あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
sumo wrestling

大相撲の反り手をどこよりも詳しく解説!【動画付き】

スポシル編集部

公開日 :2019/08/01

更新日 :2020/05/11

ここでは、相撲の決まり手でもある反り手について詳しく紹介しています。

そのため、反り手について詳しく知りたい人は参考にしてください。

反り手は全てで6種類あり、他の決まり手と比べると種類が少ない傾向があります。

種類は少ないですが、取り組みで行われる機会が少ないというわけではなく、多くの力士が反り手の決まり手で勝利しています。

反り手の決まり手のことを把握することでより楽しく相撲を観戦したり、珍しい反り手を見ることで重要さや貴重さを知ることができます。

大相撲の決まり手とは?どこよりも詳しく解説!

目次

スポンサードサーチ

相撲の反り手とは?

相撲の反り手とは、決まり手の一種類でもあり、勝敗を決める大きな技でもあります。

全てで6種類の反り手があり、迫力のある技も含まれています。

大相撲の取り組みで見かけることは少ないですが、なかには反り手を得意としている力士もいます。

投げ手のように相手を投げるような反り手もあり、力技になることも多いです。

反り手の多くが相撲とは違う技のように見えてしまうこともあるほど珍しい決め手が多い特徴があります。

レスリングの技に近い反り手も多く含まれています。

その他の決まり手

居反りの決まり手は、相手の勢いを利用して決める反り手の一つです。

相手が攻めてきた際に上体を低く構え、相手の懐の中に入り込みます。

相手を肩に乗せるようにし、両腕で相手の膝あたりを抱え込みます。

そのあとは肩に支点が来るように屈んでいた体を伸ばすようにし、相手を後方に投げ込む技です。

レスリングのような技であり、相撲で見かけることは珍しく、いまだに幕内での取り組みで決まったことがないです。

レスリングのスープレックスに似ています。

撞木反りはしょもくぞりという風に読み、かなり力技である特徴があります。

上体を低くし、相手の脇あたりに頭を入れるようにします。

肩で担ぎ挙げるようにする必要があり、両腕は相手の腕と太ももを持ちます。

持ち上げることができれば後方に投げるようにします。

力士自体の体重が重いため、抱えあげること自体が非常に難しく、対戦相手によっては不可能な反り手でもあります。

体格差によって決めることができる場合もありますが、違う決め手で勝敗を決めることが多いため、実際に行われることはほぼありません。

掛け反りは相手のわき下あたりに頭を入れ、足をかけて相手のバランスを崩します。

その後に相手の腕と腰を掴み、反り返しながら投げる技です。

上記で紹介した反り手と同じく体重が重い力士を持ち上げるには、難しい体勢であるため、珍しい反り手です。

仕掛けることがあっても決まることはほぼなく、半世紀以上も決まったことがないほどの珍しい決まり手でもあります。

足をかける技は他にも多くあるため、わざわざ難しい掛け反りをする必要がなく、行われる機会が少ない理由でもあります。

襷反りは相手が差し手を行った際に肘を掴み、相手の脇に肩を入れ、肩で持ち上げる大技中の大技です。

持ち上げる際に相手の肘と太ももを掴むことで持ち上げやすくなり、そのまま後方に投げることで襷反りが決まったことになります。

上記で紹介した居反りに似ていますが、相手力士の向いている方向が違います。

半世紀以上行われていなかった反り手でしたが、2017年に十両である宇良が襷反りを決めており、当時はさまざまなメディアでも取り上げられたほどニュースになりました。

外襷反りは、差し手を片手で掴み、もう一方の腕を相手の太ももの下に入れ持ち上げる技です。

そのまま相手を肩に担ぐように持ち上げ、背中の方向に投げる大技です。

難易度が高いこともあり、半世紀以上幕内で行われていない歴史があります。

相手力士の太ももを片腕で持ち上げることは非常に難しく、極端に体格差がないと決まることがない反り手です。

後ろを取られた際に有効な反り手ですが、横にずれるなどして後方を取られないようにすることが一般的であるため、仕掛けることもありません。

伝え反りは差し手に対して手首あたりを掴み、そのまま素早く相手力士のとこに移動します。

横腹あたりに首や肩を付けるようにし、そのまま後ろに倒れこむようにすることで相手を押し倒します。

自身の体重を活かした決まり手でもあります。

しかし、相手に逃げられてしまうとそのまま自身が倒れこむような形になってしまい、逆転負けになります。

2000年に追加された反り手であり、新しい決まり手でもあります。

比較的他の反り手より使用される機会が多いです。

まとめ

反り手は相撲で行われる決まり手の中でも種類が少なく、実際に行われることが少ない特徴があります。

ほとんどの反り手がレスリングのような形の技であり、迫力がありますが、それだけ高い技術力が求められます。

あまり見る機会はありませんが、反り手の知識を身につけ、より詳しく決まり手のことを把握しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定