あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
野球baseball

野球の「盗塁」を成功させるための、コツやスタートの秘訣について徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/06/11

更新日 :2019/06/11

盗塁とは、走者が他の要素によらないで、1個の塁を進んだときに記録されるものです。

オーソドックスなパターンだと、ピッチャーの投球時に走者が次の塁にスタートを切り、進塁します。

投球を捕ったキャッチャーが次の塁に送球し、アウトかセーフかを競います。送球より先にベースに到達すれば盗塁成功です。

盗塁を成功させるにはコツがいります。主にスタートが重要になっています。

さらに、世界や日本で盗塁王と呼ばれる選手の情報も解説しているのでお楽しみに。

目次

スポンサードサーチ

盗塁とは?!


盗塁とは、走者が、安打、刺殺、失策、封殺、野選、捕逸、暴投、ボークによらないで、1個の塁を進んだときに記録されるものです。

オーソドックスなパターンは、ピッチャーの投球時に走者が次の塁に向けてスタートする方法です。

投球を捕ったキャッチャーは刺殺を狙って次塁をカバーした野手に送球します。走者が刺されずに次の塁に達することができれば盗塁成功です。

ちなみに、盗塁をしかけるかどうかの基準として、アウトの数、得点数、走者の能力、野手の送球力などがあり、試合状況をみて判断しています。

ちなみに、盗塁はキャッチャーではなくてピッチャーの隙を狙って行なうことが多いです。

盗塁を成功させるには?スタートのコツ

試合で盗塁を決めたい場合、重要になるのがスタートです。

スタートする際、腰の位置をなるべく上げずに低い姿勢のままスタートするという認識が一般的です。

しかし、実は少し腰を下げてからスタートすることで、地面との反発を起こし、それを、利用して勢いよくスタートが切れるのです。

スタートを良くするには相手投手のフォームを見ておくのも大事です。ピッチングフォームについては、ベンチでも確認できるので、盗塁の上手い選手はよく観察しています。

相手投手の観察と、ピッチャーのフォームを盗むことが盗塁スタートのコツと言えます。

スポンサードサーチ

盗塁王が教える盗塁の極意

こちらの動画では、代走の神様として名高い鈴木尚広選手に盗塁の極意を聞いています。

鈴木氏によると、

・リードではリラックスすること
リラックスしておいた方が、一瞬で爆発的なパワーをスタートに活かしやすいとのことです。

・横向きのまま走り出すこと
横向きのまま走り出した方が、スムーズに体が動き成功しやすいそうです。さらに、野球の動作では横向きの状態で力が入るので、そのままスタートすることで成功率が上がると言っています。

受け身の意識は持たないことが大切だそうです。自分の動きの中で行くか行かないかを判断します。

自分の主観でピッチャーの動きを見て、行けるかどうかを判断していたそうです。

横向きのまま走ることと、リラックスすることがカギとなりそうですね。

盗塁のタイムはどのくらいが成功水準なのか?

盗塁するために必要なのは、投手が投げてからキャッチャーに届き、キャッチャーが投げてからセカンドがキャッチするまでの時間を切ることです。

プロでは、クイックモーションで投げてキャッチャーのミットにおさまるまでの時間は平均で1.3秒。

キャッチャーが捕球してから、二塁まで送球する時間は平均2.0秒。合計すると3.3秒です。

つまり3.3秒以内で走れば、捕手が二塁に完璧な送球をしてもセーフになります。

ちなみに、阪神タイガースの盗塁王、赤星憲広選手は、3.2秒ほどで二塁に到達していたそうです。

盗塁成功には、素早いスタートとスライディング技術で、いかにこのタイムを切るかがポイントとなりそうです。

スポンサードサーチ

盗塁数NO.1は誰だ?


日本球界で盗塁王と言えば、福本 豊選手です。

プロ野球の通算盗塁数(1065盗塁)とシーズン盗塁数(106盗塁)で1位に輝いています。

それだけでなく、通算115三塁打]を記録した快足の持ち主で、広い守備範囲を誇る外野守備も魅力の選手でした。

野村克也選手が福本選手の盗塁を抑えるために、クイックモーションを開発したとも言われています。

一方、世界の盗塁王と言えば、リッキー・ヘンダーソン選手が挙げられます。通算盗塁:1406(世界1位)シーズン最多盗塁:130を記録しています。

1試合の最多盗塁記録は、1989年にマリナーズ戦で記録した5盗塁です。さらに1試合4盗塁を18回も記録しています。

日本と世界の盗塁王の叩き出した記録は、この先なかなか破られないでしょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

盗塁とは何か、盗塁の方法、また盗塁のコツやポイントを理解していただければ幸いです。

さらに、日本や世界の誇る盗塁王をしっかりと覚えておきましょう。

いつか、彼らの記録を破る選手が現れることを期待したいですね。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike