08/12

本記事では、ラック形成時にボールを手で拾い上げる際に適応される反則のことを示す「ピックアップ」に関して解説していきます。

ラグビーはルールや反則が多く、迫力があって見ていて興奮するが、プレーが理解できないことがよくあります。

それだと、雰囲気は楽しめても、楽しみきれてないですよね?

そこで本記事では、ラグビーのルールの1つである「ピックアップ」について簡潔に紹介していきます。

初心者の方にもわかるように解説しておりますので、プレイヤーの方も観戦を楽しみたい方も参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

ピックアップとは?

ピックアップとは、ラック形成時にボールを手で拾い上げる際に適応される反則です。
一見何が反則なのかわからない場合が多いですが、ラック中に手でボールに触れてはいけないというルールがあります。

ピックアップの反則をしてしまうと相手チームのペナルティキックから再開されるため、不利な状況を作ってしまいます
ラグビーは手でボールを運ぶ競技でもあり、ピックアップのことを知らないといつの間にか反則をしてしまいます。

ピックアップの回数を減らすことができればそれだけ試合に有利になることでもあるため、できるだけピックアップの反則をしないように心がけましょう。

特に、ラック時にボールに触れる際に特に注意することをおすすめします。

ピックアップとハンドの違い

ピックアップラック時にボールを拾い上げる反則でありますが、ハンドという反則があることを知っているでしょうか。

サッカーにも適応されている反則であり、ラグビーでも同じ内容の反則名になっています

そのため、ピックアップとハンドの違いを詳しく知らない人も多くいるのではないでしょうか。

基本的に同じ行動に対しての反則であり、再開方法をどちらも相手チームのペナルティキックからと酷似している部分が多いです。
一般的にラック時にボールに触れることをハンドといい、拾い上げることをピックアップと区別して使用されます。

しかし、上記でも紹介したようにピックアップもハンドもほぼ同じであるため、特に違いを気にせずにプレーすることができます。

スポンサードサーチ

ピックアップが起こりやすいプレー

ピックアップが起こりやすい場面は、ラック中です。ラック中に起きやすいことであるため、特に注意するようにしましょう。
また、ラック中に起こりやすいピックアップですが、オフェンス、ディフェンスどちらでも起きやすい特徴もあります

オフェンス側がピックアップを行いやすい原因は、ラックの外に出ていないにも関わらずボールを拾ってしまうことで、特に接戦になっている時に起きやすく、ボールがラックの外に出ているかを判断してから拾うようにしましょう。

ディフェンス側がピックアップをしてしまう場面は、タックルで倒された選手にジャッカルでボールを奪おうとした際に、ボールを奪う前にラックが形成されてしまうとジャッカルを仕掛けた選手がピックアップをしたことになります。

まとめ

ピックアップはラック中にボールを拾い上げる反則であり、初心者だけではなく、プロ選手も行ってしまいやすい反則でもあります。

ピックアップをしないように試合をすることが勝利への近道にもなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定