あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

【特徴を徹底解説】パワーリフティングはどんな競技?

スポシル編集部

公開日 :2019/08/04

更新日 :2020/05/11

ここでは、パワーリフティングついて詳しく紹介しています。
パワーリフティングは一つの競技として感じられることが多いですが、
3つの種目を合わせた競技であるため、それぞれに適した筋力を鍛える必要があります。
パワーリフティングは男性だけではなく、女性の選手も多く活躍しています。
試合では競技者の体重別に行われるため、体格差で不利になることはありません。
そのため、体格的に不利になりやすい日本人も活躍することが可能です。

目次

スポンサードサーチ

パワーリフティングとは

パワーリフティングとは、
スクワット・ベンチプレス・デットリフトの種目を行い3つの重量の合計で競い合う競技です。
主に上半身の筋力を競い合う競技でありますが、
スクワットやデットリフトでは下半身の筋力も必要となあります。
パワーリフティングの競技を行っていなくても自身の体を鍛えるために行っている人も多く、
なじみの筋肉トレーニング方法でもあります。
そのため、そこまで縁遠い競技でもなく、
競技内容もシンプルであるため、誰でも楽しんで観戦することも可能です。

パワーリフティングの種目

パワーリフティングには3つの種目に分けることができ、
それぞれ必要とされる筋肉も違います。

それぞれ求められている筋力を高めることができれば、
好成績を残すことも可能になります。
どのような種目があるのか知りたい人は参考にしてください。
パワーリフティングの主な3つの種類を解説します。


  • スクワット

  • ベンチプレス

  • デッドリフト

パワーリフティングのスクワットは、
バーベルを肩に担ぎ、屈伸をすることです。

普通のスクワットより腰や肘、ふくらはぎに負担がかかりやすく、
故障してしまうことも多い種目でもあります。
そのため、いきなり重いバーベルを担ぐのではなく、
軽いバーベルから徐々に重いバーベルに調整することをおすすめします。

また、正しい姿勢を身につけることも大切です。

ベンチプレスは寝るような恰好からバーベルを胸の上に持ち、
そのまま上に持ち上げる種目です。

上半身と肩に最も負担がかかる競技でもあるため、肩の故障には気をつけましょう。
また、一人でベンチプレスのトレーニングをすることは危険を伴うデメリットがありますので、
必ず二人サポート役を付けるようにしましょう。

デットリフトとは、床に置いているバーベルを引きげる種目であり、
パワーリフティングの中でも最もきつい種目でのあります。

上半身だけではなく、下半身の筋力も必要となるため、
全身の筋肉量アップのトレーニング方法としても人気があります。
全身をムラなく鍛えることができますが、腰にかかる負担が非常に強く、
怪我をしてしまうリスクも高いです。
初心者の方は無理せず軽めのバーベルから挑戦するようにしましょう。

スポンサードサーチ

パワーリフティングの世界記録と標準記録の違いは?

パワーリフティングの世界記録や標準記録を知りたい人もいるのではないでしょうか。
パワーリフティングのベンチプレスの世界記録は310キロであり、
ラーマン選手が打ち立てた記録でもあります。
ちなみに310キロという記録は健常者の記録よりも高く、
障害者というイメージを与えない人物でもあります。
2大会連続で優勝している経験があり障害者のパワーリフティング選手にとっては希望の光であり、憧れの存在です。
パワーリフティングの標準記録は、階級や性別によって異なりますが、
平均すると男性の場合は650キロ程度で女子の場合は300キロ前後です。

標準記録は毎年異なり、国別でも大きく異なる特徴があるため、最新の情報を入手しましょう。

パワーリフティングにはどんな大会がある?

パワーリフティングの競技にはさまざまな大会が開催されており、
規模が大きい大会もあれば小規模な大会もあります。
世界マスターズパワーリフティング選手権大会はパワーリフティングでも強豪が勢ぞろいする大会でもあります。
そのため、パワーリフティングの選手はマスターズに参加を目標に日々練習を行っている場合が多いです。
そのほかの大会にはベンチプレスだけを行う大会が有名であり、開催されている地域も多いです。
そのなかでもアジアベンチプレス選手権大会は多くの選手が集合する大会であり、
今後の大会参加権にも影響することもあります。
それぞれの大会には年齢別や階級別が用意されているため、
参加する場合は適した階級に参加することも大切です。

スポンサードサーチ

動画でみる!パワーリフティングのトレニーング方法とは?

パワーリフティングの練習をすることで全身の筋肉を鍛えることができ、
好成績を残すことも可能になります。
しかし、正しい練習方法を行わないと怪我をしてしまうリスクが高まり、
効率よく筋肉を付けることができません。
動画ではベンチプレスの練習方法が詳しく紹介されています。
そのため、ベンチプレスの練習方法を知りたい人は参考にしてください。
ベンチプレスの練習をする際に大切なことがバーベルを掴み位置と、掴み方です。
掴む部分は肩幅よりも広めにすることをおすすめします。
また握り方は手のひら全面でしっかり掴むのではなく、
指先で掴むようにし、バーと手のひらに隙間を生まれるように握りましょう。

そうすることで骨を活かすことができ、肩の故障を防げれます。

まとめ

パワーリフティングの競技は自身の筋肉との戦いになるため、
日ごろからの練習が欠かせません。
また、3つの種目それぞれ求められる筋肉が異なるため、
効率のよい練習をすることも大切です。
怪我をしてしまうリスクが高いパワーリフティングであるため、
怪我をしないような姿勢を身につけて最高のパフォーマンスができるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定