あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
野球baseball

野球の「タッチアウト」に必要な知識やポイントなど、初心者にも分かりやく徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/06/11

更新日 :2019/06/11

タッチアウトとは、ランナーにタッチしてアウトをとるプレーです。

そこで大切になるのが進塁の義務です。進塁の義務とはランナーが次の塁に進まなければならない義務のことです。

この進塁の義務がないランナーをアウトにするためには、タッチをしなければならないのです。

タッチしてランナーをアウトにすることをタッチアウト、ランナーよりも早くベースにボールを送ってアウトにすることをフォースアウトと呼びます。

ランナーをアウトにするパターンの二つをしっかりと覚えておきましょう。

目次

スポンサードサーチ

タッチアウトとは?!


タッチアウトとは文字通りランナーにタッチしてアウトをとることを言います。

進塁の義務がないランナーはタッチしないとアウトにできません。

そこで、進塁の義務の例を紹介します。

ランナー、一塁の状況で、バッターがゴロを打った場合、一塁ランナーがニ塁に進まないとバッターランナーはいる場所がなくなります。

このように、次の塁に進まないとバッターランナーが出塁できない場合には、進塁の義務が発生するのです。

ちなみに、タッチアウトは漢字で「憤死」と書きます。これはランナーがあと一歩のところでアウトになったことを指すのです。

このように進塁の義務がないランナーをアウトにするためには、そのランナーにタッチしなければならないのです。

タッチアウトのルール

タッチアウトをするにはボールを持っている方の手で、ランナーにタッチしなければなりません。

ランナーをタッチする際に、ボールを持っていない方の手でタッチしてもアウトにはならないのです。

ランナーをアウトにするには、グローブにボールが入っているいないに関わらず、ボールを持っている手でアウトにします。

なので、グローブをつけていない方の手でボールを持ちランナーにタッチしてもアウトにできるのです。

タッチアウトでなければアウトにならないのは、ランナーに進塁の義務がない場合です。

ちなみに進塁の義務がある場合のランナーにタッチしたとしてもアウトになります。

しかし、進塁の義務がある場合には、次に紹介するフォースアウトでアウトにするパターンの方が多く見られます 。

スポンサードサーチ

フォースアウトとは?タッチアウトとの違い


フォースアウトとは、進塁の義務があるランナーが次の塁を狙う際に、それよりも早くベースにボールを送ることでアウトにすることです。

例を紹介します。

ランナー、一塁の場面で、打者がゴロを打ちました。一塁ランナーは2塁に進塁しなければなりません。なので、ボールがランナーよりも早く、二塁に渡った場合はアウトになるのです。

この場合はランナーに、タッチしてもしなくてもアウトになります。状況に応じてどちらのプレーでアウトにするのか判断することが大切です。

進塁の義務がある場合には、このフォースアウトによるダブルプレーもよく見られます。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ランナーをアウトにするパターンとして、タッチアウトとフォースアウトがあるのです。

2つを分けるポイントは、ランナーに進塁の義務があるかないかと言えるでしょう。

この事をしっかり把握し、野球観戦やプレーをしましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

これはもうオーダーメイド。常識を蹴り飛ばしたサッカースパイク「蹴王」登場

BMZ_keiou

俊敏さに磨きがかかり、初速の勢いが爆発的に上がるサッカースパイク

蹴王の特徴は、以下の3点にあります。

  • 足指が自然に動く独自の構造設計で足が持つ本来の機能性を最大限に引き出す!
  • 足裏の運動をサポートし、足そのものを鍛え上げることで、運動中のトラブルを減らせる!
  • 五輪メダリストをはじめ、サッカー、野球、ゴルフなど多くのプロ選手愛用の国産メーカー!

日本有数のインソールメーカーだからこそできた、プレイヤーのことをとことん考え抜いた代物です。 ぜひその効果を自分の足で確かめてみよう!

詳しくはこちら!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike