あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
野球baseball

「打率」ってどうやって計算してるの?!プロ野球の最高打率などを、徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/06/11

更新日 :2019/06/11

打率とは、打数あたりの安打割合を示すものです。

過去の打撃成績から安打を放つ割合を示したもので、どれだけその選手がヒットを打てているかを表す重要な指標です。

ちなみに、打率を計算する上で大切になるのが打数です。打数と打席数には明確な違いがあり、多くの打撃成績で用いられるのが打数なのです。

打率は3割を越えれば良いと言われており、多くの打者がこの3割の壁に常に挑んでいます。

そんな中で3割を17年以上続けた選手もいるのです。皆さんが知っているあの選手ですよ。

目次

スポンサードサーチ

打率とは?!


打率とは、打数あたりの安打割合のことです。

過去の打撃成績から安打を打つ確率を表すものです。

他の要素が絡むことが少ないことから、選手の能力を純粋に示すことが可能だと言われています。

ちなみに、打率をつくったのは、イギリス人ジャーナリスト、ヘンリー・チャドウィックです。1859年に、クリケットを参考にしながら作ったと言われています。

このように打率とは、ヒットを打てる確率をあらわす指標のことで、イギリス人によって作られたのです。

打率はどうやって計算するの?

打率は安打数を打数で割って計算します。

要するに、バッティングをした打席のうち、どの程度ヒットを打てるかというのを表しています。

ただし、打席に立った回数全部が打数に入るわけではありません。

打者がバッターボックスに立った回数を打席数といいます。そこから四球、死球、犠打、犠飛、打撃妨害、走塁妨害を引いたものが、打数なのです。

自分ではどうしようもない要素を、打席数から引いたものと考えればわかりやすいでしょう。

打率は、打者の純粋な安打製造度を示している指標と言えます。

スポンサードサーチ

打率3割はいいといわれる理由


日本のプロ野球にかかわらず、メジャーリーグでも打率3割で優秀と言われています。

MLBの前身であるナショナル・アソシーエーションでは、各チームが約30試合を行ないました。リーグの平均打率は.287だったそうです。

100打席以上立った打者は65人を数えました。しかし、3割以上は24人しかいませんでした。このようにメジャーリーグ開始期の時代から、3割打者は優秀だったと言えます。

ちなみに、プロ野球の平均打率が.250から.260だそうです。1936年に日本のプロ野球が発足してから毎年リーグ打率は.250前後なのです。不思議ですね。

平均が.250の世界で3割打つことの大変さは、今も昔も変わらないようです。

プロ野球の最高打率は?


では、プロ野球で1シーズンの最高打率を残した打者は誰なのでしょうか。

こちらでは、シーズン最高打率のベスト3を紹介します。

1位ランディ・バース (阪神・1986年) 打率.389(453打数176安打)

1983年から1988年まで阪神タイガースでプレー。

6シーズン滞在は、助っ人外国人のチーム在籍期間最長タイ記録です。

1985年の掛布雅之、岡田彰布と放ったバックスクリーン3連発は有名です。ちなみに打たれた投手は巨人の槙原寛己投手でした。

狭い球場や左方向に強い風が吹いているときには、軽く流しただけでレフトスタンドに叩き込むほどの技術とパワーを持ったバッターだったようです。

2位 イチロー (オリックス・2000年) .387 (395打数153安打)

2019年、惜しまれながら現役に幕を下ろしたイチローは、言わずとしれたヒットメーカーでした。

シーズン打率第3位もイチローが記録しています。

1軍に定着した1994年シーズンから、メジャー移籍後の2010年シーズンまでの17年連続で打率3割以上を記録し続けました。また、首位打者を9度も獲得しています。

脚が速いため、内野安打が多いのが特徴で、単打を多く放っています。

しかし、日本では一時期クリーンナップを打っていたので、長打を放つことも多かったようです。打とうと思えば長打を狙えたのはすごいですね。

3位 張本 勲 (東映・1970) .3834 (459打数176安打)

第3位は日曜日の朝におなじみの張本勲さんです。

日本プロ野球の通算安打記録を持っているのが張本選手なのです。

バットを高く構えてから捕手寄りに倒し、水平に振り抜く独特の打法でヒットを量産しました。

右へ左へと自在にボールを打ち分けたので、元祖広角打法と言っても過言ではありません。

猛打賞を251回を記録し、プロ野球最多です。

さらに、通算で319盗塁を記録するなど脚も速い選手でした。通算500本塁打以上かつ通算300盗塁以上を記録しているのは張本選手だけです。

スポンサードサーチ

まとめ


いかがでしたでしょうか。

打率とは何か、打率の計算方法、また打数と打席数の違いを理解していただければ幸いです。

さらに、日本の誇る安打製造機をしっかりと覚えておきましょう。

いつか、4割を残す打者が現れることを期待したいですね。

合わせて読みたい!


SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike