あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
baseball

野球の「タッチアウト」に必要な知識やポイントなど、初心者にも分かりやく徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/06/11

更新日 :2019/06/11

タッチアウトとは、ランナーにタッチしてアウトをとるプレーです。

そこで大切になるのが進塁の義務です。進塁の義務とはランナーが次の塁に進まなければならない義務のことです。

この進塁の義務がないランナーをアウトにするためには、タッチをしなければならないのです。

タッチしてランナーをアウトにすることをタッチアウト、ランナーよりも早くベースにボールを送ってアウトにすることをフォースアウトと呼びます。

ランナーをアウトにするパターンの二つをしっかりと覚えておきましょう。

目次

スポンサードサーチ

タッチアウトとは?!


タッチアウトとは文字通りランナーにタッチしてアウトをとることを言います。

進塁の義務がないランナーはタッチしないとアウトにできません。

そこで、進塁の義務の例を紹介します。

ランナー、一塁の状況で、バッターがゴロを打った場合、一塁ランナーがニ塁に進まないとバッターランナーはいる場所がなくなります。

このように、次の塁に進まないとバッターランナーが出塁できない場合には、進塁の義務が発生するのです。

ちなみに、タッチアウトは漢字で「憤死」と書きます。これはランナーがあと一歩のところでアウトになったことを指すのです。

このように進塁の義務がないランナーをアウトにするためには、そのランナーにタッチしなければならないのです。

タッチアウトのルール

タッチアウトをするにはボールを持っている方の手で、ランナーにタッチしなければなりません。

ランナーをタッチする際に、ボールを持っていない方の手でタッチしてもアウトにはならないのです。

ランナーをアウトにするには、グローブにボールが入っているいないに関わらず、ボールを持っている手でアウトにします。

なので、グローブをつけていない方の手でボールを持ちランナーにタッチしてもアウトにできるのです。

タッチアウトでなければアウトにならないのは、ランナーに進塁の義務がない場合です。

ちなみに進塁の義務がある場合のランナーにタッチしたとしてもアウトになります。

しかし、進塁の義務がある場合には、次に紹介するフォースアウトでアウトにするパターンの方が多く見られます 。

スポンサードサーチ

フォースアウトとは?タッチアウトとの違い


フォースアウトとは、進塁の義務があるランナーが次の塁を狙う際に、それよりも早くベースにボールを送ることでアウトにすることです。

例を紹介します。

ランナー、一塁の場面で、打者がゴロを打ちました。一塁ランナーは2塁に進塁しなければなりません。なので、ボールがランナーよりも早く、二塁に渡った場合はアウトになるのです。

この場合はランナーに、タッチしてもしなくてもアウトになります。状況に応じてどちらのプレーでアウトにするのか判断することが大切です。

進塁の義務がある場合には、このフォースアウトによるダブルプレーもよく見られます。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ランナーをアウトにするパターンとして、タッチアウトとフォースアウトがあるのです。

2つを分けるポイントは、ランナーに進塁の義務があるかないかと言えるでしょう。

この事をしっかり把握し、野球観戦やプレーをしましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定