あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
rugby

【ラグビールール】ブレイクダウンとは?重要性やコツについて解説

スポシル編集部

公開日 :2019/08/11

更新日 :2020/05/11

本記事では、タックルが成功した後に両チームが集まり、ボールの奪い合いが始めることを示す「ブレイクダウン」に関して解説していきます。

ラグビーはルールや反則が多く、迫力があって見ていて興奮するが、プレーが理解できないことがよくあります。

それだと、雰囲気は楽しめても、楽しみきれてないですよね?

そこで本記事では、ラグビーのルールの1つである「ブレイクダウン」について簡潔に紹介していきます。

初心者の方にもわかるように解説しておりますので、プレイヤーの方も観戦を楽しみたい方も参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

ブレイクダウンとは?

ブレイクダウンとは、タックルが成功した後に両チームが集まり、ボールの奪い合いが始めることを示しています
オフェンス側がボールを守ることができれば、そのまま攻めこむことができますが、ディフェンス側に奪われてしまうと攻守が逆転しまいます。

そのため、ブレイクダウンは重要性の高いプレイであり、ブレイクダウンが強いチームであれば自然と試合にも勝ちやすくなるとまで言われています。

ブレイクダウンを簡単に説明するとボールの奪い合いになりますが、実際は簡単なことではありません。
あまり知られていないルールですが、ラック中は手でボールに触れていはいけないルールが存在しており、触ってしまうと反則になります

足などでラック外に出すことで初めて手でボールを掴むことが許されています。

ブレイクダウンの攻防のポイント

上記でも紹介しましたが、ラグビーにおいてブレイクダウンの強さは勝敗にも影響します。

そのため、ブレイクダウンの攻防のポイントを掴むだけでも勝率を高めることができます。

次に紹介するポイントを把握し、ブレイクダウンに強くなりましょう。

ラックが形成され、ブレイクダウンになるとディフェンスの選手がボールを奪うためにラックに加わってきます
時間がたつごとにディフェンスの選手が増えてしまうため、ボールを奪われてしまうリスクも高まってしまいます。

そのため、ブレイクダウンになると素早くボールをラックの外に蹴りだす必要があります。

素早く蹴りだすことでディフェンスにボールを奪われるだけではなく、攻めやすいメリットもあり、一気に陣地を広げることもできます。

ブレイクダウンになると上記でも紹介したようにディフェンスがボールを奪いにラックに加わり、どんどん押しつけてきます。

押しつけられるとそれだけ陣地が少なくなり、ボールも奪われてしまいやすくなってしまいます。

しかし、ブレイクダウン中にしっかりオフェンスがディフェンスの選手を押さえ込むことができれば、ボールを奪われることもなく、陣地も下がりません

また、素早くボールをラック外に出しやすくなるメリットもあります。

スポンサードサーチ

ブレイクダウンで起きやすい反則

ブレイクダウンは重要度の高いプレーではありますが、それだけにさまざまな反則をしてしまうリスクもあります。

ブレイクダウンで反則を取ってしまうとかなり不利になってしまいますが、場合によっては相手に反則を誘発させることも可能です。

オフサイドとは、ラグビーで一番発生しやすい反則であり、重要度も高いです。
一番起きやすい反則な理由は、反則になる状況が多く用意されていることが関係しています。

ブレイクダウン中にもオフサイドが起きやすくなっています。
ブレイクダウン中に相手を押さえ込むことができればそれだけ、オフサイドのラインを下げることができ、うまくいけば相手チームにオフサイドの反則を取らせることも可能です。

初心者には分かりにくい反則として有名ですが、しっかり把握しておきましょう。

オフサイドの詳細はこちら↓
【ラグビールール】オフサイドについてケース別に徹底解説!

オーバーザトップは、タックル成功時に倒れている選手に対して覆いかぶさるように倒れこむことです。
ラグビーは立った状態ではないとプレーすることができないという決まりがあります。

そのため、タックルされた選手や覆いかぶさった選手はプレイに参加できない扱いになります。

また、タックルで倒された相手に覆いかぶさることはプレーの妨害に値するため、オーバーザトップの反則を取られてしまいます

膝をついていれば立っていることになるため、膝で踏ん張ることができればオーバーザトップの反則を取られずにすみます。

オーバーザトップの詳細はこちら↓
【ラグビールール】オーバーザトップとは?動画付きで解説

ピックアップとは、ラック形成時にラック内でボールを手で触れてしまう反則のことです
オフェンス側だけではなく、ディフェンス側にも発生しやすい反則です。

ディフェンス側の場合はジャッカルを仕掛けた際に発生しやすいです。
ジャッカルはタックルで倒された選手のボールを奪うプレーですが、奪う前にラックが形成されてしまうとピックアップになってしまいます

オフェンス側の場合は、素早くボールを外に出し、素早く拾い上げパスをすることに追求しすぎてしまい、ラック外にわずかに出ていない時に拾い上げてしまう時に起きやすいです。

オフザゲートとは、タックルが成功した際に疑似的に構成されるタックルボックスが大きく関係している反則です。
タックルされた選手の足から伸ばされた縦と横方向に延びてできるタックルボックスには一定の方向からしか侵入することができません。

そのため、タックルされたチームを救うため、ラックに参加する場合に横から侵入してしまうとオフザゲートになります

反則にならないためには、急いでラックに参加したい気持ちを抑えつつ、決められた方向からタックルボックス内に入るようにしましょう。

ブレイクダウンに関係性の高いポジション

ブレイクダウンのプレーには、あるポジションの選手が大きく関わってきます。

ブレイクダウン時には、フランカーとスクラムハーフの選手は役割をしっかり果たすことが求められます

次に、フランカーとスクラムハーフについて紹介します。

出典:jsports.co.jp
フランカーとは、左右両軸を支えるポジションであり、1チーム2人います。
なぜ、フランカーのポジションの選手がブレイクダウンに関係性が高いのかというとタックルで倒された際にいち早くボールキャリアの元に駆けつけることができるからです。

ボールキャリアを早く守ることができれば、ディフェンスにボールを奪われてしまう危険性を下げることができ、ラックを形成しやすくもなります。

フランカーは攻防に優れた選手が選ばれやすく、力とともに足の速さも求められるポジションです。

フランカーの詳細はこちら↓
【ラグビーポジション紹介】フランカーの役割やトレーニング方法は?

出典:jsports.co.jp
スクラムハーフのポジションは15人の中で最もパスをする回数が多いポジションでもあります。
そのため、パスの精度を高めておく必要があり、試合を左右するポジションの一つでもあります。1チームに一人しかいないポジションです。

また、スクラムハーフはラック形成時に外に出されたボールを拾い、パスをする役割もあります。

どれだけラック外に出た瞬間を見極め、パスをするかが求められています。

しかし、拾うのが早すぎてしまうとピックアップの反則になるため注意しましょう。

スクラムハーフの詳細はこちら↓
【ラグビーポジション紹介】スクラムハーフの役割と体格とは?

スポンサードサーチ

ブレイクダウンのコツ

ブレイクダウンのコツは上記でも紹介したようにいかにボールを素早くラック外に出し、パスを行うかです。
ラック外にボールを出すのが遅れればそれだけ不利になります。

素早くパスをすればディフェンスのポジションが崩れている可能性が高いです。

そのため、パスをできる箇所を増やすことができ、一気に攻勢に出ることも可能です。

素早くパスをするためにはブレイクダウン時にそれぞれが任されている役割をしっかりこなし、反則をしないようにすることが大切です。

ブレイクダウンの練習方法

ブレイクダウンの練習方法は、疑似的にブレイクダウンの状況を再現することが効果的です。
実際に試合をすることも練習になりますが、ブレイクダウンだけの練習をする際には効率が悪いです。

まず、タックルされた選手に対して2人のディフェンスでいかにブレイクダウンを制するか練習しましょう。
徐々に参加する人数を増やしていくことで、ブレイクダウン時のオフェンス側だけではなく、ディフェンス側の練習にもなります。

ディフェンス側でブレイクダウンになった場合は、いかに少ないディフェンスで制することができるかがカギになります。

スポンサードサーチ

まとめ

ブレイクダウンはラグビーの試合において重要度が高く、発生する機会も多いプレーでもあります。

ブレイクダウンに強ければ常に攻撃側に回ることができ、それだけ、得点を稼ぐこともできます。

ブレイクダウンの技術力を高め、試合の流れを掴んで勝利に近づきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定