あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

【世界初!】足関節鏡による修復術も併用した靭帯再建術。足首の捻挫の有効的な手術を日本人医師が考案。

東山礼治 先生

公開日 :2019/07/01

更新日 :2020/05/11

目次

スポンサードサーチ

足関節捻挫(足首の捻挫)とは?

足関節捻挫とは足首を強くひねった時に、本来の正常な関節可動域(ROMともいう。足首が動く幅、関節の可動範囲)を越えて、大きく曲げられてしまったときに発生する怪我です。

通常、関節包(関節を包む膜、関節のふくろを成す膜)と靭帯(骨と骨を結ぶ紐状・帯状の繊維)の損傷を伴いますので、靭帯損傷と同義語と考えてよいです。

大人の足関節捻挫=足関節靭帯損傷のことが多く、子供の足関節捻挫=足関節外果(外くるぶし)の剥離骨折(裂離骨折ともいう)のことが多いです。

共に初期治療のときにギプスなどのしっかりした固定をした方が、足首の安定性を維持できることが多いです。しかし、今まで過去に捻挫をしたことがある方は、ケガの前にすでに不安定性(ゆるさ)があったかもしれません。その場合はギプスをしても「不安定(ゆるさ)」は改善しないことが多いです。

足関節捻挫の原因

捻挫の原因に関しても多々あり、例えば運動時などに足首を内側に過度にひねることで起こると言われています。

ひねった足関節の靭帯には外からの衝撃がかかるため、必要以上に関節が伸長してしまうことが大きな原因の一つでもあります。

どちらかというと捻挫は「スポーツ外傷」といって、とりわけ運動時に起こるケガとして知られています。

バスケットボールやサッカーなどで、走る動作やジャンプする動作で誤って足関節をひねってしまうといった例が挙げられます。

他にも相手との接触が許されているスポーツではタックルを受けてひねる、ブロックのために足を出したところを蹴られてひねる、などの例もあります。

「スポーツ外傷」以外では、階段の下りで踏み外す、路上の段差に気づかずにひっかかる、などで受傷することもあります。

スポンサードサーチ

足関節捻挫の後遺症

足関節捻挫は一般的には20-40%くらいの方に後遺症が残ると言われております。

以下は足関節捻挫の後遺症になります。

【足関節捻挫の後遺症】
①足関節不安定症
②滑膜炎
③インピンジメント症候群
-前方インピンジメント症候群 (Anterior Ankle Impingement Syndrome=AAIS)
-後方インピンジメント症候群 (Posterior Ankle Impingement Syndrome=PAIS) 
④距骨骨軟骨(こつなんこつ)障害(=距骨骨軟骨骨折=距骨離断性骨軟骨炎りだんせいこつなんこつえん)
⑤足根洞(そっこんどう)症候群 
⑥関節内遊離体(かんせつねずみ)
⑦変形性足関節症(そっかんせつしょう、あしかんせつしょう)

これらの後遺症がどのような後遺症であるのかの詳細は以下のリンクからご覧ください。

足関節捻挫・足首の捻挫の後遺症とは?

足首の捻挫を治すのに有効的な手術

では、このような後遺症を患ってしまった場合、どうすればよいのでしょうか?

これらの後遺症を患ってしまった場合は足関節鏡による手術が有効になります。

特に不安定症に対しては靭帯再建術(または修復術)が必要です。

これから再建術と修復術について説明していきたいと思います。

スポンサードサーチ

修復術とは?

修復術とは切れた靱帯は消失することも稀にありますが、大抵は靭帯組織がその場に残っています(遺残靭帯いざん・じんたい)。それを縫って縮めて緊張を戻す方法が修復術です。

【利点】
手術時間が短い、腱の準備が不要。復帰が少し早い。

【欠点】
強度は遺残靭帯(変性し、瘢痕化しているため、強度は正常より弱い)に依存するため、再捻挫しやすく、再捻挫したときに再断裂しやすいことが心配される。関節鏡で行う場合、遺残靭帯を残すためにアンカー(骨に打ち込む器具に糸がついたもの)を設置する位置が解剖学的でない(上にずれている)ことが多い。つまり術後に足首の動きを制限する靭帯になってしまう危険がある。

再建術とは?

再建術とは、切れた靭帯を切除して、腱を再建靭帯(グラフト)として利用して新しく靭帯を作成して置き換える方法が再建術です。

自分の膝から腱を採取したり、亡くなられたご遺体から採取して(同種腱)、折りたたんで適切なサイズ・長さに調整して再建靭帯を準備します。

【利点】
強度が優れている、解剖学的に作りやすい(足首の底背屈の動きが制限されにくい)。

【欠点】
腱の準備が必要で、自家腱を用いる場合は、(例えば)膝に2-4cmの傷を作る必要がある。

★靭帯手術の理想は、解剖学的(本来の位置、長さ)で、強く(再捻挫しにくい、捻挫しても再断裂しにくい)、安定性が長持ちする(将来の変形性関節症などの後遺症を抑える)ことです。

初期固定強度や再建靭帯(グラフト)の強度を考えると、再建術の方が有利です。

自家薄筋腱を採取しても傷は大きくはなく、術後3カ月で膝筋力は術前と同じ以上に回復していることが多いです。痛みと安定性が改善しているためトレーニングができるようになっているからです。

膝の創部による違和感・感覚低下は少しありますが、ごく軽い症状で日常生活や運動を制限するレベルではなく、数カ月単位ですが徐々に改善します。また頻度は膝のACL再建術のときよりも少ない印象です。

※腱を採取する傷も小さくする工夫があり、この記事の監修者でもある東山医師は留学先と共同で英語論文にしました。

★膝のACL損傷や肘の靭帯損傷(受傷から時間の経過したもの)でも再建術が行われることが多く、修復術を選ぶことはほとんどなくなりました。

スポンサードサーチ

【世界初】東山医師考案の足首の捻挫の手術

この記事の監修者でもある東山医師は足関節捻挫を治すのに有効的な修復術と再建術を併用した術式を考案しました。

解剖学的(Anatomical)で、関節鏡で行える(Arthroscopic)、前距腓靭帯の(ATFL)修復術(Repair)と再建術(Reconstruction)を同時に行う手技のため、AAARR(アール)という名前を付けました。

この手術は前距腓靭帯(ATFL)を断裂した後に不安定性が残ってしまった患者様を治すための手術です。前述の2つの特徴を生かして、靭帯のリモデリング(再血流、神経の回復、組織の再生)を改善し、強度も向上させる手技です。

この手術は前脛距靭帯(ATTL)を断裂した後に不安定性が残ってしまった患者様を治すための手術です。ATTLは足首の内側靭帯である三角靭帯の深層を走る線維で、外旋捻挫で損傷しやすい靭帯です。

過去の報告では、約60-70%の人に存在するもので、全員がこの靭帯を持っているわけではありません。つまり遺残靭帯を縫う修復術を行えない可能性があります。またATFLの場合と同様に再建術の方が強度が優れていることが期待されます。

これらの術式は東山医師は2017年に国内学会、2018年に国際学会(国際足関節不安定症学会AIG)で報告しています。
第43回日本足の外科学会学術集会 参加記

また、東山医師が開発した他の手術方法を以下のリンクにてご覧になれます。

・前距腓靭帯(ATFL)だけでなく、踵腓靭帯(CFL)まで断裂して不安定性が残ってしまった患者様を治す手術:ハムストリングを用いた鏡視下前距腓靭帯(ATFL)/踵腓靭帯(CFL)再建術 ↓
手術ビデオはこちら
(なお個人情報を除いた手術の様子が映っておりますので、あらかじめご了承ください。)

湘南東部総合病院 整形外科のホームページ・サイトでも紹介しております。

前距腓靭帯(ATFL)/踵腓靭帯(CFL)だけでなく後距腓靭帯(PTFL)まで断裂して、極度の不安定性が残ってしまった患者様を治す手術:Scopic PAC→ネット通販でも購入できる英語教科書に掲載されております。
世界初の足の関節鏡手術方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定