あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
running

ランニングドリル人気おすすめ5選を紹介!ポイントや重要性を徹底解説

大久保絵里

公開日 :2019/07/24

更新日 :2019/07/31

良いランニングフォームはエネルギー効率の良い自分に合った走りのことをいいます。

発揮された力が無駄なくロスなく体を前方に移動させるのに使われているのがよいランニングフォームとなります。

こうした動きを身に付けるために行いたいのがランニングドリルです。

そこでここではランニングドリルの方法やポイントについて解説していきます。

ランニングドリルを習得したい方はぜひ参考にしてみてください。

目次

また、以下の記事では正しいランニングフォームについて解説をしています。

当記事でランニングドリルについて理解できた方はぜひ以下の記事もチェックし、正しいランニングフォームを身につけてください。

正しいランニングフォームで走ろう!ランニングフォームの作り方や注意点などを解説

スポンサードサーチ

ランニングドリルとは?


ランニングの動作に含まれるいろいろな要素をバラバラにして単純な運動の中に組み込んであるのがランニングドリルです。

ランニングドリルをウォーミングアップ時などに何度も繰り返すことによって効率良く走るための動きの基本が自然と身に着くようになるのです。

ランニングドリルの重要性とは?


例えば、ランニングを行う時にはタイミング良く路面に力を加える必要があります。

ランニングドリルのジャンプは体が空中にある時には十分にリラックスして路面に接する一瞬に集中して力を加えるのがコツです。

着地した瞬間膝を深く曲げてしまうとそこで力が吸収されて体を再び浮かせるのに筋肉を収縮させて力を発揮しなければなりません。

膝を曲げすぎないようにすると体は路面からの反力によりはずみます。
とくに体にしっかりした軸が出来ていると路面からの反力を無駄なく体で受け止めてそれをジャンプに活かすことが可能です。

このジャンプを繰り返しながら路面からの反力で弾む感覚がつかめるとランニング時の着地に活かすことができます。

上半身の連動ジャンプのようにジャンプに腕の動きを加えると体を弾ませるのが容易になります。

着地時にタイミングよく腕を振り上げることで身体が弾みやすくなるのです。

ジャンプと腕の動きがリズミカルにシンクロすると、とくにジャンプするために頑張っていないのに体が弾むような感覚が得られます。

ランニング中の腕振りのタイミングはこの上半身の連動により習得できるようになります。

ランニングドリルメニュー


ここでは以下のランニングドリルのやり方とポイントについて解説していきます。
そのため、ランニングドリルを身に付けたい方はぜひ参考にしてみてください。


  • その場ジャンプ

  • 上半身連動ジャンプ

  • キックアップ

  • ニーアップ

  • バウンデイング

その場ジャンプ


走る時に地面からの反発で弾む感覚を養います。リラックスをしてその場でジャンプをします。

その場ジャンプのやり方



  1. 足を肩幅に開きます。

  2. その場でジャンプして着地します。

  3. 10回ジャンプをして弾む感覚を意識して20mくらいゆっくり走りましょう。


POINT


手は下げたまま自然体で立ち、軽くジャンプして地面を捉えて弾む感覚を覚えることがポイントです。

上半身連動ジャンプ


上半身下半身を連動させて弾む感覚を養うことが目的です。

上半身連動ジャンプのやり方



  1. 脚を肩幅に開いて立ちます。

  2. ジャンプと同時に腕もあげます。

  3. 10回ジャンプをしたら腕振りと脚の動きを連動させて20mほど軽く走ります。


POINT


腕を使い体を持ち上げるイメージで跳びましょう。

キックアップ


ランニング時のキック力の強化と地面を蹴る感覚をつかむことが目的です。

キックアップのやり方



  1. 手の甲をお尻につけて立ちます。

  2. 踵を素早く押レに近づけて母指球で地面を蹴ります。

  3. 左右10回ずつ行い踵の素早い引きつけを意識して20mほど走ります。


POINTO


上半身はリラックスしてお尻に素早く踵をひきつけましょう。

ニーアップ


ランニング時の脚の引き上げをイメージして身体の動きを感覚的に身に付けます。

ニーアップのやり方



  1. 腕を体の横に置き肘を曲げて立ちます。

  2. 片足を上げて空中で左右の脚を切り替えるように素早く下ろします。

  3. 左右10回ずつ行い後ろの脚を素早い引きつけを意識しながr20mほど走ります。


POINTO


上半身が前傾後傾しないように背筋を伸ばします。

バウンデイング


ランニングの着地動作と地面を蹴る筋力強化が目的です。

バウンデイングのやり方



  1. 膝を軽く曲げた姿勢で立ちます。

  2. しゃがみ込んで伸びあがると同時に前方にジャンプします。

  3. 片脚で着地してその脚でそのまま次のジャンプへ移行します。

  4. 片脚ずつジャンプして10回行ったらそのまま弾む感覚で20m走ります。


POINTO


着地時は片脚で着地して膝を曲げて衝撃吸収をします。

スポンサードサーチ

まとめ


いかがでしたでしょうか?
ランニングドリルについて、重要性や実際のメニューを紹介しました。

ポイントなども解説しているので、ぜひこの記事を参考にランニングドリルに取り組み、タイム更新を目指してみてください。

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

もう足の臭いで悩まない!究極のハイスペックソックス登場!

ニオイの減少率最大99%以上を実現!高性能な消臭機能で、気になるニオイをブロック!

繊維自体が持つ消臭機能がニオイをブロックし、しかも長持ちします。

汗のニオイの元となるアンモニア、酢酸、イソ吉草酸、さらには加齢臭の原因物質とされるノネナールも吸収。高い割合でニオイを減少させ、爽やかなはき心地を実現します。さらに、繊維自体がニオイを吸収する機能をもつため、洗濯を繰り返しても長く性能を保ちます。

85%の浮き指、95%のO脚が改善! 指をしっかり使える5本指ソックス!

指を正しい位置に配置し、体にバランスをもたらす5本指構造。足の指を正しいポジションで使うことができ、足からの力が入りやすくなります。また、立位時の重心がしっかりと足指に乗ることでO脚の改善にも繋がります。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定