あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

【現役医師監修】靭帯断裂までしてしまった重症度の高い足首の捻挫後のリハビリは?

東山礼治 先生

公開日 :2019/07/01

更新日 :2020/05/11

目次

スポンサードサーチ

足関節捻挫(足首の捻挫)とは?

足関節捻挫とは足首を強くひねった時に、本来の正常な関節可動域(ROMともいう。足首が動く幅、関節の可動範囲)を越えて、大きく曲げられてしまったときに発生する怪我です。

通常、関節包(関節を包む膜、関節のふくろを成す膜)と靭帯(骨と骨を結ぶ紐状・帯状の繊維)の損傷を伴いますので、靭帯損傷と同義語と考えてよいです。

大人の足関節捻挫=足関節靭帯損傷のことが多く、子供の足関節捻挫=足関節外果(外くるぶし)の剥離骨折(裂離骨折ともいう)のことが多いです。

共に初期治療のときにギプスなどのしっかりした固定をした方が、足首の安定性を維持できることが多いです。しかし、今まで過去に捻挫をしたことがある方は、ケガの前にすでに不安定性(ゆるさ)があったかもしれません。その場合はギプスをしても「不安定(ゆるさ)」は改善しないことが多いです。

足関節捻挫の原因

捻挫の原因に関しても多々あり、例えば運動時などに足首を内側に過度にひねることで起こると言われています。

ひねった足関節の靭帯には外からの衝撃がかかるため、必要以上に関節が伸長してしまうことが大きな原因の一つでもあります。

どちらかというと捻挫は「スポーツ外傷」といって、とりわけ運動時に起こるケガとして知られています。

バスケットボールやサッカーなどで、走る動作やジャンプする動作で誤って足関節をひねってしまうといった例が挙げられます。

他にも相手との接触が許されているスポーツではタックルを受けてひねる、ブロックのために足を出したところを蹴られてひねる、などの例もあります。

「スポーツ外傷」以外では、階段の下りで踏み外す、路上の段差に気づかずにひっかかる、などで受傷することもあります。

スポンサードサーチ

足首の捻挫のリハビリ

どんなけがでもそうですが、足関節捻挫に関してもリハビリテーションが必要になります。

ここでは重症度の高い内反捻挫(靭帯断裂)をしてしまった場合のリハビリテーションの一例を示していきます。

①急性期(捻挫発生から約2~3週間)

炎症を抑えるため、圧迫や冷却を加えた上で患部を安静にします。人生で最初の捻挫ならギプス、2回目以降の場合は半硬性サポーターでの固定でも良いでしょう。。

断裂した靭帯がくっつき始めるのに2~3週間はかかります。

足を床に置く場合は足底をそっとつきましょう。

足を投げ出して踵の後ろが床につく状態だと、足首に前方引き出しストレスが加わるため、損傷したATFLをさらに伸ばしてしまうため厳禁です。

夜間就寝中も踵に負荷がかからないよう枕やタオルで下腿(スネ・ふくらはぎ)を挙上し、踵が少し浮いた状態が安全です。また、足首が伸びてATFLを伸ばしてしまうリスクがあるので、なるべくギプスやブーツ型装具のような硬くてしっかりした固定が望ましいです。

冷却効果はエビデンスも少ないと言われており、やり過ぎは凍傷の危険があるため、最初の24時間に限り間欠的な冷却にとどめましょう。

スポンサードサーチ

②亜急性期(急性期と回復期の間)

しばらくは捻挫した時のような足関節を内側にひねる動きや前方に引き出される動きを控えておきましょう。

痛みが落ち着いて足首を動かせるようになったら、靭帯の修復を邪魔しないように注意しながら、底屈・背屈のみの動きを少しずつ始めます。

可能であれば理学療法士やトレーナーなどの専門的知識を持った人に指導を受けて行う方が安全です。

外固定はギプスなどから半硬性サポーターに変更します。

腫れが残っている状態では、前開きになっているサポーターの方が装着しやすいです。

バンド状の固定だけでは心もとないと思います。着脱可能で、角度調整が可能なブーツ型装具も有用になります。夜間就寝中の外固定も継続しましょう。

③回復期(約6週間後)

荷重時痛がなければ、スクワットや、足を一歩前に踏み出す動作、片足でかかとを上げるつま先立ち運動、平面上でのバランス訓練などを開始します。

この際も内側にひねらないようにしましょう。また今後、足を内側にひねることが少なくなるよう、外側に足関節を開く練習も取り入れておきます。

痛みもなく、片脚立ち上がりテストが40cm可能なレベルの筋力があればジョギングも許可できます。強制ではありませんが、サポーターを装着して訓練した方が安全です。

スポンサードサーチ

④3カ月後以降

いよいよ復帰に向けてジャンプや反復横跳びなどのフットワーク、アジリティ(敏捷性)訓練を開始していきます。

安全に訓練していくには、最低でも片脚立ち上がりテストで30cmが可能な筋力が必要です。

不安定板などを借りて足を乗せ、不安定な状況下でも足関節を内側にひねることがないかを確認しておきます。(不安定板だけでなく、柔らかいクッションなどでもOK)。

再発予防として、サポーターやテーピングを競技に応じて選択します。

⑤復帰

以上のような段階的なステップを経て、本格的な復帰に成功できます。

筋力不足や痛みを抱えながらの負荷増量は痛みの遷延と状態の悪化、代償運動の誘発をまねくため危険です

他の怪我と同様に捻挫からの復帰も“急がば回れ”なのです。

上記のリハビリが一例ではあるものの、ケガの程度、後遺症の有無、受傷前の筋力レベルなどでリハビリの手順は変わってくるでしょう。

しかし、上記のように治療を行っても一定の割合で後遺症が生じてしまうのが捻挫(靭帯損傷)ですので、痛みが続く人は後遺症に対応できる専門医を受診してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定