あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
other

開帳足の原因とは?インソールや靴下、サポーターなど効果的な改善方法をご紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/06/29

更新日 :2019/06/29

皆さん、突然ですが足の指を前から見てみてください。よく見るとその足は横に向かって平たくなってしまっていませんか?

実はそのように横に平たくなった足を「開帳足」と呼びます。あまり聞いたことがないという方も多いかもしれませんね。

しかし、開帳足は放っておくと次第に足に負担がかかるようになり、魚の目やたこができる要因にもなります。もっとひどくなると足の親指の病気である「外反母趾」にもつながる危険性があります。

とはいっても、どうやって開帳足を防げばいいのかよく知らないと感じることでしょう。

そこで今回は最初に開帳足の概要を説明し、後半では開帳足を改善するための方法を紹介していきます。

聞き慣れない開帳足についての知識が満載なので、ぜひ読んでみてください。

目次

スポンサードサーチ

開帳足とは?

開帳足(かいちょうそく)とは、前足部の指の付け根あたりにある横アーチが崩れ、足の幅が広くなってしまっている状態をいいます。
要は中足骨をつなぐ靭帯が伸びてしまっている状態です。

正常な足の場合、つま先から見ると親指から小指にかけて小さなアーチ状になって見えますが、開帳足では崩れてベッタリと床に接地しています。

この小さなアーチは、体重や衝撃を受けとめるクッション的な役割も果たしているため、開帳足になると足にはもちろん、身体全体にも不調をきたしてしまいます。

足の内側のアーチいわゆる土踏まずのアーチが崩れてしまった状態をいう扁平足はよく耳にしますが、実はこの聞きなれない開帳足に悩んでいる人も意外と多いと言われています。

開帳足の症状と原因

開帳足は足前方のアーチが崩れた状態となるため、足の幅が広がってしまいます。
伸縮性の高いスニーカー等をいつも履いている人は気づきにくいかもしれませんが、パンプスやヒールを履いた時には窮屈と感じるようになるでしょう。

しかし、この時点で開帳足を疑う人は少なく、むくみや疲労が原因と思う人がほとんど。徐々に足の疲れがひどくなってきます。これが開帳足の初期症状です。

また、開帳足では横アーチが崩れることにより指の付け根がベッタリ床についてしまいます。そのため足の指が地面にきちんと着かず、浮き上がった状態「浮指」となります。

浮指は自分でも確認しやすく、開帳足を疑う唯一の自覚症状でしょう。

開帳足となってしまう原因として考えられるのは、足にあっていない靴を履き続けることによる筋力の衰えや、前足部に過度の負担がかかり続けること。

また外反母趾の症状があり、痛みを避けるために歩行や動作を避けることによる筋力の低下も原因としてあげられます。

症状に悩む人の9割りは女性と言われており、特にハイヒールを履く女性はつま先に全体重がかかるため、開帳足の症状を引き起こしやすいと言われています。

スポンサードサーチ

開帳足が悪化するとどうなるの?

開帳足の初期症状を放置していると、まず最初に現れる症状がタコや魚の目です。

そして、さらに悪化した足に最も多く見られる症状が外反母趾でしょう。
開帳足になることで、前足部への力や体重のかかり方が変わると、足底部の組織は柔らかいために親指が内旋。曲げたときに小指側に外反して親指の付け根が内側に飛び出してしまいます。

外反母趾と対照的に、小指が親指側に内反して小指の付け根が外側に飛び出す内反小趾を発症することもあり、最悪の場合、外反母趾と内反小趾を同時に発症してしまうケースもあります。

また、開帳足によって足の形が変形すると、歩き方も今まで通りとは行きません。足の裏で体重や衝撃を吸収しきれなくなり、気づかないうちに負担は膝や腰へかかっています。

そのため足の痛みだけでなく、膝の関節痛や腰の痛みに悩むこととなるでしょう。

アーチがなくなることで指の付け根全体が地面に接してしまうため、通気性が悪くなり水虫の原因となることも考えられます。

開帳足のチェック

開張足はセルフチェックができる方法があるので、ここで紹介したいと思います。

まずは足でグーをつくるように指先をぎゅっと丸めます。このとき、それぞれの足指の付け根に骨の突起が浮き出るかどうかを見てみましょう。

この時、骨の突起が出てこない場合は開張足の疑いがあります。

スポンサードサーチ

開帳足の改善にはインソールが最も効果的!

開帳足の改善方法の中で最も効果的と言われているのがインソールの使用です。靴に入れて履いて歩くだけで、足のアーチが自然に作れるので非常にシンプルな改善方法になります。

インソールの効果で足の指を前から見た時の横アーチがキープできるため、開帳足のような平たい形の足にはなりません。

中には足の外側の立方骨を支えて骨格を調整することで滑らかな歩行を促すことができ、衝撃吸収や反発性まで加えられた商品まで販売されています。

AspoleZERO~特許技術を採用!日常を変える次世代インソール~








値段

6,980円 ( 税別 )

特徴

「BMZ cuboid balance」理論を搭載

特徴

サイズ調整可能(ハサミでカット)

こんな方におすすめ!

通勤時や、立ち仕事・ランニングなどのスポーツ時までおすすめ!

購入サイトはこちら




立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現


AspoleZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備えクッション性と運動性を可能としたインソールです

【掲載メディア】

ここにテキスト

スポンサードサーチ

開帳足の5つの改善方法

【開帳足の改善策】①歩き方

開帳足を改善するためには、歩き方を矯正すると効果があると言われています。

開帳足というのは、足を前から見た時に指周辺の弧の形、「横アーチ」が崩れていることを言います。

この横アーチの崩れは歩くときに地面に足をつけすぎてしまうことや内股などによって足指の筋肉が衰えてしまうことが原因となります。

実際の正しい歩き方は、かかと→足の裏→足指の順で足を動かしていくことです。足が内股やがに股にならないように意識をすることが重要です。

開帳足が気になるという方は、まずはゆっくり歩いてみて、上記の順番で足の動きを練習してみましょう。まずは4歩か5歩程度で慣れていき、外でもかかと→足の裏→足指ができるかどうか訓練していきます。

【開帳足の改善策】②靴選び

足の横アーチを崩さないためには、足の動きに常に関係する「靴選び」も重要です。足に負担をかけないためには靴の見た目や格好良さよりも、サイズやフィット感が大切です。

例えば、ヒールやパンプスなどでかかとがあまりにも高い場合は、足指の付け根に多大なストレスがかかるので、やはりは履きすぎは禁物です。

スニーカーでもつま先に余裕がないものや小さいものだと足の形が窮屈になってしまい、足のアーチも簡単に崩れてしまいます。

正しい靴選びには自分の足の特徴を知ることが重要で、購入する前に足の幅やつま先、かかとの高さなどを熟知して選ぶことが大切です。こういった下準備を怠らなければ、サイズの合わない靴を選ぶこともなくなるでしょう。

【開帳足の改善策】③靴下選び

開帳足の改善には、すでに述べたように靴の選び方が重要です。

それに加えて、靴下も選び方を工夫してみると、より開帳足への効果が期待できます。

最近では靴下を履くだけで足指の動きを促し、正しい横アーチの形を保ちながら開帳足を防いでくれる商品が登場しています。さらに、足全体をしっかりと保護して足のブレを軽減する機能が搭載された商品もあります。

以下で紹介する商品は5本指用のソックスで足指を刺激し、体のバランスをキープしながら歩けるような仕組みになっているので、足裏に疲れが出にくくなる特徴があります。

足指を刺激することによって横アーチ形成も簡単にできるため、開帳足の改善や予防に最適です。

その上、滑り止め加工がある上にかかとまでガードされているので、ケガも防げます。このような機能性で2000円ほどで購入できるので、大変おすすめです。

5本指サポーター ケアソックス 開帳足 巻き爪 サポートソックス 滑り止め 高機能靴下

楽天市場で詳細を見る

【開帳足の改善策】④開帳足用サポーター

足を保護し、開帳足を改善できるのはサポーターも同じです。

サポーターを装着することによって足の骨格や筋肉を整え、筋膜までサポートできるので足の崩れた形の矯正にはピッタリです。

中には地面からの衝撃を抑えて足への負担を軽減できる商品も多々あるので、立ち仕事で動き回る方でも気軽に身に着けられます。

以下の商品、「YanoRing Health ピンク (S)」は世界で初の横アーチ改善グッズとして販売され、装着した瞬間に筋膜を整えてアーチサポートができるので開帳足の改善に効果が見込めます。

理想的な健康づくりができる商品としても期待が持てます。

世界初!足の横アーチを改善【付けた瞬間】体のゆがみ調整 YanoRing Health ピンク (S)

世界初!足の横アーチを改善【付けた瞬間】体のゆがみ調整 YanoRing Health ピンク (S)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

【開帳足の改善策】⑤開帳足のテーピングの巻き方

足に簡単にテーピングをするだけでも、筋肉や足に関係する腱を鍛えながらアーチサポートができるので、開帳足には大変有効です。

それでは自分でも簡単にできる開帳足用のテーピングを紹介したいと思います。

【方法】
ステップ1・・・親指の付け根と小指の付け根が合うように軽く引っぱって巻くように貼る。
ステップ2・・・ステップ1より軽く上にずらして引っ張りながら貼る。
ステップ3・・・ステップ2の位置よりもさらに上側にずらして同じように貼る。
ステップ4・・・ステップ3までの手順をもう一度行い、足全体を二重に保護する。

詳しくは以下の動画を見てみましょう。

【開帳足の改善策】⑥開帳足用パッド

サポーターと似たような形で「開帳足用パッド」と呼ばれる簡単に足を保護するための商品も販売されています。開帳足用パッドはインソールと違い、裸足にもはめることができるのが特徴の一つです。

優しく足をサポートし、土踏まずへの適度な刺激を与えて足の骨格が持ち上げられ、アーチを作れるので、開帳足にも効果があるわけです。

以下の商品は痛みが出ないよう、柔らかい素材を使用して足の疲れを軽減できるような工夫がされています。

もちろん足への衝撃を抑制できるよう、アーチサポートも入っているので簡単にフットケアができます。

加えて通気穴があるため、汗による蒸れの発生も防ぐことができます。また、水洗いも可能なので何回でも清潔に使うことができる優れものです。

&TERUMORE 扁平足 サポーター アーチサポーター 偏平足 矯正 足裏 土踏まず むくみ解消 衝撃吸収 足底筋膜炎 足の痛み 歩行 立ち仕事 シリコン素材 フリーサイズ 男女兼用 サイズ調整可能 左右セット

TERUMORE 扁平足 サポーター アーチサポーター 偏平足 矯正 足裏 土踏まず むくみ解消 衝撃吸収 足底筋膜炎 足の痛み 歩行 立ち仕事 シリコン素材 フリーサイズ 男女兼用 サイズ調整可能 左右セット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

まとめ

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

外回りや立ち仕事での疲労を激減!特許技術採用のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

AspoleZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

AspoleZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減

【掲載メディア】

購入はこちら!

これはもうオーダーメイド。常識を蹴り飛ばしたサッカースパイク「蹴王」登場

BMZ_keiou

俊敏さに磨きがかかり、初速の勢いが爆発的に上がるサッカースパイク

蹴王の特徴は、以下の3点にあります。

  • 足指が自然に動く独自の構造設計で足が持つ本来の機能性を最大限に引き出す!
  • 足裏の運動をサポートし、足そのものを鍛え上げることで、運動中のトラブルを減らせる!
  • 五輪メダリストをはじめ、サッカー、野球、ゴルフなど多くのプロ選手愛用の国産メーカー!

日本有数のインソールメーカーだからこそできた、プレイヤーのことをとことん考え抜いた代物です。 ぜひその効果を自分の足で確かめてみよう!

詳しくはこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike