あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
野球baseball

野球の「サード」とは?役割や、必要な技術などを徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/06/11

更新日 :2019/06/11

サードは打撃のポジションと思っている方が多いです。しかしサードは難しい守備をこなすポジションです。なのでチームによってサードには守備の良い選手を起用する場合もあります。

さらに、サードの守備には独特な要素が多く、その中でも逆シングルや勇気といったポイントが重要です。
そして、サードの守備に必要なこととして、前で打球を処理することも挙げられます。

打撃メインに見えて、実際は忙しいサードというポジションについてしっかりと理解していきましょう。

目次

スポンサードサーチ

サードとは?!


サードとは、ボールを怖がらずに守備をする必要があるポジションです。

右打者から放たれる強い当たりが数多く飛んできます。なので、ボールを怖がらずしっかりとさばくことが求められるのです。

また、ぼてぼてのゴロの処理もしなければならないので、前方へのダッシュ力が必要です。

一塁への送球距離も長く、肩の強さもある程度必要と言えます。

そして、三塁線への打球処理は逆シングルというグラブさばきが要求されます。この動きはセカンドやショートよりもサードは数多くしなければなりません。

さらに、三遊間への当たりに対しては、捕球できるための最短距離への踏み出しと横っ飛びをする必要もあるのです。このようにサードは勇気がいるポジションなのです。

ちなみに、サードの守備番号は5番です。ダブルプレーなどで記載する際は543、または563というように記載します。

プロ野球では、打撃力がある選手が起用されているイメージがありますが、守備能力も高い能力が求められるポジションと言えるでしょう。

サードに向いてる人はどんな人?!


サードに向いている人の特徴を紹介します。

反射神経が良い


サードは強い打球やライナーが飛んでくるポジションです。特に右利きの打者が引っ張ったボールが飛んでくるので、それを処理しなければなりません。

打球が高ければレフトへの当たりになりますが、ゴロになった場合は強烈な打球がサード方向へ向かってきます。それを横っ飛びでグラブに収める必要があるのです。

痛みに強い人


瞬発力と共に求められるのが体の強さです。

強い打球を後ろにそらさない技術が求められるポジションと言えます。どんなに強い打球もサードが後ろに逸らさなければ1ヒットなのです。

体を張って打球を自身の前に落とすことが求められます。なので体の強さが求められるポジションなのです。

ダッシュ力が強い人


サードは、ファーストに最も遠いポジションです。足の速いランナーにはセーフティバントを転がされるポジションでもあります。

強い打球だけでなく、死んだ打球も処理しなければなりません。ダッシュ力が弱いサードだと相手のチームに見透かされ、簡単に穴呼ばわりされてしまいます。

強肩であること


前述の通りセーフティバントを処理されなければならないポジションなので、ゴロを取って投げる肩の強さを持っていなければなりません。

打球が深かったり浅かったりとするので、ファーストへのコントロールも求められます。暴投してしまうとアウトになるはずの打球で、一気にピンチを招いてしまうのです。

反射神経、強肩、ダッシュ力。これらを持ち合わせている人がサードに向いている選手と言えます。

スポンサードサーチ

サード守備のポイント


ここからは、サードの守備のポイントについてみていきます。

サードの守備のポイントは、守備範囲、捕球体制、バント処理、ゲッツー、中継プレーです。

どれもサードを守るにあたって重要なポイントです。しっかりと把握し、より良いサードを目指しましょう ・


  • サードの守備範囲は?

  • 捕球体制

  • バント処理

  • ゲッツー

  • 中継プレー

サードの守備範囲は?!


サードの守備範囲は、サードベースとセカンドベースを結んだラインから、少し後ろ側の三塁ベース付近です。

守備範囲は自分の前と三遊間、ピッチャーマウンドの後方から、三塁線よりも外側のファールゾーンです。

そして、サードの意識としては、自分の前でさばくことです。

当たり損ねたゴロやバント、強い打球が飛んでるくることが多いので、下がって捕球するパターンは少ないです。

さらに下がって捕球してしまうと、ファーストへの送球が間に合わなくなるので常に前に出て守備をする意識を持ちましょう。

捕球体制


サードの選手は待って捕るのではなく、自分から前へ突っ込んでいて捕球し一塁でアウトにするのです。

そして、強烈な打球を後ろにそらすのではなく、送球ができない場合でも体の前で止める必要があります。

さらに、サードは横に来たボールを捕球してアウトにしなければならないので、逆シングルと呼ばれる捕球体勢をマスターしなければなりません。

逆シングルのポイントは、重心を低くしてショートバウンドで捕球することです。またボールを恐れずに、しっかりとボールを見て捕球することが大切なのです。

このようにサードは、非常に勇気のいるポジションだと言えるでしょう。

バント処理


サードにはバント処理も求められます。

ランナーがいない場合やランナー一塁の場合、前にチャージして打球を処理しましょう。ランナー1塁の場合うまくプレイすることでダブルプレーも狙えます。

ただし、ランナーがセカンドに入る場合はサードベースを守る必要があります。なのでバントをされたら速やかにサードベースに入りましょう。

この場合ピッチャーがサード側、ファーストがファースト側のバンドを処理します。

ランナーがどの塁にいるかを頭に入れ守備をすることが求められるのです。

ゲッツー


ランナー12塁の場合にサードゴロになったらゲッツーを狙います。

パターンは3通りあります。

A:二塁に送球し、一塁送球と流れゲッツーを取るやり方

B:サードベースを踏んで2塁ランナーをアウトにしたあと、二塁に送球しアウトにする。または一塁に送球しアウトにするやり方

C:サードゴロを取ってセカンドに向かって歩いてセカンドランナーをタッチ、その後二塁に送球しアウトにするやり方

セカンドに送球してアウトにする場合は、バッターランナーが俊足の場合にはセーフになることがあります。逆にバッターランナーが足の遅い選手の場合に有効です。

B のやり方はファーストランナーが足の遅い時に適しています。またファーストへ送る方ホはバッターランナーが足の遅い場合に適しています。

C の場合、ランナーの足が速い時に適しています。ニ塁に向かって歩く場合にランナーとサードが交差してしまいタッチできないこともあります。

これを防ぐには、最初サードに向かって少し歩き、その後セカンドに歩くのが良いのです。

このように、ダブルプレーにも3種類のやり方があり、バッターランナーやランナーの足の速さがポイントになるわけですね。

中継プレー


レフトに打球が飛んでバックホームが必要な際は、サードがホームとの中継に入ります。

ショートは、レフト方向の打球場合は、打球の方向に動いているのでサードの方がスムーズに中継に入れるためです。

ちなみに、サードベースにはショートが入ります。このように連携して動くことでスムーズに守備が出来ます。

サードの守備として、中継プレーというのは忘れがちです。まずは、ランナーがどこにいて、打球がどこに飛んだかを冷静に見ておく必要があります。

平成最強!サードの名手は誰だ?


平成のサードの名手として有名なのは馬場敏史選手です。三塁線の強烈な打球を、素早い反応で止めるプレーで、オリックスの全盛期を支えました。

その守備力を買われて、野村克也監督がトレードで獲得した程しました。

もう一人は進藤達哉選手です。最初はショートを任せられていましたが、石井琢朗と入れ替わり三塁にコンバートしました。

球際に強く、正確な送球でチームのピンチを何度も救ったのです。石井と進藤の三遊間は鉄壁の三遊間と言われ、敵チームに恐れられたのです。

スポンサードサーチ

まとめ


いかがでしたでしょうか。

サードはバッティングが良い選手が使われると思われる方も多いですが、決してそれだけではなく守備能力も求められるポジションです。

さらにサードの守備には、勇気が必要で非常にタフなポジションとも言えるでしょう。

実際にプレーする際にサードを守る時は、ガッツあふれる守備でチームや投手を盛り上げられるようにしましょう。

合わせて読みたい!


SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike