あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
野球baseball

野球の「シンカー」の投げ方やリリースの仕方を、初心者にも分かりやすく解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/06/11

更新日 :2019/06/11

みなさんは、シンカーについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

野球ゲームなどで、右投手の投げる投球した腕の方向に向かって沈んでいくボールをイメージするかもしれません。

また、シンカーとスクリューには明確な違いがあり、それは左右ということではないのです。今回はそんなシンカーについて解説していきます。

シンカーの投げ方やコツについて解説しているので、少しでも興味のある方は最後までご覧くださいね。

シンカーは、なかなか理解されていないボールだと思われます。それを知ることで野球博士への道もひらかれるでしょう。

目次

スポンサードサーチ

シンカーとは?!


シンカーはリリースした手の方向へ曲がりながら沈む変化球です。

オーバースローの場合は、逆向きのスライダーのような軌道で曲がります。腕の位置が下がることで、縦方向の変化球が長くなります。

利き腕が違う選手同士の場合は、打者から逃げるように沈んでいくボールです。そのような軌道なので空振りがうばいやすい変化切れです。

一般的なリリースであればオーバースローでは投げづらくサイドスローで投げやすい球種です。

そのため、うでの捻りが必要のないサイドスローであれば故障率が低く、主にサイドスローの投手が使いこなすボールです。

オーバースローの場合は腕をひねってるので怪我率が上がります。

プロ野球での使い手はやはり元西武の潮崎哲也投手と言えるでしょう。

浮いてから沈むシンカーで並み居る打者を押さえ込んできました。

映像からもシンカーの威力がわかることでしょう。

沈んで曲がる魔球!シンカーの軌道は?

シンカーの軌道はストレートの軌道から流れ落ちます。スクリューボールは逆カーブのような軌道で浮き上がって落ちます。

これは、プロ野球選手の間で用いられる定義です。同じ投手がシンカーとスクリューの投げ分けが可能です。

スクリューボールの事をシンカーと同定義で左右の違いだとすることもあります。しかし、スクリューボールの開発者は右投手なのでその規則には乗っていないのです。

このように、シンカーとスクリューボールは若干の違いがあります。いずれにしても直径の軌道から流れ落ちることは変わりありません。

スポンサードサーチ

シンカーとツーシームの違い!


ツーシームとシンカーの違いは、ツーシームはストレートよりの変化をとるということです。

ツーシームは、シュートと呼ばれることもありストレートと同じ軌道で手元で若干曲がるボールです。

投げ方も縫い目を揃えて投げる形です。シュートをするボールですが変化の仕方は様々で投手によって違います。

それに比べて打者に向かっていて鋭くキレ落ちるのがシンカーです。シンカーは縦の変化をするので空振りを打たせる取るボールです。

沈むか沈まないかというのがツーシームとシンカーの違いになっています。

【初心者向け】シンカーの投げ方!

シンカーの投げ方のコツを紹介します。シンカーの投げ方はボールの握り方、腕の振り方、リリース時にコツがいります。

しっかりと覚えることで、より良いシンカーが投げられるようになります。ぜひ覚えてみましょう。

カーブの投げ方の主なポイントを3つ解説します。


  • ボールの握り方

  • 腕の振り方

  • リリースのコツ

ボールの握り方


まずはボールの握り方を解説します。かなり独特な握り方なので慣れないうちは大変かもしれません。

中指と指差し縫い目に沿ってかけ、親指をボールの左側に置いて握ります。ボールの左側に比重を置いて握るのがポイントです。

さらに深くピタッと握るのがポイントです。指の幅に収めるぐらいに握ってしまうのがポイントです。しっかりと挟んで投げるのがコツです。

しかし実際には、薬指の上に乗せているだけでそこまで大変な投げ方ではありません。慣れてしまえば大変ではないと言えるでしょう。

イメージとしてはカーブの逆をやるイメージで握ります。カーブが親指と人差し指で挟むのに対して、中指と薬指で挟むイメージで抜いてあげると良いそうです。

腕の振り方


シュートと同じ感覚で腕を捻るように使います。しかし、リリースの瞬間はひねるのではなく抜くというイメージで投げると、落ちるように投げられます。

シンカーの投げ方としては、腕の振りは独特にひねるというボールになります。ひねることによってボールにトップスピンがかかり落ちるボールが投げられるのです。

反対にストレートはバックスピンをかかっているボールです。伸びるボールはバックスピンのかかっているのです。その逆で落ちるボールを投げられるのです。

このようにシンカーはトップスピンをかけてあげるイメージで投げると上手くいきます。

さらにシンカーの場合サイドスローから投げる場合もきちんとひねってあげることが大切です。

サイドスローからの場合は自然に腕が動くので比較的やりやすいと言えるでしょう。

リリース時のコツ


次にリリースです。リリースのコツは薬指に乗っているボールを人差し指と中指にかけるイメージで投げることです。

ボールがリリースされる瞬間にトップスピンをかける感じで投げます。

腕を捻ってはいますが抜くというイメージで投げるとより良いシンカーが投げられます。

カーブやチェンジアップと一緒で落ちるボールの基本は抜いてあげることです。

またトップレベルの選手だと途中まで縦回転が起こり、そこから若干の横回転に変化することでジャイロ的な変化が起こることもあります。

このようにリリースの瞬間、しっかりとバックスピンがかかることで魔球的な変化が起こり打者を翻弄できます。

皆さんもぜひ、このジャイロスピンができるように練習してみてくださいね。最初はうまくいかなくても目指す形としては間違いないと言えるでしょう。

スポンサードサーチ

バットにすら当たらない。究極の魔球シンカー

ここからは、世界のトップ選手の進化を見ていきましょう。どちらかと言うと落ちるというよりサイドに切れるという印象のボールが多いです。

しかし、これは投手の特徴であり、落ちるボールのシンカーを投げる投手も数多く存在します。

逆側に曲がっていくので打者からすると予想外の軌道を取ります。

とても、うちにくくしていますね。またインコースからストライクゾーンに食い込むと言った効果もあリます。腰を引かせて見逃しを奪うとうボールにもなりえるのが強みです。

このようにシンカーは様々な変化をし、主にインコースからストライクゾーンに食い込ませることもできるのです。もちろん、落として空振りを奪うこともできるので、有用性が高い変化球です。

まとめ


いかがでしたでしょうか。プロ野球において魔球という言葉には、このシンカーをさす場合があります。軌道が予想しづらく消えるという印象を与えられる為でしょう。

オーバースローの投手やスリークォーターの投手は投げづらいのが欠点ですが、サイドスローやアンダースローの投手にとっては生命線とも呼べる変化球です。

ぜひ一度投げてみて自分に合う合わないを確かめてみてくださいね。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike