あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
Kick board

電動キックボード人気おすすめ4選!知っておきたい法律上解釈も徹底解説

スポシル編集部

公開日 :2019/08/11

更新日 :2019/08/11

日本でじわじわと人気が広まっている電動キックボード。海外では通勤などの移動手段としても使われています。

最近では電動キックボードを販売するメーカーが増え、便利な機能がついた電動キックボードも販売されるようになりました。

電動キックボードは充電式で、時速15㎞程度のものから速いものでは40㎞までとあり、風を切りながら颯爽と走る姿はかっこいいですよね。

ただし、公園など公共の場所では電動キックボードの使用を禁止している所も多く、また、公道で使用する場合は、免許やナンバープレートの取得が必要だったりと、制約が多いのが現状です。

この記事では安全に楽しく使用出来るように、電動キックボードのポイントについて紹介します。

目次

スポンサードサーチ

電動キックボードに関する法律上解釈とは?


電動キックボードに関する法律上の解釈。いったいどのようになっているのでしょうか?

警察庁交通局によると、電動キックボードは道路運送車両法と道路交通法において、「原動機付自転車」、いわゆる原付バイクに該当するとされています。

そのため、私有地や公園等以外、つまり公道で電動キックボードを使用するには、原付バイクと同様にナンバープレートの取得やライトやウィンカーなどの装備のほか、ヘルメットの着用も必須です。

さらに、所有者には軽自動車税の納付義務もあるのです。

公道で電動キックボードを使用したい方は特に注意が必要ですね。

免許やナンバーは必要?

電動キックボードを使用する際には、免許やナンバーは必要なのでしょうか?

警察庁交通局によると、電動キックボードを公道で使用する場合には、免許もナンバーも必要であるとされています。

なぜなら、電動キックボードは道路運送車両法と道路交通法において、「原動機付自転車」に該当するからです。

原動機付自転車、いわゆる「原付バイク」を運転することができる免許を持っていないと、運転出来ません。

ナンバーについては、市町村の条例で、「軽自動車税の納付の際に当該市町村から交付される標識を取り付けなければならない」とされています。

電動キックボードを公道で使用したい方は、免許とナンバーの取得が必須です。

歩道は走っちゃダメ?

スリムでコンパクトな電動キックボード。スピードもそれほどではないなら、歩道を走っても大丈夫だよね・・・?と思う方もいるかもしれません。

しかし、実は電動キックボードで歩道を走る事は出来ないのです。

電動キックボードは、法律上は原動機付自転車、いわゆる「原付バイク」などと同様の取扱いになるため、歩道ではなく車道を走行する必要があります。

また、電動キックボードは自宅敷地内などの私有地や公園などで使用可能ですが、公園など公共施設では、電動キックボードの使用を禁止している所が多いようです。

保険に入る必要はあるの?

公道を電動キックボードで颯爽とかっこよく走りたい!そんなあなたに必要な物、それは「保険」です。

電動キックボードは、法律上では原動機付自転車に該当するとされています。

そのため、公道を走る際には、「自動車損害賠償責任保険」又は「自動車損害賠償責任共済」に加入していなければならないのです。

法律上で必要とは言え、「電動キックボードに保険なんて...。」と思う方もいるかもしれませんが、思わぬ事故によるケガや、他人を巻き込んでしまった、物を壊してしまったなど、何が起こるか分かりません。

さらに、未加入で公道を走行した場合には、「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」と罰則もあるので注意しましょう。

税金がかかってしまう?

電動キックボードに税金?と驚かれる方も多いでしょうが、実は、電動キックボードを公道で使用するには、軽自動車税の納付が必要になるのです。

電動キックボードは、道路運送車両法において「原動機付自転車」に該当します。

そのため、電動キックボードの所有者には、地方税法に規定する軽自動車税(市町村税)を納付する義務があります。

また、税金の納付義務と共に、軽自動車税の納付の際に交付される標識、ナンバープレートを取り付けなければならない、とされています。

電動キックボードの選び方を紹介!


電動キックボードが欲しいけれど、選び方が分からない!という方も多いのではないでしょうか。

人によって選ぶポイントは違いますが、やはり基準となるのは安全性、スピード、持ち運びやすさなどの機能性、値段、この3つではないでしょうか。

ここでは電動キックボードの選び方について紹介します!

キックボードの選び方を以下の3つのポイントごとに解説します。


  • 安全性

  • 機能性

  • 値段

安全性

電動キックボードを選ぶ際には、安全性を重視して選ぶと良いでしょう。

特に初めて電動キックボードに挑戦する方は、安全に楽しく使用するためにも重要なポイントです。

では、具体的にはどのうような事に注意して選ぶのでしょうか?

まず、タイヤは太めの物を選びましょう。

当然ですが、タイヤは太ければ太い方が安定性が増します。

電動キックボードは、ハンドルが付いているため初心者の方でも比較的乗りやすいですが、タイヤは5インチ以上の太さの物を選んだ方が走りやすいでしょう。

細いタイヤの場合、路面の凹凸や小石、段差などで不安定になり、思わぬ事故に繋がってしまうかもしれません。

次にブレーキです。

電動キックボードのブレーキには、自転車のようなハンドブレーキと、足で後輪のカバー部分を踏むフットブレーキがあります。

ハンドブレーキとフットブレーキ、どちらか片方だけの電動キックボードと、両方付いている電動キックボードがありますが、安全面を考えると、ハンドブレーキとフットブレーキが両方付いているものをおすすめします。

機能性

電動キックボードの機能性にも色々ありますが、やはりスピードが気になる、という方は多いのではないでしょうか。

原付バイクのように時速30㎞のものや、最近では40㎞のスピードが出せるものもあるようです。

電動キックボードに慣れている方やスピードを楽しみたい、という方には速いスピードの物もおすすめですが、初心者の方や移動手段として使いたい方には、時速20㎞~25㎞の電動キックボードが良いでしょう。

次は、持ち運びのしやすさです。

公道を走れる電動キックボードであれば、持ち運びについて考慮する必要はさほどありませんが、公道を走れない電動キックボードの場合、目的地まで運ぶ必要があります。

特に徒歩や電車などの公共交通機関を使用して移動する場合、重量のある電動キックボードより、軽くて折り畳めるタイプのものをおすすめします。

また、夜間や暗闇でも安全に走れるように、ライトが付いた電動キックボードもおすすめです。

値段

さまざまなメーカーからたくさんの種類の電動キックボードが販売されており、値段は30,000円前後から、高い物では100,000円を超える値段のものもあります。

公道を走れる電動キックボードの場合、前照灯や番号灯、方向指示器等の構造及び装置について、道路運送車両の保安基準に適合していなければならないため、100,000円を超える値段となってしまう事が多いようです。

公道は走らない、私有地や公園などで楽しみたい、という方の場合は、安いものでは30,000円前後で購入出来ます。

ただし、とにかく値段が安ければ、と金額だけを考えて電動キックボードを購入してしまうと、安全面に不安がある場合も。

購入する際には、タイヤやブレーキなど機能性の確認が必要です。

スポンサードサーチ

電動キックボード人気おすすめ4選!


初めて電動キックボードを購入する方も、買い替えを考えている方も、どれを選んだらいいか迷っていませんか?

または、もっといい情報はない?と考えていませんか?

そんな悩める電動キックボードユーザー、未来の電動キックボードユーザーの方に、人気おすすめ4選を紹介します。

SUNPIE 電動キックボード

楽天市場で詳細を見る
グレー、ブラック、ブルー、ホワイト、レッド
本体サイズ 長さ72×幅44×高さ120cm
タイヤ 5.5インチ
機能 LEDライト搭載、液晶モニタ
重量 8㎏
適用身長・耐荷重 130cm~195cm・120kg
最高時速 24㎞
ギア 3段変速ギア 1速(時速7-10km)/2速(時速14-19km)/3速(時速19-24km)
走行距離 約20-25Km※道路状況により変動します。
アクセル&ブレーキ EBS電子制御ブレーキシステム搭載。手元でアクセル、ブレーキを簡単操作。さらに後輪を踏むことでフットブレーキにも。
公道の走行 不可

最大時速24㎞!3段変速ギア&折り畳み式の電動キックボード

SUNPIEの電動キックボードは、5.5インチのタイヤで安定性があり、初めての方やお子さんでも楽しめます。

最高時速は24㎞、3段変速ギアでスピードの調整も可能です。

ブレーキは「EBS電子制御ブレーキシステム」を搭載しており、手元でアクセル、ブレーキを簡単に操作出来ます。さらに後輪を踏むことでフットブレーキにもなるため、ユーザーの好みで使い分けることが可能です。

ただし、公道で使用することは出来ません。

Cool&Fun 電動 キックボード キックスクーター 電動 スケーター カーボン製 LEDライト搭載 最高時速20キロ 折りたたみ 立ち乗り式 大人用

Cool&Fun 電動 キックボード キックスクーター 電動 スケーター カーボン製 LEDライト搭載 最高時速20キロ 折りたたみ 立ち乗り式 大人用

Amazonで詳細を見る
ホワイト
本体サイズ 展開サイズ:1026x950x528mm、折り畳みサイズ:1050x143x295mm
タイヤ 6インチ
機能 LCD液晶モニタ
重量 8.5kg
適用身長 130cm~200cm
耐荷重 120kg
ギア 無し
最高時速 20㎞
アクセル&ブレーキ フットブレーキ
公道の走行 不可

最高時速20㎞!シンプルな電動キックボード!

シンプルな機能の電動キックボードをお探しの方におすすめなのが、Cool&Funの電動キックボード です。

電動キックボード初心者の方で、「ギアはいらない!でもそれなりにスピードが出るものがいい!」という方にもおすすめです。

最高時速は20㎞で、ブレーキはシンプルなフットブレーキのみ。

タイヤは安定感がある6インチで、暗くなってからでも安心なヘッドライトも付いています。
さらに持ち運びに便利な折り畳み式です。

他の電動キックボードと比較すると、やや安めの価格設定になっているのも嬉しいですね。

ただし、公道で使用することは出来ません。

【MOTOSTAR正規品専門店】電動キックボード カーボン製 軽量 折り畳み式 最大時速24キロ 3段変速ギア 耐荷重120kg LEDライト搭載 液晶モニタ 電子ブレーキ 防水 電動二輪車 電動スクーター 立ち乗り式二輪車 男性 女性 子供 誕生日 プレゼント ギフト包装選択可能 保証1年【PSE規格品】【PL保険】 (ブラック) (ピンク)

【MOTOSTAR正規品専門店】電動キックボード カーボン製 軽量 折り畳み式 最大時速24キロ 3段変速ギア 耐荷重120kg LEDライト搭載 液晶モニタ 電子ブレーキ 防水 電動二輪車 電動スクーター 立ち乗り式二輪車 男性 女性 子供 誕生日 プレゼント ギフト包装選択可能 保証1年【PSE規格品】【PL保険】 (ブラック) (ピンク)

Amazonで詳細を見る
ピンク
本体サイズ 展開時:最大展開時:920mm×405mm×1000mm 、折り畳み時:1000mm×405mm×235mm
タイヤ 5.5インチ
機能 液晶ディスプレイ
重量 約7.2kg
耐荷重 約120kg
ギア 3段変速ギア 1速(時速0-8km)/2速(時速8-18km)/3速(時速18-24km)
最高時速 24㎞
アクセル&ブレーキ EBS電子制御ブレーキシステム&アクセル、フットブレーキ
公道の走行 不可

PL保険&1年保証付き!最高時速24㎞の電動キックボード

ピンクのボディカラーがかわいらしい、PL保険&1年保証付きのMOTOSTAR電動キックボード。

EBS電子制御ブレーキシステム&アクセルを利用して、手元で簡単に操作が出来ます。さらにフットブレーキも装備しているため、手でも足でもブレーキをかけることが出来、安心感がありますね。

フレームには強度の高いカーボン素材を使用、5.5インチと安定感のあるタイヤに、夜間でも安心のLEDライトも搭載されているなど、嬉しい装備が揃っています。

折り畳み式で7.2㎏と軽量のため、持ち運びにも便利!

ただし、公道で使用することは出来ません。

キントーン Kintone motion F

楽天市場で詳細を見る
ブラック
本体サイズ 高さ1100㎜(折り畳み時高さ366㎜)×幅430㎜×長さ1056㎜
タイヤ 8インチ
機能 アプリ連携機能搭載
重量 12kg
耐荷重 約100kg
ギア なし
最高時速 30㎞
アクセル&ブレーキ フットブレーキ用電子ブレーキ、フットブレーキ
公道の走行 不可

最高時速30㎞!アプリ連携機能が搭載されたキントーン Kintone motion F!

最高時速がなんと30㎞の電動キックボード、 キントーン Kintone motion F。

8インチのしっかりしたタイヤで、時速30㎞でも爽やかに快適に、安定感のある走りが可能です。

さらに急発進防止システムとハンドブレーキとフットブレーキのマルチブレーキシステムで、安全面もバッチリ。

また、キントーン motion Fの電動キックボードはアプリ連携機能が搭載されており、Kintone motionの専用アプリをダウンロードすれば、Bluetoothで連携が可能です。

アプリを使用し、車体のロック、ヘッドライトのON/OFF、速度表示などスクーターの操作はもちろん、友達を作ったり、メッセージを作成したり、 関連部品を購入したりと、乗る以外でも楽しめます。

本体はブラックですが、ハンドルバー脚部に装飾ライトが付いており、専用アプリでカラーと点滅パターン(全8種類)を選択し、自分好みの色に変える事が可能です。

本体の重量が12㎏と、他の電動キックボードと比較するとやや重さがありますが、持ち運びに便利な補助輪が付いています。

価格は他の電動キックボードと比較すると高めの設定になっています。

ただし、公道で使用することは出来ません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になる電動キックボードは見つかりましたか?

スピードが速い電動キックボード、安定感のある電動キックボード、見た目がオシャレな電動キックボード。

自分好みのスペックの電動キックボードを見つけて、ぜひ楽しんでみて下さい!

また、公道を電動キックボードで走りたい方は、事前に警察署などで確認する事をおすすめします!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
Cross country
volleyball
soccer
tennis
baseball
running
basketball
golf
badminton
rugby
road bike