あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
rugby

【ラグビールール】アンプレアブルとは?適応場面についても解説

スポシル編集部

公開日 :2019/08/11

更新日 :2019/08/12

本記事では、ラグビーの試合中にボールの動きが止まってしまった際に取られる一時中断方法のことを示す「アンプレアブル」に関して解説していきます。

ラグビーはルールや反則が多く、迫力があって見ていて興奮するが、プレーが理解できないことがよくあります。

それだと、雰囲気は楽しめても、楽しみきれてないですよね?

そこで本記事では、ラグビーのルールの1つである「アンプレアブル」について簡潔に紹介していきます。

初心者の方にもわかるように解説しておりますので、プレイヤーの方も観戦を楽しみたい方も参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

アンプレアブルとは?

アンプレアブルとはラグビーの試合中にボールの動きが止まってしまった際に取られる一時中断方法です。
ラグビーはボールを運ぶ競技であるため、ボールが動かないと試合が進まず、時間だけが経過してしまいます。

他の球技と違いボールが止まりやすいのがラグビーであるため、アンプレアブルという特殊なルールが採用されています。

アンプレアブルは審判が判断することであるため、審判が一定時間ボールが動いていないとみなされるとアンプレアブルが適応されます。

適応場面①:モール【モールアンプレアブル】

アンプレアブルには、モールアンプレアブルがあり、モールを組んだ際にボールが動かなかった際に適応されます。
モールアンプレアブルが適応されてしまうと相手チームのボールになってしまうため、できるだけモールアンプレアブルにならないようにすることが大切です。

モールアンプレアブルにならないためにモールを組んだらすぐに後方にボールをまわしましょう
そうすることでボールが止まってしまうことを予防でき、パスやランで自陣を広げることができます。

モールアンプレアブルになるとディフェンス側にボールが移るため、ディフェンス側はモールアンプレアブルを取りに行く戦法もあります。

一人が抱え込むようにし、もう一人が腰に掴みかかり、ボールを奪うようにします。そうすることで一時的にボールが止まった状態になり、モールアンプレアブルが適応されます。

スポンサードサーチ

適応場面②:ラック【ラックアンプレアブル】

ラックアンプレアブルは上記で紹介したモールアンプレアブルとは違い、ラックを組んでいる際に適用されるアンプレアブルです。
ラックはラグビーで最も行われる回数が多い動作の一つでもあるため、ラックアンプレアブルが取られやすい傾向があります。

モールアンプレアブルの再開方法はディフェンス側でしたが、ラックアンプレアブルの再開方法はスクラムを組んだチームであり、アンプレアブルでも再開方法に違いがあらわれます

しかし、必ずしもスクラムを組んだチームのボールで再開するとは限らず、ディフェンスがラックを頑張ればディフェンス側にボールが移ることもあります。

人数を割かないといけないため、戦術的に行われることは少ないです。

まとめ

アンプレアブルとはボールが進行しない際に適応される一時中断であり、他の球技にはないルールでもあります。

そのため、ラグビーを行っていないと知らない場合が多いです。

アンプレアブルにはモールとラックに分けることができ、それぞれ適応される状況と再開方法が異なるため、把握しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定