あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
baseball

「スライダー」ってどうやって投げるの?投げ方のポイントを初心者にも分かりやすく解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/06/11

更新日 :2019/06/11

突然ですが、皆さんはスライダーについて正しく理解していますでしょうか。

実はピッチャーにとってスライダーというのは便利な球種なのです。

スライダーを覚えることで、ストレートが生きるだけでなくストライクゾーンを広く使えるのです。

そこで、しっかりと投げ方について把握し、本来のスライダーのよさがでるようにしましょう。

ナックルを使いこなして打者を打ち取るのはとても気持ちの良いものです。参考になる情報をのせているので生かしてみてくださいね。

目次

スポンサードサーチ

スライダーとは?!


スライダーとはリリースした腕から反対に曲がるようなボールです。

横にスライドするような軌道のためスライダーと名づけられています。カーブのようにふわっとするのではなく、ストレートに近い軌道から切れるように曲がっていくのです。

同じ利き腕同士の対戦の場合、バットから逃げるように変化します。そのため空振りを取れる変化球として多くの投手が持ち球にしています。

純粋なスライダーは真横に近い変化をします。しかし、斜めや真下に変化をさせるスライダーもあります。

日本のプロ野球でもスライダーを得意とする投手はたくさんいます。主に横方向へ曲がる変化球ですが縦に落ちるスライダーも得意としていると種がたくさんいるのです。

スライダーを得意とする投手が多い理由は?


スライダーを得意とする投手が多いのは、ストレートとの組み合わせで三振を取りやすいということです。

スライダーは直球との組み合わせで空振りが取りやすいです。特に、同じ利き腕同士の対戦であればストレートと似た軌道から外へ逃げるので対応しづらいのが特徴です。

そのため空振りを奪うことができ、決め球としても優秀な投球ができます。特に、直球に自信のある投手はスライダーを好んで使っています。

スライダーとフォークボールを使う投手が多いのは、このためです。

スポンサードサーチ

スライダーとカーブの違いは?


カーブとスライダーの違いを見ていきましょう。

スライダーは、打者のところまでストレートと同じような軌道で行きます。そのため打者とってはストレートが来たと思います。

そこから横に滑ることで打者が空振りをしてしまうのです。また、ボールゾーンからストライクゾーンに入れたりストライクゾーンからボールに入ったりと左右の幅が効きやすい変化球です。

カウントを取りに行ったりでき、ストライクゾーンを広く使うことができる変化球です。

カーブは打者のところまでふんわりと進んで行きます。浮いて落ちるので縦の変化をつけやすい変化球です。またスピードも遅いのでタイミングを外すために使えます。

スライダーとカーブの使い方をしっかりと理解しておきましょう

【初心者向け】スライダーの投げ方!

次は、実際にスライダーを投げるコツを紹介します。

スライダーを投げるには、ボールの握り方、腕の振り方、リリースのコツの3種類があります。

どれも大切な要素のでしっかり押さえておきましょう。コツを覚えることでスライダーが投げやすくなります。

スライダーの投げ方の主なポイントを3つ解説します。

ボールの握り方

スライダーは、人差し指を縫い目に引っ掛けます。そして中指も縫い目に触れるぐらいにもちます。ここまでは問題ありません。問題は親指です。

親指は縫い目のしたではなく横をもちます。

パチンコをする方は分かるかもしれませんが、親指が横になった方が回しやすいですよね。そういうイメージで持ちます。

親指を下にする方はたくさんいますが、親指を真横に持ってくる方はなかなかいません。変化をつけるために親指を横に持って行くのです。親指のポジションを、頭に入れておきましょう。

ストレートと同じように握りそこから中指と人差し指を揃え、ボールの中心より右側にずらし中指をしっかりと縫い目にかけます。

こういった持ち方も正解なのでいろんな持ち方を試してみましょう。

腕の振り方


基本的に腕の振りはストレートと一緒です。

リリースにはコツがありますが腕の振り自体は変える必要はありません。思い切って投げ込むことが必要です。

スライダーはストレートとのコンビネーションで打者を打ち取る変化球です。そのためストレートと同じように打者に印象付けることが必要です。

腕の振りはストレートと一緒で思い切って振り切りましょう。

ストレートと同じ軌道であることで、打者はストレートだと思って振ります。そこから曲がることで空振りが取れるのです。

このように、スライダーを使うには腕を思いっきり振ることが大切です。

また、スライダーを投げるときは相手がストレートを待っている時に投げると効果的です。逆にスライダーを待っている時だと狙い撃ちされやすいので、ストレートとコンビネーションをするのがやはり大事なのです。

リリース時のコツ

手首を立てて置き、リリースの瞬間に捻りながら中指で指で押し込みます。このようなスライダーを投げると横に曲がっていきます。

また、一方のスライダーだと、手首を返さず人差し指でカットするようなスライダーもあります。
このような投げ方をすると、縦スラと言って斜めに落ちるスライダーになります。

手首をスナップをきかせて投げる投げ方と人差し指でカットしていくスライダーがあります。

またリリースのタイミングや、切り方によってスライダーはいろんな変化をします。自分に合った投げ方を見つけることで、自分ならではのスライダーが投げられるようになります。

変化球の研究は面白いものです。自分ならではの武器をぜひ見つけてみてください。

スポンサードサーチ

プロにスライダーはこんなにも凄い!

ストライダーは横に曲がる変化球だと思ってらっしゃる方も多いことでしょう。確かに動画を見ていただくと横に曲がるように見えます。

しかし、動画の中には縦に落ちるスライダーもあります。このように縦と横の変化を自由自在に操るのはスライダーの特徴です。

特に、プロのスライダーは曲がりも切れもとんでもない変化をします。

動画でしか見ることのできない体の使い方やコツなどを発見できるかもしれないので、ぜひ一度ご覧ください。

きっとあなたのストライダーをより良いものにしてくれることでしょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。スライダーはプロ野球やアマチュア野球の中でもよく投げられる球種です。

しかしスライダーは投げ方を覚えないとなかなか投げられません。

特にピッチャーをやっている方や東急に興味がある方はぜひ一度スライダーを投げてみてください。

握り方やコツを覚えることでより良いスライダーが投げられることでしょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定