あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
baseball

野球の歴史を深堀り!起源やルール改正・名選手までどこよりも詳しく解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/07/19

更新日 :2020/06/15

皆さんは野球の歴史をどの程度知っていますか?

野球の歴史を知ることで、いつも見ている野球がより分かりやすいものになることでしょう。

野球の起源ははっきりはしませんが、最も古い形跡から、古代エジプトですでに野球の元となった競技が行われていたとも言われています。

さらに、野球のルールは頻繁に改定が行われています。皆がよりも良いものにしようとしているのですね。

そんな野球の歴史の流れを紹介し、皆さんに野球についての理解を深めてもらいたいと思います。

目次

スポンサードサーチ

野球の歴史早見表

ことがら
1872年 現東京大学であり第一大学のアメリカ人教師、ホーレス・ウィルソンがベースボールを伝える
1894年 中馬庚がベースボールを「野球」と訳す
1896年 第一高等学校が横浜の外国人チームを破ったことから野球熱が高まる
1903年 早慶戦が始まる
1906年 応援が白熱しすぎて早慶戦が中止になる
1915年 全国中等学校優勝野球大会(現甲子園野球大会)が始まる
1918年 少年野球用の軟式ボールが開発される
1920年 日本初のプロ野球チームである日本運動協会が誕生(1929年解散)
1924年 全国選抜中学校野球大会(現選抜甲子園)が始まる
1924年 甲子園球場が完成
1925年 六大学リーグが始まる
1936年 日本職業野球連盟成立
1943年,1944年 戦争により学生野球とプロ野球が休止
1946年 学生野球とプロ野球復活
1948年 日本で初めてナイターが行われる
1953年 テレビで野球放送が開始
1965年 初のドラフト会議が行われる
1975年 パ・リーグがDH制を導入
1993年 FA制度導入
2004年 選手会が初のストライキを行なう
2005年 セ・パ交流戦が始まる

野球の起源とは?

野球の起源ははっきりとしたものが見つかってはいません。

最も古い形跡だと古代エジプト時代に見られているようです。

ロンドンに展示されている絵の中から、2000年以上前にバットとボールを使って遊んでいた様子が描かれています。

野球に似た競技で、ルーマニアの一部で行われているオイーナというスポーツとラブタと言う競技があります。それが野球の発祥とも呼ばれています。

以前はアメリカのタウンホールが野球の発祥とされてきましたが、その歴史認証は徐々に覆されてきています。

ちなみに野球協会が生まれたのがアメリカで1850年のことです。そこからナショナルリーグは1876年に結成しました。つまりプロ野球の始まりがこのナショナルリーグということですね。

そして、日本に野球が伝わったのが1873年のことです。アメリカの教師ホーレスウィルソンが伝えたと言われています。当時の野球は投手は全てアンダースロー、ストライクゾーンは打者が判定するという形で行われていました。

日本のオリジナルルールではなく、アメリカで行われていたのがそのようなルールだったと言われています。

また日本の野球の「野球」という言葉は正岡子規がベースボールを和訳したものです。

このように日本の野球と正岡子規は関係が深いのです。

スポンサードサーチ

ルール改正の歴史

1857年 21点先取制を取りやめ、9回終了時点で得点の多い方が勝ちとなる
1858年 見逃しに対してストライクのコールがされる
1863年 ストライクではない投球にボールがコールされる
1864年 ワンバウンド捕球ではアウトにならなくなった
1872年 スナップスローが解禁
1879年 9ボールで1塁に進めることになる
1880年 8ボールで1塁へ。3ストライクでアウトになるルールを採用
1882年 7ボールで1塁へ。サイドスロー解禁
1884年 6ボールで1塁へ。オーバースロー解禁
1886年 7ボールで1塁へ
1887年 打者が投手に対して投球コースを指示できないようになった。5ボールで1塁へ。この年のみ5ボールは安打となった。4ストライクでアウトになり、デッドボールでの出塁も認められた。
1889年 4ボールで1塁へ。

このように、現在の野球の形ができてきました。

ここからさらにルールの改訂を繰り返しながら、現在のスタイルになっていったのです。

最近では、コリジョンルールなどが記憶に新しいのではないでしょうか。

甲子園の歴史

甲子園の歴史は語りきれないほど奥が深いです。一部を抜粋して紹介します。

全国高校野球大会が始まったのが1915年です。当時は全国中等学校優勝野球大会という名前でした。場所は豊中球場です。

1916年の第2回大会では敗者復活制度が行われていました。一発勝負の現在の試合形式ではなく敗者にもチャンスが与えられる制度でした。この方式は第3回大会まで行われています。

第3回大会は会場が鳴尾球場に変更されました。甲子園球場が出来上がるまで存続し、甲子園球場完成とともに廃止されています。現在は団地となっています。

1918円の大会は米騒動の影響で中止となりました。

1924年の第10回大会から阪神甲子園球場に変更されています。

戦争での影響もありました。1941年の大会は太平洋戦争の影響で地方大会の中で中止されました。

その後、1945年まで中止されています。1942年は全国中等学校野球大会が開催されていますが高校野球とは独立とした大会とされています。

1946年には大会が開催されましたが敗戦による影響で地方大会が消滅しました。戦争の影響が続いて、1954年には沖縄県以外の県が地方大会に参加しました。

1958年ようやく沖縄県が参加し、これで全国都道府県の代表47校で争われるようになりました。

ちなみに阪神タイガースが甲子園球場を利用し始めたのは1948年のことです。この時から既に高校野球と併用していたのですね。

このように高校野球と甲子園は切っても切れない縁があり深い歴史があるのです。

スポンサードサーチ

野球の歴史に名を刻んだ有名選手

ここからは野球の歴史に名を刻んだ選手たちを見ていきます。3人しか紹介していませんが他にも有名な選手はたくさんいます。

今回は独断と偏見で選んだ3選手を紹介します。どの方もとても有名な選手なので野球に最近興味を持った方はぜひ知っておいた方が良いでしょう。


  • 王貞治

  • 野村克也

  • イチロー

王貞治

868本のホームランを打つ伝説のバッターが王貞治氏です。

この数字は世界でも一番の記録で未だに破られてことのない伝説の記録です。

また当時話題になったのは一本足打法です。王貞治氏といえばこの一本足打法が有名ですね。

足を高く上げボールを待ち、強烈なスイングでスタンドにボールを飛ばします。

さらに王貞治氏の有名なのがダウンスイング(上から叩くスイング)です。ダウンスイングで素振りをするシーンはあまりに有名ですね。

しかしこの影響で、上から叩くスイングを指導する指導者とお父さんが増えたと言われています。

ただし王貞治氏は試合では綺麗なレベルスイングで打っていました。なのでそのような指導をしているお父さんは今すぐやめましょう。

野村克也

そんな王貞治氏とライバル関係にあり、王貞治氏を抑えようと頑張ったのが野村克也です。

ID野球の元祖と言われる野村克也氏は最初サブキャッチャーとして入団しました。1年でクビになりますがお願いをし、なんとか球団に残ることができました。

その後必死に練習をし、一軍の切符を手に入れます。しかし新たな壁にぶち当たりました。

その壁を越えたのが考える野球です。野球を理論上に組み立て、打者の性格からカウントの性質などを把握したことで、次々に打ち取って行きます。

さらに打席の中でも配球を読みバッティングをすることで、捕手としては唯一の三冠王に輝きました。

また福本氏という盗塁の上手い選手がいたのですが、盗塁を封じるため、ピッチャーに速く投げることをすすめます。これが今のクイックモーションに繋がっています。

このように様々な優秀な選手を頭を使って押さえてきたのが野村克也氏です。

イチロー

イチロー氏の名前が世界中に響いたのは2004年のことでしょう。

この年イチロー氏はシーズン262本の安打を放ちメジャー新記録を打ち立てます。

さらにメジャーリーグと日本野球(日米通算で4257安打)を放っています。この記録はギネスにも認定されておりとんでもない打者だということがわかりますね。

さらにイチロー氏の凄さは続きます。最多出場記録3563試合出場も果たしています。これも日米通算世界記録です。

最多安打の方がクローズアップされがちですがこの出場記録こそイチロー氏の準備と自己管理能力の賜物だと言えるでしょう。

まだまだイチロー氏の偉業を上げだすとキリがありません。もっと知りたい方はぜひしらべてみてくださいね。

野球の歴史本の人気おすすめ5選

文庫 「野球」の誕生: 球場・球跡でたどる日本野球の歴史 (草思社文庫)

「野球」の誕生 球場・球跡でたどる日本野球の歴史

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ページ数 267P
出版社 草思社

こちらの野球本の中では珍しい、日本の野球場の歩みを記した本です。

「球場史を知ることで野球をもっと面白くする」というコンセプトをもとに正岡子規の歴史やスタルヒンが投げた大宮球場の話、第二次大戦中の話も掲載しています。

さらに満潮になって水が出た球場など、15の球場をたどり日本野球の事件簿を面白いエピソードで語っていきます。

さらにさらに貴重な資料と現地を訪ね歩ける地上も入っているので、野球ファンにはたまらない一冊になっているのです。

写真で見る日本プロ野球の歴史 パ・リーグ編―1950ー2014 プロ野球80周年企画 完全保存 (B・B MOOK 1087)

写真で見る日本プロ野球の歴史 パ・リーグ編―1950ー2014

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ページ 154
出版社 ベースボール・マガジン社

2000年代の情報だけでなく、1950年からの80年間を振り返っています。

パリーグ6球団のそれぞれの歴史を振り返り60年代、70年代、80年代のオールドファンはもちろん90年代、2000年代からファンになった方にも楽しめる一冊です。

球団ごとの年代別名シーンが10枚程度で見開きされています。写真はモノクロもあり古いユニフォームもあり資料的にも価値ある一冊です。

消滅してしまった球団の情報も載せているのでオールドファンには特にたまらない一冊になっています。

特にパリーグファンにはたまらない一冊と言えるでしょう。

日本プロ野球80年史
ページ 864
出版社 ベースボール・マガジン社

ベースボールマガジン社が贈る10年に一度発売される一冊です。

プロ野球80年の歴史をデータ、写真から文章で完全網羅しています。

プロ野球を見る多くの方にとって価値ある情報が手に入る夢の一冊です。レギュラーシーズンの戦いの歴史、勝敗表、出来事、タイトルホルダー、ベスト9に至るまで80年分の歴史がすべて載っています。

価格は高めですが余裕のある方はぜひ手にしてほしい一冊です。野球の歴史を知る上でも大変有意義な一冊になっています。

野球ファンにはたまらない贅沢な一冊です。

ファンから観た プロ野球の歴史
ページ 260
出版社 日本経済評論社

プロ野球の70年の歴史を観察し、現在野球界が直面している問題を解説していきます。

ファンの立場から経営学者がプロ野球を解説します。経営という視点で解説したプロ野球本は大変珍しいです。

野球も事業だということを理解できる本です。

プロ野球の低迷という問題解決するための哲学的視点から見た斬新な視点から、野球界が語られています。

野球を違った角度から楽しみたい方におすすめの一冊です。普通の野球本にあきた方はぜひ読んでみてくださいね。

写真で見る日本プロ野球の歴史 セ・リーグ編―1950ー2014 プロ野球80周年企画 完全保存 (B・B MOOK 1086)

写真で見る日本プロ野球の歴史 セ・リーグ編―1950ー2014

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ページ 154
出版社 ベースボール・マガジン社

2014年までの80年間をまとめたプロ野球の歴史、セリーグ編です。

写真が中心ですがお宝情報がありファンにはたまらない一冊になっています。

セリーグ6球団のそれぞれの歴史を振り返り、60年代70年代80年代のオールドファンはもちろん90年代から2000年にファンになった方にも楽しめる一冊です。

新しいファンも置いてけぼりにしないのが嬉しいところですね。年代物名シーンが見開きされておりファンにとっては懐かしい写真がたくさんあります。

セリーグファンの方には特に購入してほしい1冊です。懐かしのチームの情報が数多く記載されています。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたか?野球の歴史を知ることで野球をもっと好きになれることでしょう。
そのためには好きな野球チームを見つけ、歴史をたどってみるのもいいかもしれません。

甲子園の歴史や野球そのものの歴史、そして野球界に伝わる大打者にフォーカスを当てると野球の全体像が見えてきます。

今回紹介した選手の他にも様々な有名選手が存在します。そんな選手たちの情報を集めてみるのも野球の醍醐味と言えます。

現在の野球を楽しみながら過去の野球を知り、未来の野球の事を考えるというのも良いかもしれませんね。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定