あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

テニス肘とは?原因を徹底解説!

イクサポ(育成フィジカルコーチ)

公開日 :2019/07/26

更新日 :2020/05/11

唐突に質問しますが、皆さんは「テニス肘」と呼ばれる肘のケガをご存知ですか?テニスという名前がついていることから、「テニス選手が多いけが」と思ってしまうかもしれません。

確かにテニスでの動作で発症することは多いです。しかし、実際にはテニス肘はテニス選手だけに起こるとは限らず、一般の方にももちろん発生してしまいます。また、治療をせずに放置してしまうと治りが遅くなることもあります。

そもそもテニス肘はあまり聞いたことがないという方も多いはずなので、どのような原因から発生するのかよくわからないですよね?そこで今回はテニス肘の主な原因を中心に解説していきたいと思います。

目次

スポンサードサーチ

テニス肘とは

テニス肘とは別名「上腕骨外内側上顆炎(じょうわんこつがいないそくじょうかえん)」と呼ばれ、外側型と内側型に分れます。

外側型では肘外側の痛みを伴います。反対に内側型では肘内側に痛みを伴います。

ほとんどの方が肘外側に痛みを伴いますが、使い方や競技によっては肘内側に痛みが出るケースもあります。

外側型では肘外側の骨についている腱が過剰に使われることによって炎症が起き、内側型では反対に肘内側の骨に炎症が起きます。

テニス肘は多くの場合、安静にしていると痛みは出てこないものの、雑巾やタオルを絞ったりすると肘の外側から前腕が痛むような症状があります。

実はテニス肘は中年のテニス愛好家に多いケガであることから「テニス肘」と呼ばれるようになったようです。

しかし、テニスをやっている人だけではなく、一般の方も発症する可能性はもちろんあります。

特に一般の方であれば、重い鍋や調理器具を持つシェフや主婦、長時間のPC作業をこなすデスクワーク関連の仕事の方にも発生すると言われています。

テニス肘の原因は?

ここまでの説明でテニス肘がどんなケガなのかはよくわかりましたね。

それではテニス肘が起こる原因は一体何なのでしょうか?

今回はテニスなどスポーツでの動きで発症してしまうことを想定した上で、原因を3つほど挙げていきます。

テニス肘の原因を以下の3点から解説します。


  • 体幹の安定性に欠ける

  • 道具が自分に合っていない

  • 技術の未熟さ

一つ目の原因として体幹の安定性が欠けていることが挙げられます。

例えばテニスや卓球などで腕や肘を振る場合は、体幹と一緒に連動させないと力が伝わりません。

そこで体幹が安定してないと腕に力が伝わらないことや体幹を捻る動きに連動して腕の振りが行われていないことが肘や腕の腱に大きな負担をかけます。

繰り返しの負担により、炎症が起こりやすい状態となり、痛みも伴ってきます。

肘への負担が増した状態でスポーツをすると当然より大きな負荷がかかるため、テニス肘になってしまうというメカニズムが一般的です。

肘へのストレスが重症化すると、重い物を持ち上げただけでもテニス肘になることがあります。

2つ目の原因として挙げられるのは、道具の選び方です。

テニスを例に説明すると、ラケットの材質やガット(網の部分)の種類、もしくは衝撃の吸収性が関係してきます。

例えば、強度のあるフレームのついたラケットの使用や、硬い素材のガットを使用することで起こることが多いです。

とりわけ硬いフレームやガットはボールを当てたときに強い衝撃がかかるため、肘に多大な負担を欠けることになり、必然的にテニス肘のリスクが上がるわけです。

ケガを防ぐためにも、自分に合う道具の選択は重要と言えます。

テニス肘はテニスを始めたばかりの方の発症も大変多いです。

その理由として初心者の方は十分な技術が備わっていないことが関係しています。

初心者はラケットにボールを当てる時にスイートスポット(ガットの中心付近の振動が少ない箇所)にヒットしないことも多くなります。

また、ステップワークが未熟であると、腕のみでボールを捉えようとします。つまり、力が入りにくく、振動が大きくなる部分でボールを打ってしまいます。

テニスを始めたばかりの方はテニス肘にならないよう、最初はゆっくりでもボールをラケットの中心付近で当てるように意識しましょう。また、できる限り肘に負担が少ないボールに近い位置で打つようにしましょう。

スポンサードサーチ

フィジカル育成コーチが教える!他に気をつけたい「テニス肘の原因」

この記事の監修者であり、大学トップレベル&プロサッカー選手のリハビリやパフォーマンスUPのための指導実績を持つ、フィジカル育成コーチの「イクサポ」さんにこれまでに説明した「テニス肘の原因以外」に気をつけたい「テニス肘の原因」を解説していただきました!





SPOSHIRU編集部



Q.他に気をつけたいテニス肘の原因を教えていただきたいです。







イクサポ



年齢による筋力低下です。







SPOSHIRU編集部



筋力低下とテニス肘の原因はどのような関係があるのでしょうか?







イクサポ



テニス肘は、若いうちに発症することは少なく、30~50代以降に発症が多いと言われています。その原因は前述のように体幹や腕の筋力が落ちたり、筋や腱が弱くなったりすることが一因にあると考えられます。年齢を重ねるほど、スポーツ前後や作業前後のストレッチやアイシング・交代浴などのケアが大切です。



まとめ

いかがでしたか?

今回はテニス肘が起こってしまう原因を簡単にまとめてみました。
テニス肘を発症している方は普段から肘や腕に負担をかけすぎている可能性があるので、今一度見直してみましょう。

とにかく肘に痛みが出たら油断せず、すぐに専門医に相談することも大切です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定