あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
野球baseball

野球の「ボーク」ってなに?!反則投球との違いや、ルールについて徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/06/11

更新日 :2019/06/11

ボークは投手が犯すルール違反です。ボークになるのは塁上にランナーがいる場合で、ランナーがいなければ反則投球、場合によってはノーカウントになります。

ボークを取られると、ランナーに一つの安全進塁を与えてしまいます。しかしバッターがボークのボールを打ってヒットにした場合や、フォアボールになった場合はそちらが優先されます。

また、ボークには様々な基準が設けられており、選手会から抗議され緩くなったルールもあります。

観戦していると分かりづらい場面も多々あるのです。それだけボークは複雑なものとも言えるでしょう。

目次

スポンサードサーチ

ボークとは?!


ボークとは、 塁上に走者がいるときにピッチャーが行なう反則のことです。ボークが取られた場合には、全走者が1つずつ進塁します。

ボークは、塁上に走者がいるときのピッチャーの投球違反です。つまり、ランナーがいない時にはボークは発生しないのです。

ちなみにランナーがいない時のピッチャーの投球違反は、反則投球になります。

このルールの目的として、ピッチャーが不正行為をすることで、自分に有利な状況を作ることを防ぐことがあります。

ルールとして明確化されたのは1899年と歴史が深く、長い期間野球界に存在するルールなのです。

【ボークのルール】ボークをしてしまったらどうなるの?!


ボークをすると基本的に、ランナーに対して1つの進塁があたえられます。

そのため、ランナー1塁なら2塁、1.2塁なら2.3塁、満塁であれば、1点入って2.3塁の状態で試合を再開します。このようにランナーが純粋に1つずつ進塁できるのです。

しかし、例外もあります。それは、バッターが安打を放った場合や四球を選んだときです。

ランナーが1塁にいる場合に、四球か安打以上の結果が出れば、その結果が優先されます。これは、攻撃チームにより有利な状況にするためで、たとえボークであったとしてもランナーの出塁が認められるのです。

ちなみに、ランナーが1塁にいない場合は、四球であったとしても2.3塁のランナーが動けないので、ボークが優先されます。あくまで攻撃チームの有利になるようにするためです。

そして、ボークがあった投球でホームランを打った場合がホームランが優先されます。全ランナーが4つの進塁を与えられるので、当然ホームラン扱いになるのです。

スポンサードサーチ

何をしたらボークになるの?!

ここからは、どのような行為がボークなのかを紹介します。ボークになるパターンは以外に多く、細かい基準が設けられています。

ただし、実際に規約をみると反則で当たり前の行為がほとんどです。

実際に見ていきましょう。

投手板に触れている投手が、投球動作を起こしながら投球を中止した場合

投手板とはピッチャープレートのことです。マウンド上にある板です。

ピッチャーの軸足がプレートを踏んでいる場合、またはプレートの縁に脚がふれている時、投球動作を途中で止めてはいけません。

特に、セットポジションで首から下を動かす行為は、投球動作と判断されます。なので途中で止まるとボークになってしまうのです。

中学生くらいのプレーヤーに、ありがちなのがこのパターンです。

投手板に触れている投手が、一塁または三塁に偽投をした場合


一塁や三塁に送球するフェイクを偽投といいます。投手板に触れている状態で、偽投をしてはいけないというものですね。

プレートに触っていない状態であれば偽投できます。

さらにプレートに触っていたとしても、プレートから軸足を離しさえすれば、偽投できるのです。

一昔前には、右ピッチャーは三塁ランナーへの偽投に限りプレートに触れたまま行えました。

ただし、現在では禁止されています。

ルールの範囲内であればランナーを刺すことにもつながるので、うまく使いたいですね。

投手板に触れている投手が、塁に送球する際に足を塁の方向に踏み出さなかった場合

ランナーに牽制する際に、そちら側に足を踏み出さず投げてしまった際に、違反になるということです。

これが許されたら、ピッチャーはホームベース側を向いたまま牽制が可能になります。ピッチャーとしては、ぜひ認めてほしいルールですよね。

反対にランナーとしては、ピッチャーがバッターの方向に足を踏み出しながら、一塁へ牽制球を投げてこられたらとても盗塁できません。

このように、あからさまにピッチャーに有利になる行為なので禁止されているのです。

投手板に触れている投手が走者のいない塁へ送球したり、送球するまねをした場合


ピッチャーがランナーのいない塁へ牽制球を送ることは禁止されています。

そもそも、ランナーが2塁にいるのに1塁に牽制球を投げたら、次の塁に進まれてしまうので滅多に起きないのですが。

味方内野陣もびっくりしてしまいますよね。

ただし、必要な場合は送球しても問題ありません。1塁ランナーが飛び出し、ピッチャーが2塁でアウトにするために送球することは可能です。

あくまでも、送球の必要があるかどうかがポイントです。

投手が反則投球をした場合


投手が反則投球をした場合に、ランナーがいればボークになります。

反則投球には、どんな行為があるかというと、
(1)投手板を囲む18フィートの円の中で、投球する手を口や唇につける行為

(2)ボールに異物をつける行為

(3)ボールや投球する手に唾液をつける行為

(4)ボールをグラブや体、着衣で擦る行為

(5)ボールに傷をつける行為

このように、ボールに細工をする行為が反則投球なのです。

以前、ボールにつばをつけることで指のかかりを良くし、とんでもない変化球を投げたメジャーリーガーがいました。

その当時は反則ではなかったので、彼は優れた成績を収めていたのです。

投手が打者に正対しないうちに投球した場合

ピッチャーがバッターの方を見ずにいきなり投球した場合や、バッターが準備ができていないのに投球してもボークになります。

確かに何の準備も出来ていない時に、急に投げて来られたら危ないですよね。バッターとしても対応のしようがありません。このような投球は、当然反則です。

現在メジャーに挑戦中の牧田和久投手は、非常にテンポ良く投げており、バッターからちょっと待ってというような仕草を何回かされていました。

テンポよく投げることでこちらのペースに巻き込むことができるので、ある程度は良いですが、度が過ぎるとボークを取られてしまいます。

投手が投手板に触れないで投球動作を行った場合

ピッチャーがプレートをまたいだまま投球動作を始めた場合にボークになります。

投球エリア外から投げ込まれたら、バッターとしてはたまりませんよね。決まったところから投げましょうというものです。

投球動作に似たストレッチを行なうこともだめです。ストレッチをするなら必ず投球版から足を離して行わなければなりません。

ちなみに小中学生の試合では、ピッチャーがプレートをまたいた状態でストレッチ等を行なうと注意されることがあります。

プレートの周りで投球動作に似た行為をしてはいけないということなのでしょう。

投手が不必要に試合を遅延させた場合


ピッチャーが遅延行為を行った場合にボークとなります。

ピッチャーがなかなか投球せずに、わざと試合の進行を遅らせた場合が該当します。

投げるタイミングをずらすのは投球技術ですが、やりすぎに注意しましょう。

ランナーのリードが小さいのにしつこく牽制球を投げる場合にも取られます。

無駄なことをしていないでさっさと投げなさいということですね。

近年の野球は、試合時間の削減を課題としています。スムーズに試合が進むように全選手が気をつける必要があるのです。

投手がボールを持たずに、投手板に立つか投げる真似をした場合

隠し玉とは、内野手がピッチャーにボールを渡すふりだけしてボールを渡さずに、ランナーがリードするために塁を離れたとき、内野手がタッチをしてアウトを取ろうというプレーです。

この時ピッチャーはボールを持っていないので、投球に関連する動作に入るとボークになります。

隠し玉は少しずるいプレーではありますが、ルール上違反ではありません。ただし、ピッチャーは投球版に触れないように注意が必要です。

投手板に触れている投手がボールを落とした場合


投手板に足を触れているピッチャーが、ボールを落とした場合にボークが取られます。

ランナーのいない場所に送球してはいけないというルールもあるので、そういった理由なのでしょうか。それとも投球動作を途中で止めたとみなされるのでしょうか。

ちなみにランナーがいないときにボールを落としても、ファウルラインを越えなければノーカウントになり、超えてもボールとなるだけです。

少年野球では、ポロッとしてしまう場合も多く、ボークを取られる場面が多いそうです。

故意四球が企図されたときに、キャッチャーズボックスの外にいる捕手が捕球した場合


これはキャッチャーボークと言われているものです。

敬遠四球のとき、キャッチャーはピッチャーの手からボールが離れるまで、キャッチャーボックスの中に両足を入れておかなければなりません。

「敬遠のときは、キャッチャーボックスから出ているではないか」と思われる方もいるでしょう。

しかし、実際に動画や野球中継をみれば確かにキャッチャーは、最初キャッチャーボックスにいることが分かると思います。

ぜひ一度確認してみてくださいね。

投手がセットポジションから投球するとき、完全静止しないで投球した場合

セットポジションの投球では完全静止しなければなりません。

具体的には、体の前でグローブにボールを握った手を止めて完全静止するのです。

その後で、投球動作に入らなければなりません。

この完全停止を違反してボークを取られる場面は、プロ野球でも度々見られます。

ちなみにこのルールに関しては、選手会から要望があり、2018年シーズンから基準が緩和されました。

たしかに、少し動かしただけでボークになるのは厳しすぎるかもしれませんね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。ボークはランナーを一つ進めてしまう大きな反則プレーです。

特に試合終盤やピンチの時にボークをしてしまうと、試合の流れを渡してしまうだけでなくチームの雰囲気も悪くなってしまいます。

見ている方からすると、分かりづらい部分も多々あります。何がボークになるのか理解することから始めましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike